アロマヒプノセラピー くこの実 女性限定 完全予約制  ホームページはこちら

2007/5/4

日向夏みかんでお酒を作ってみました!  自家製(料理)

宮崎土産に日向夏を買ってきた。
冷蔵庫に入れとけば1ヶ月は持つと言われたけど、少し食べて
残りは果実酒にすることにしました。あたしったら えらい!

クリックすると元のサイズで表示します

日向夏酒の作り方

・日向夏 約1200g
・35度 甲類焼酎(ホワイトリカー) 1.8ℓ
  *少量漬け込む場合は、日向夏とホワイトリカーは同量で。
   今回は日向夏900g、ホワイトリカー900ml
・氷砂糖 100g〜200g お好み

@ビンにホワイトリカーを少量入れ、ビンを消毒。
 ビン内をいきわたらせたらそのホワイトリカーは捨てる。
A氷砂糖をお好みの量、ビンに入れる。
B日向夏みかんをよく洗って水気をきる。
 果実酒作りにゃ水は厳禁なのよ〜。
C皮をむいて実を4つ切りにしビンに入れる。
 実に対して2割ぐらいの分量の皮も一緒に入れる。
Dホワイトリカーを注ぎ入れ、密閉して保存。
E漬け込んでから10日くらいで飲めますが、熟成は3ヶ月後が目安。

ちなみに残った日向夏の皮は非常に香りが高いので
天日干しで乾燥させてから入浴剤として利用するとGOOD!
また、まだ実が残っていたらマーマレードもいいね〜。

で、だんな、3ヶ月お待ちください。

*参考:イタリアで飲んだレモンのお酒「リモンチェッロ」の作り方については↓
   http://diary.jp.aol.com/applet/tabizuki-naho/20050908/archive
   
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ