アロマヒプノセラピー くこの実 女性限定 完全予約制  ホームページはこちら

2006/11/2

超高級「赤坂タワーレジデンス」モデルルーム見学  分類なし

仕事で超高級分譲高層マンションの現場&モデルルーム見学
場所は赤坂。モデルルームは虎ノ門

最低価格6000万円台、最高価格約6億2千万円。
すでに完売御礼である。
2006年6月に分譲がスタートし、わずか3回の販売で完売したそうな。
モデルルームがもうじき閉鎖されるのでその前に見学。

最初に感想言っちゃお
1億クラスのモデルルームを見たときにはまだ現実的に考えて
「ここが使いにくい」などと文句が出てきたんですが、
さすがに6億のお部屋を見たら、わお〜って楽しめました
テーマはホテルに住まうだね。
ガードマンドアマンコンシェルジュもいて、セキュリティばっちし。
赤坂駅、溜池山王駅から徒歩4分と好立地。
でも生活感ない地域だよね。買物は高級スーパーや百貨店の外商部門担当かしら。

赤坂タワーレジデンス http://www.akasaka-tower.jp/
*完売しているのでこのHPは契約者のみ先に進めるようになっています。

・タワー型地上45階建(地下3階)で総戸数521戸。
・地下1階から地下3階までは駐車場と共有スペース。
・地上1階と2階がエントランスと共有スペース。
・3階から10階までが賃貸フロア。11階から上が分譲フロアで上に行くほどお高くなる。
・11階から29階までが「The Classy」(普通クラス)
 30階から40階までが「The Superia」(中間クラス)
 41階から43階までが「The Premier」(最上クラス)と層分けされている。
 44階と45階は、共有スペース「Crown Floor」。
・専有面積別の最多販売価格帯:60u台が6000万円台
                 80u台が 1億0000万円台
                 100u台が1億4000万円台
                 120u台が1億9000万円台
・最も面積の広い部屋は 250.57uで予定価格は6億1000万円台

クリックすると元のサイズで表示します
赤坂現場の様子 ヘルメットかぶって見学。入居予定は2008年07月下旬
隣はうわさの議員宿舎。建設中。

クリックすると元のサイズで表示します
モデルルームは以前見に行った曙橋にある「THE CENTER TOKYO
(タワー型マンション)と同じようにスクリーンにて
プロのナレーションつきの映像を拝見。
*「THE CENTER TOKYO」については
  http://diary.jp.aol.com/applet/tabizuki-naho/20060416/archive

クリックすると元のサイズで表示します
ほかにもたくさんの模型あり
クリックすると元のサイズで表示します
最上階にある共有スペース「Crown Floor」
2つのゲストルーム(1泊2万〜3万円で泊まれるらしい)

ここからは最上クラス(6億1千万円)のお部屋のみ紹介する。
これを見るとほかのクラスは普通に見えてしまうから。下のクラスと言っても1億なんですけどね。

クリックすると元のサイズで表示します
パンフレットの写真だが、これが6億1000万円の部屋の玄関。
マンションのホールみたいだがたった1軒の家の玄関なのさ。

クリックすると元のサイズで表示します
The Premier デラックスな浴室 バーもついてる
クリックすると元のサイズで表示します
The Premier デラックスなキッチン 
クリックすると元のサイズで表示します
The Premier デラックスなダイニング 執事が必要だね
クリックすると元のサイズで表示します
私が一番気に入った床 いいな〜

場所が旧御三家の一つである九条家跡地であったという歴史、
ターゲットをシニア層と想定していたことなどで
既に竣工済みの「虎ノ門タワーレジデンス」を
買いそびれたシニア層が、この物件に集まったらしい。

施工面では「SUPER FLEX WALL(スーパーフレックスウォール)」なるものを採用。
最大限の眺望を確保し、様々な住戸プランに対応が可能な新架構法。
だからたくさんの方が、お好きなように変更をかけている。もちろん有料。
SUPER FLEX WALL→ http://www.takenaka.co.jp/news/pr0603/m0603_02.html

現場の説明では契約者がマンションのホームページにアクセスすれば
変更内容の確認、現在の工事進捗状況などを見ることが出来、
ご購入のみなさんも安心なさるだろうとのこと。
こういったことは新しい試みで、まだどのマンションもここまでやれてないはずと
自信満々であった。

それにしてもたくさん変更かけたお部屋ってどんな風になるんでしょうねえ。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ