アロマヒプノセラピー くこの実 女性限定 完全予約制  ホームページはこちら

2006/7/16

五日市にある「雙柿庵」うまっ!  首都圏の蕎麦・そば

連休なか日。前々から行ってみたいと思っていた店へ。
この店、蕎麦好きの間では口コミで有名

蕎麦と地酒 雙柿庵 http://tokyo.gourmet.livedoor.com/restaurant/info/18829.html

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

住所: 東京都西多摩郡日の出町大久野1487
TEL: 042-597-3802
営業時間: 11:30〜売切れ仕舞
定休日: 水曜・木曜
駐車場:3台

武蔵五日市駅から車で5分くらいのところ。
ただし、とてもわかりにくい場所にある。

電車利用の場合、駅からはバスで大久野中学校前駅下車
その先信号手前、右側に細いわき道があり、「雙柿庵」の細〜い看板が。
その看板のところを右折して車1台分のわき道をまっすぐ。
民家が4軒ほどあり、その先が「雙柿庵」。

要予約ではないのだけれど、ここは予約していくべきだ。そしてコースがオススメ。
そうネットで見たので、3日ほど前にコースの予約の電話を入れた。
コースは3000円〜。

今回いただいたのは: 3000円のおまかせコース料理。

クリックすると元のサイズで表示します
1.焼き味噌 日本橋木屋の小さなしゃもじに乗ってる。香ばしい!
クリックすると元のサイズで表示します
2.オクラのそば豆腐 モチモチでうま!
クリックすると元のサイズで表示します
3.そば寿司 穴子のお寿司に鮎の焼き物
クリックすると元のサイズで表示します
4.揚げ物 そば粉を付けて揚げてます。鮎の骨がお酒に合うね〜
クリックすると元のサイズで表示します
5.茄子の揚げ浸し
クリックすると元のサイズで表示します
6.出汁巻き玉子
クリックすると元のサイズで表示します
7.もりそば うまっ!なのでもう1枚追加しちゃった!

とにかく全てが素晴らしい!
いきなり1位に躍り出たという感じだ。
わざわざ遠出した甲斐があったぞ。そしてまた遠出しても行きたい店だ。

まず店の雰囲気。みょ〜に落ち着く。シンプル
しかもゆったり。なんせ広い古い民家に3テーブルしかない
亭主1人で切盛りしているようだから、納得行くようにやるには3テーブルって
ことなのかな。

クリックすると元のサイズで表示します
本日は予約満席」の札が建物入り口にかかっていた。
これを見てスゴスゴと帰っていくお客さん5組程あり。
やっぱり予約して正解だったのだ!

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
それからお酒は地酒と梅酒のみ。ビールもない。こういうのも珍しいね。

そして料理。全てが美味い。これで絶対に蕎麦も美味いだろうと確信。
今まで料理が美味しいのに「蕎麦はちょっとね〜」ってなった店がないからね。
「料理が美味けりゃ蕎麦も美味い」これ我が家の定説。

蕎麦粒々がわかる透明感ある蕎麦
見た目にも美味いに違いないと思わせる。
キーンと冷たく、実に美味。
量もたっぷり・・だというのに、さらにもう一枚追加
それくらい美味しかった。
汁は見た目は濃そうだったが、味はそれほど濃くはなく、
私にしては珍しく、汁をつけてもつけなくても・・とどちらも美味しくいただけた。

そば湯は白く濃厚タイプ。
汁なしのそば湯だけでもそば茶のような味わいで十分美味しかったぞ。

実はこの店。人にはあんまり教えたくないな〜というくらい良かった
しかし場所が我が家からは遠い(今回車で2時間半かかった)ので
教えても差し支えないだろう・・と思ったのだ。
だいたい11時半開店だけど、3時くらいには終わってしまうのだそうだ。
だから何度も言うが予約しましょう

さてついでに周辺情報
我らは行かなかったけど、
蕎麦好きであり温泉好きな方は帰りにここに寄るといいかも

三ツ沢つるつる温泉 http://www.gws.ne.jp/home/hinode/

東京の地酒はここで。
野崎酒造「喜正」 http://www.kisho-sake.jp/

これらを組み合わせたらもう十分素敵な旅行となるでしょう。
もちろん「雙柿庵」だけの旅でも満足だったけどね
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ