アロマヒプノセラピー くこの実 女性限定 完全予約制  ホームページはこちら

2007/5/12

六本木の「東京ミッドタウン」に行ってきました。  ショッピング

六本木に用事があったので、GWにOPENしたばかりの新名所、六本木の東京ミッドタウンに行ってみました。



東京ミッドタウン http://www.tokyo-midtown.com/jp/index.html

アクセス
・都営大江戸線「六本木駅」8番出口より直結
・東京メトロ日比谷線「六本木駅」より地下通路にて直結
・東京メトロ千代田線「乃木坂駅」3番出口より徒歩約3分
・東京メトロ南北線「六本木一丁目駅」1番出口より徒歩約10分

高級ホテル「ザ・リッツ・カールトン東京」、レストランやブティックのほか、
美術館、メディカルセンター、ホール、レジデンスもあります。

でもぶらりと遊びに行く場合、
ショッピングエリアの「ガレリア」とレストランエリアの「ガーデンテラス」
行くことになりますな。

私も「ガレリア」から入って4階までのブティックやレストランの目の前を見学後、
地下のイートインショップで夕食をとりました。
1人だったというのもあるけれど、洋服・雑貨の店、レストランとも入ってみたいという店がほとんどなく、私には縁のないビルだという結論に至りました。

そんな中でも気になった店は地下の食べ物エリア

 
DEAN & DELUCA http://www.deandeluca.co.jp/
   デリカのショップ ワイン・チーズ・生ハムやお菓子、ジャムなど
   買ってみたいビン類がたくさんあった。見てるだけでも楽しい

 
 
鈴波 http://www.tokyo-midtown.com/jp/shop/65/index.html
   明治4年創業。守口漬で知られる「大和屋」の漬ける技を生かした魚介味淋粕漬
   店内で食事も楽しめます。
   翌日の晩のおかずにと「さわら」525円と「銀だら」682円を購入。美味しかった!


patisserie Sadaharu AOKI paris http://www.tokyo-midtown.com/jp/shop/95/index.html
   パリで注目を浴びるパティシエ青木定治のフランス菓子。
   店内で食事も楽しめます。
   美しいケーキがたくさん。うっとり。でもお高いです・・・


芦屋タカトラ http://www.tokyo-midtown.com/jp/shop/47/index.html
   芦屋生まれのシュークリーム専門店
   普通のシュークリーム、抹茶シュークリーム、モカエクレアを購入。美味しかった

で、夕食に悩んだのが、
平田牧場 http://www.hiraboku.com/
   山形県酒田市の平田牧場銘柄豚の店。
   自家製生ハムやソーセージ、惣菜などの物販
   豚料理を味わえるイートインスペース。


PHO NAM http://phonam.jp/
   「フォー」はベトナム人が愛するお米のヌードル。本場の味。

結局、フォーを選んだ。

今回いただいたのは

鶏もも肉のフォー 900円

揚げ春巻き 550円

確かに今まで食べた日本のフォーの中でも本場に近い気がする。
でもパクチーなど香辛野菜があまりないので物足りないな。

最後に1階にある気になるけど、買うことはないお店をご紹介。

NoKA CHOCOLATE http://www.lcdd.jp/noka/
   ハリウッドセレブからも大人気、アメリカ・ダラス発の最高級チョコレート。
   ICチップなみのちっちゃなチョコが4個で2800円。これが一番安い商品。
   馬鹿高くてお話になりません。

ACANTA http://www.bluebellgroup.com/jp/
   シガーの最高峰ブランド「ダビドフ」を中心に、シガー、メンズ小物、香水など。
   吸えないくせにシガーが気になりました

次回は本当の用事、
六本木にある美容整体の店「銀座シェイプロボディテクニック」について。
0

2007/5/10

亀戸大根の割烹「升本」と亀戸天神の藤まつり  和食(蕎麦・鰻以外)

GWにはここ数年の恒例、亀戸天神の藤まつり(もう終わっちゃってるけど)。
亀戸でランチしてから天神さんへ行こうと思ったが、
ランチ場所 蕎麦の「一休」に長蛇の列。
*一休については→ http://www.geocities.jp/ttmonji/gurusoba06ikkyu.html

そのせいでなんとなくランチと亀戸天神をあきらめる。
でもその晩出直して、亀戸大根の割烹「升本」と夜のライトアップ亀戸天神に行くことにした。

亀戸大根とは

クリックすると元のサイズで表示します
今ではあまり栽培されていないので幻の大根と言われる。
江戸時代から亀戸で栽培された大根で小振りで葉が柔らかいのが特徴の江戸前野菜
当時は辛みのある漬け物として庶民に親しまれてきました。

割烹升本 http://r.gnavi.co.jp/a076200/

クリックすると元のサイズで表示します

住所:東京都江東区亀戸4-18-9
TEL:03-3637-1533
営業時間:11:30〜14:00(L.O.)/17:00〜22:00(L.O.21:00) 無休
JR総武線亀戸駅 北口 徒歩7分 
東武亀戸線亀戸駅 徒歩7分 

今回いただいたのは

クリックすると元のサイズで表示します
お通し
クリックすると元のサイズで表示します
亀戸大根玉子焼き
クリックすると元のサイズで表示します
石鍋 亀戸大根あさり鍋ニ名より)1人2415円 具たち(半分だけど)
クリックすると元のサイズで表示します
出汁を温め、具をいれ
クリックすると元のサイズで表示します
完成! 亀戸大根たまり漬け・麦菜飯付  全部係りの人がやってくれます
クリックすると元のサイズで表示します
最後に鍋の汁とご飯で・・猫まんま?

升本さんはデパ地下にお弁当のお店を出していますが(弁当も美味しいらしいですよ)
食事できるお店はここ、亀戸の本店だけ。

いやあ、またしても満腹。
腹ごなしかねて、亀戸天神へ。升本からは徒歩5分もかかんないな。

亀戸天神 http://www.kameidotenjin.or.jp/

クリックすると元のサイズで表示します

住所:東京都江東区亀戸3丁目6番1号
TEL : 03-3681-0010
総武線亀戸駅下車 北口より徒歩15分
総武線・地下鉄半蔵門線錦糸町駅下車 北口より徒歩15分

藤の花がきれいでした・・でももう終わりそうな状態でした。

クリックすると元のサイズで表示します
境内には牛が。神牛(しんぎゅう)。
親しく触れることにより病を治し、知恵を授かるといわれる。

触って帰りました。顔と頭を・・・
0

2007/5/9

映画「主人公は僕だった」試写会  映画

5月19日から全国ロードショーの映画「主人公は僕だった」の試写会に行ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します
クッキーをいただきました!

主人公は僕だった http://www.tsutaya.co.jp/cinema/sp/strangerthanfiction/index.html

監督 : マーク・フォスター
出演 : ウィル・フェレル、エマ・トンプソン、
    マギー・ギレンホール、ダスティン・ホフマン、クイーン・ラティファ

あらすじ
平凡で面白みのない男、ハロルド。
国税庁の会計検査官である彼は、過去12年間、毎日決まった生活を送っている。
しかしある朝、ハロルドの頭の中に彼の行動を文学的な表現で語る女性の声が・・・
それからというもの、その声はハロルドの頭にたびたび響くようになる。
その声の語り口調では彼は小説の主人公のようで、
しかも彼に死が近づいていることもほのめかしていた。
それから自分の運命を変えようとするハロルドの奮闘が始まった。

個人的感想
期待していなかったせいか、案外面白かった。
ストーリーはまあ、なんてことないんだけど、
ダスティン・ホフマンが良かった気がする。
でもあの小説がどういう結末であっても傑作とは思えないなあ・・・
0

2007/5/8

埼玉県新座市の蕎麦屋「新座 鞍馬」うまっ  首都圏の蕎麦・そば

GWは旅行に行かず、美味しいもの三昧&私は楽ちん。贅沢やね〜

で、お蕎麦の美味しい店を求めてちょっと遠出してみました。
出かけたのは埼玉県新座市の「新座 鞍馬」。

新座 鞍馬 http://www.ishimori-seifun.co.jp/shop/0403.htm

クリックすると元のサイズで表示します

住所:埼玉県新座市あたご2-2-34
TEL: 048-479-0055
営業時間:平日は11:30〜15:30 土日祝日は11:30〜16:00
定休日:水曜(祝日の場合は翌日)そのほか臨時休業あり
志木街道沿い。JR武蔵野線の新座駅から徒歩25分
お店の目の前に10台くらい停められる駐車場 裏に第2駐車場もある

クリックすると元のサイズで表示します
限定メニューあり
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

今回いただいたのは

クリックすると元のサイズで表示します
焼味噌 310円
クリックすると元のサイズで表示します
栃尾焼きあげ(天つゆ付) 430円 油あげの厚いものだね
クリックすると元のサイズで表示します
ざるもり 840円
クリックすると元のサイズで表示します
田舎そば 890円
クリックすると元のサイズで表示します
くるみつけ汁そば 1100円
クリックすると元のサイズで表示します
かけ 940円

つまみが少ないのが少々残念ですが、
蕎麦はわざわざ出かけるだけの意味がある美味しさ。
店内は土地柄、ゆったりとした座敷。清潔だし、落ち着けます

ざるも田舎も言うことなし。
自家製粉石臼挽き手打蕎麦、自家有機栽培あり。しかも十割
ちゃんとつながってるからすごいな〜。

汁は薄めで、物足りない方がいるかもしれませんが、
そういう方はたっぷりつけて調整してね。

埼玉方面に行くと「くるみだれ」が多いですね。特に秩父が有名です。
このくるみだれ、私は大好き。
こちらのくるみつけ汁そばも大変美味しかったです。

こちらのお店は西荻窪「鞍馬」の暖簾分け
西荻の鞍馬の方は行ったことがないのでわかりませんが、
新座の鞍馬がこれだけ美味しいのですから、きっと西荻も美味しいことでしょう。

あそうそう、「新座鞍馬」では毎週火曜と日曜の夕方に手打蕎麦教室をやってるそうです。
蕎麦を打ってみたい方(私のイメージはかっこいいオジサン)、お近くでしたら行ってみては!

*だんなの感想はこちら
 http://www.geocities.jp/ttmonji/gurusoba107Kurama.html

SNS ちずるに登録しました〜
SNS ちずる<img width=1 height=1 border=0 src="http://www.blogrepo.com/paccess.php?jid=177&uid=20026&link=1">
0

2007/5/7

江戸城見物 つまり現在の皇居周辺見物  旅行

東京に住んでいるのに初めて皇居周辺に足を踏み入れた。
いつでも行けると思うとなかなか行かないものなのだな。

きっかけはあまりに満腹だったからお堀沿いを歩こうというものだった。
満腹満足したお店は「赤坂四川飯店
*赤坂四川飯店については→ http://diary.jp.aol.com/tabizuki-naho/527.html

そういうわけで永田町界隈からお堀沿いを歩き、桜田門から入門。


桜田門


二重橋 奥のほうに見える建物は伏見櫓
皇居外苑の皇居前広場から正門を通って宮殿にいたる濠には、2つの橋がかかっている。手前がめがね橋として親しまれている正門石橋。
奥がかつて橋が二重構造であったためにもとは二重橋とよばれていた正門鉄橋。
現在ではこの2つの橋を総称して二重橋とよんでいる。


正門
ちょうどロンドンの衛兵交代式のような警備の交代の模様を見学できた。
写真では遠すぎて見えないかな。警備の4人(常時2人体制らしい)が見えるかしら?

皇居東御苑」に入る。
旧江戸城の本丸、二の丸、三の丸の一部を一般に公開している。
出入りできる門は大手門・平川門・北桔橋門(きたはねばしもん)の3つ。
(当然だが天皇のお住まいである御所他、皇居の大部分は公開していない)


皇居東御苑の中にある現存する建築 百人番所
江戸城の正門だった大手門から本丸に入るときの最大の検問所。
甲賀組・根来(ねごろ)組・伊賀組・二十五騎組の4組が護りを固め、
各組には同心(下に注あり)百人ずつが配属されていたところから百人番所の名が生まれた。

甲賀、伊賀と忍者の世界だね。
伊賀組同心を支配していたのが服部半蔵。
江戸城の半蔵門は、伊賀者が警護してたので服部半蔵の名に因んでその名が付いたそうな。


石垣を最近修理したんだって


現存する建築 大番所
他の番所より格上で、位の高い与力・同心が詰めて警護にあたっていたところ。
与力とは: 徳川幕府の警察組織。
  200石取りの武家で、10名で編成されていた。
同心とは: 
  与力の下に置かれ、与力1名に5名の同心が付けられていた。
  同心は、下級武士であり、その下に2〜3名の岡っ引きがいた。


天守閣跡
天守閣は慶長12年(1607年)に完成。
44m四方、高さ18mの石積みに金色のシャチをいただく5層の天守がそびえていたという。
1657年(明暦3)の大火(振袖火事)で焼失したまま、現在は基礎の石積みが残っているだけ。
現在の石垣の高さは約10メートル。 石垣、焼けてます。

振袖火事 とは
明暦3年(1657年)1月18日に本郷の本妙寺から出火し、折からの強風で江戸8百8町に燃え広がり、江戸城本丸・天守閣・二の丸を焼き尽くし、焼死者10万8千人にも上るといわれる江戸の大火のこと。

天守閣跡すぐ裏の北桔橋門から出て東京メトロ竹橋駅から家路へ。

いやあ、色々勉強になったね〜。なかなか楽しかったぞ。
日本人ですもの、京都もいいけど、こちらも一度は行っておきましょうね。

さらにご興味ある方は宮内庁のHPへどうぞ→ http://sankan.kunaicho.go.jp/guide/koukyo.html
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ