アロマヒプノセラピー くこの実 女性限定 完全予約制  ホームページはこちら

2006/11/14

お正月映画「王の男」(韓国)の試写会に行ってきたのだ  映画

<img src="">http://www.cyberbuzz.jp/tag/matter.php?k=jtW61twvX5kE&a=OTmpxjn">

前回に引き続きサイバー・バズ経由で
お正月に公開される韓国映画「王の男」の試写会に行ってきました。

韓国で爆発的なヒットを飛ばしている映画です。

なんと配給会社 角川ヘラルド映画さんの社内試写室にて試写。
50名くらいしか入らない部屋で重役級(そんなよくないか)のソファでゆったりと鑑賞。
むふふ。いいでしょ。

映画「王の男」公式HP http://www.kingsman.jp/

クリックすると元のサイズで表示します

あらすじ

16世紀初頭、史上最悪の暴君として今も語り継がれる実在の王、燕山君(ヨンサングン)の時代。
王は幼い頃に母親を毒殺され、今でも心に深い傷を負っていた。そのせいか、人前で笑ったことがない。
そんな王と愛妾ノクスを皮肉った芝居が漢陽の都で人気を博し、
2人を演じた”芸人の王”チャンセンとコンギルは、一躍民衆の星となるが、
2人は重臣に捕らえられ、王が芝居を見て笑わなければ死刑だと言い渡される。
一目でコンギルの美しさに魅せられた王は彼の台詞に爆笑し、
臣下の猛反対を押し切って彼らを宮廷に住まわせる。
何もかもが珍しい宮廷での生活。
しかしそれは、2人の激烈な運命の前座に過ぎなかった・・・。

チャンセン:カム・ウソン
コンギル:イ・ジュンギ 「ホテル・ビーナス」で日本でも人気の高い
ヨンサングン:チョン・ジニョン
ノクス:カン・ソンヨン

感 想

映画としてはクオリティが高いし、俳優さんたちも素晴らしい演技です。
特に光ったのは芸人チャンセン役のカム・ウソンさん
そして日本でヒットするならば美しい新人俳優イ・ジュンギさんが脚光を浴びるでしょう

いやあ確かに女以上に美しいイ・ジュンギさんですわ。↓

クリックすると元のサイズで表示します

ネット上のいろんな人の感想を見ると面白いというコメントがあるんですけど
私はこれって面白い映画ではないと思うんです。
見終わってなんとも報われないというか、むなしさが残る・・そういう映画でした。

暗い気分で帰ったんだけどな〜。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ