アロマヒプノセラピー くこの実 女性限定 完全予約制  ホームページはこちら

2007/11/18

「技能五輪国際大会」に行ってきました その2  分類なし

世界各国の若者が技能を競う「技能五輪国際大会」。
今年は22年ぶりに日本で開催。場所は静岡県沼津市。

2007年ユニバーサル技能五輪国際大会 http://www.pref.shizuoka.jp/syoukou/syo-2007/

静岡市で開催されている国際アビリンピックの会場から無料シャトルバスに乗って
約75分で沼津の会場へ。
*国際アビリンピックについては→ http://red.ap.teacup.com/tabizuki-naho/699.html

技能五輪国際大会とは
国際的に技能を競うことにより参加国の振興、技能水準の向上を図るとともに
青年技能労働者の国際交流と親善を目的として1950年にスペインとポルトガルで始まった。
71年以降は原則2年に1度開催。現在ワールドスキルズインターナショナルという非政府組織に加盟しているのは48カ国・地域。
「技能五輪国際大会」は22歳(一部職種は25歳)以下の若者達が参加でき、
選手の参加は1回限りとされている。

種目は多岐に渡る
建築系からIT系から美容や料理まで。実に色々。

種目によって1日ごとに課題を与えられたり、4日間通して一つのものを作ったり。
審査員は出来上がりだけでなく、途中の工程もしっかり見ている様子。
競技は16日〜18日。審査を19日と20日で行いフィナーレは21日。

すぐそばを観客が見てるわけだから、とても集中できるとは思えない。
しかしそこはやっぱり世界の代表たち
誰もが自信に満ち溢れ、実にかっこいいのだ!
きっとお互いの技を盗みあってさらにいい職人さんになるだろう。

そういう職人さんたちを見て、見学に来ていた高校生たちも
「あんな風になりたい!」と思ってくれたらと
願わずにいられない。

いや〜街中で見かける職人さんたちも同じはずなんだけど、
この競技に出ている人達は真剣だからか、集中してるからか、ホントにカッコイイ。
でもね。正直同じ条件で同じ仕事をしているはずなのに白人ってサマになるのよね
何が違うのかな?って考えたら格好かも。
日本の方は作業着白人はほとんどスポーツをする格好というのかな、
ポロシャツにスポーツタイプのズボンとかそういった姿・・っていうかF1のチームみたい
作業着がかっこ悪いわけじゃないけど、そういうのも若者離れのひとつの原因かもしれないな・・とふと思いました。

ではここからはたくさん撮った写真の一部を紹介。

クリックすると元のサイズで表示します
驚いたことにたくさんの人! 会場はこのような大きなテント(?)が張られ16棟もある
クリックすると元のサイズで表示します
タイル張り まだ2日目なので張っている途中
クリックすると元のサイズで表示します
タイル張りの課題
クリックすると元のサイズで表示します
れんが積み こんな風に
クリックすると元のサイズで表示します
れんが積み 日本代表選手
クリックすると元のサイズで表示します
ウェブデザイン
クリックすると元のサイズで表示します
家具
クリックすると元のサイズで表示します
工場電気設備 日本代表選手
クリックすると元のサイズで表示します
配管 日本代表選手
クリックすると元のサイズで表示します
建築大工
クリックすると元のサイズで表示します
建築大工 日本代表選手
クリックすると元のサイズで表示します
金属屋根葺き
クリックすると元のサイズで表示します
左官 日本代表選手は女性 がんばれ〜
クリックすると元のサイズで表示します
造園
クリックすると元のサイズで表示します
造園 日本代表選手 2人ペア そのうち1人が女性 がんばれ〜
クリックすると元のサイズで表示します
造園課題
クリックすると元のサイズで表示します
冷凍技術 日本代表選手
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
石工                                石工課題 
作品が並んでいたけど彫り方とか違うんだな〜素人にはどれがいいのかわかんないけど
クリックすると元のサイズで表示します
美容・理容 この競技はほとんど女性だった 実に奇抜な作品ばかり
クリックすると元のサイズで表示します
ビューティーセラピー ガウン姿の女性が出番を待ってた 私もやってもらいたい・・

会場からは無料シャトルバスで三島駅へ。
皇太子さまが新幹線でお帰りになったので交通規制もかかってバスは渋滞に巻き込まれた。
おかげで1時間寒い中バス乗り場で待ちぼうけだったよ。

次は三島で鰻と観光。

結果発表は21日。なのでそれについてもリポートする予定です。
・第1位、第2位、第3位の選手にはそれぞれ金、銀、銅のメダルが授与。
・メダルを得られなかったが、500点以上を獲得した選手には敢闘賞が授与。
・国の最高得点を獲得した選手には「各国最優秀」賞が授与。
・最高得点を獲得した選手は、アルバート・ビダル賞が授与。
・いずれの選手にもWS(ワールドスキルズ)国際認定証が与えられる。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ