アロマヒプノセラピー くこの実 女性限定 完全予約制  ホームページはこちら

2006/7/7

映画「DEATH NOTE 前編」  映画

現在続けて読んでいるマンガ本は

バカボンド
   マンガ「スラムダンク」の井上雄彦。
   吉川英治の小説を原作に、宮本武蔵を描いた作品。
    クリック!→ バカボンド(23)

ベルセルク
   三浦建太郎作のファンタジー漫画作品。
   身の丈を超える長大な剣を自在に操り、「使徒」と呼ばれる人間ならざる者を
   屠る「黒い剣士」ガッツを主人公とする大河ファンタジー。
    クリック!→ ベルセルク(30)

20世紀少年 
   マンガ「YAWARA」「MONSTER」の浦沢直樹の長編SFサスペンス漫画。
   作品名はマーク・ボランが率いたT・レックスの曲「20th Century Boy」に因んでいる。
    クリック!→ 20世紀少年(21)

鋼の錬金術師 
   荒川弘(女性!)の漫画作品。内容は違うがテレビアニメもある。
     クリック!→ <img src="http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/book/cabinet/7575/75751695.jpg?_ex=128x128" border=0 alt="【予約】 鋼の錬金術師(14) 初回限定特装版">

そして「DEATH NOTE
 原作は大場つぐみ、漫画は小畑健。サイコサスペンス漫画作品。

「このノートに、名前を書かれた人間は死ぬ。」
死神リュークが落としたデスノートを手に入れた、
日本の高校生・夜神月(やがみ ライト)が主人公。

この実写版映画が公開されているので観た。

配役 夜神月(やがみ ライト):藤原竜也
   L(エル)/竜崎:松山ケンイチ
   リューク:中村獅童(特別出演)


あまりいいうわさを聞かなかったので、期待しなかったのがよかったのか、
私は「まあこんなもんでしょ。これ以上を望むのは難しいね」という感想を持った。
最初リュークの声のイメージが違ったような気がしたけど
途中からこの声に違和感がなくなった。なかなかいいんでないでしょうか。

これから観る人もいるでしょうから、あんまり言わないことにしますが、
映画と原作マンガは内容が異なります。
どっちが面白いの?って言ったら明らかに原作マンガです。

映画が面白かったと思った人は是非マンガを読みましょう。
現在12巻販売中です。

DEATH NOTE 全12巻セット 4,914 円(税込・送料)
クリック!→ <img src="http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/book/cabinet/164/001649676.jpg?_ex=128x128" border=0 alt="【予約】 DEATH NOTE 全12巻セット">

あそうそ、映画後編は2006年11月公開予定。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ