アロマヒプノセラピー くこの実 女性限定 完全予約制  ホームページはこちら

2007/2/26

マンゴープリン、衝撃の事実!  パン&スイーツ♪

東陽町にあるホテルイースト21の料理長から広東料理を教わった
*家庭で楽しむ本格広東料理→ http://diary.jp.aol.com/applet/tabizuki-naho/20070225/archive

3品教わったうちの一つにマンゴプリンがある。

板ゼラチンを熱湯で溶かし、その中にココナッツミルク、生クリームや牛乳、砂糖を入れ、そして最後にペリカンマンゴの身を粗く切って入れて混ぜ合わせ、氷水で冷やしてとろみが付いたら器に移して冷蔵庫で固めるという極々普通の作り方であった。

ただ、驚いたのは器に移す前に食紅、黄色の色粉を入れろというのだ

なぜなら、マンゴーを切って入れただけでは黄色は出ないから

実際、マンゴーを切って入れて混ぜても真っ白であった。
料理長が黄色の粉をちょちょっと入れて混ぜた瞬間にあの黄色になった。
そして料理長、「ほら おいしそうな色になったでしょ」と来たもんだ。

がが〜ん!つまりマンゴープリンの黄色は偽者なのだ!

これは私だけでなく、同じテーブルにいた女性陣は全員ショック状態であった。
色をつけるなんて・・・

今まで濃い黄色のプリンは濃い味のマンゴーを使ってるんだと信じて、
わざわざ濃い色のものを買っていたのに・・うっ裏切られた・・・

もちろん食紅は合成着色料の一種ですが、体に害はありません。でもねぇ〜私は嫌だな。

マンゴープリンを作って売ってるお店の方
もう色なんてつけないで、白いままで売ってください

色粉を使ってるなんて知ったら、
もう黄色いマンゴプリンは買えません


今後はナチュラルなままで売った方がきっと売れますよ
もう色粉とはおさらばします!って宣言して売りましょう。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ