アロマヒプノセラピー くこの実 女性限定 完全予約制  ホームページはこちら

2008/2/26

西大島の寿司屋「與兵衛 (与兵衛 よへい)」  和食(蕎麦・鰻以外)

行ってみたい店!と意気投合したブロガーのしゃんそんさんと寿司デート
*しゃんそんさんの「キャビンアテンダントのおいしい穴場」
 → 
 http://ameblo.jp/shangsong/entry-10076635680.html
その店は西大島の「すし與兵衛」。

與兵衛 http://r.tabelog.com/tokyo/rstdtl/13003079/

クリックすると元のサイズで表示します

住所: 東京都江東区大島2-24-5 コーポ高橋1F 地図はこちら
TEL: 03-3682-3805
営業時間: 19:00〜22:00
定休日: 水曜日
都営新宿線西大島駅から徒歩5分

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
大体この順番で出てくるそうです

今回いただいたのはおまかせ
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します まぐろづけ
 
クリックすると元のサイズで表示します 平目の甘酢

クリックすると元のサイズで表示します 平目の昆布〆

クリックすると元のサイズで表示します 烏賊

クリックすると元のサイズで表示します シマアジ炙り

クリックすると元のサイズで表示します エビ

クリックすると元のサイズで表示します 

クリックすると元のサイズで表示します かすご(小鯛)

クリックすると元のサイズで表示します さより

クリックすると元のサイズで表示します こはだ

クリックすると元のサイズで表示します シメサバ

クリックすると元のサイズで表示します 煮はまぐり

クリックすると元のサイズで表示します 穴子

クリックすると元のサイズで表示します 玉子

7または8席のカウンターが全てのお店。
回転なしなので1日7または8名しか食べられないということですね。
だから要予約です。メニューもおまかせ以外にありません。


だいたいおまかせが1万〜1万5千円くらいで 飲み物代は別です。
今回は握りだけでも14貫、ビール2本に5合(確か)の日本酒を3人で飲んで1人15500円でした。

場所は大通りから中に入ったところにあるため、初めての人はちょっとわかりにくい。
西大島の駅からは亀戸方向へ。
ライオンズマンションの前を通りすぎ、王様煎餅の角を左に曲がりまっすぐ。

さて感想ですが、お寿司初心者の私には多くを語れません。

とにかく美味い ただただ美味い

確かにお高いけれど、満足度も高いお店だと思います。

いわゆる普通のお寿司とちょっと違うな。
手間隙かけて細かなところまで注意が行き届いてる握り。職人だね〜。
全てに味がつけてあるので、醤油を一度も使いませんでした。
ネタとシャリの大きさもお口に入れやすく、バランスが良い。
私には今まで食べたお寿司とは特にシャリが違う気がしました。
あ、あと玉子ね。ふんわり。魚のすり身が入ってるからだな。

私があっちこっち行ってたらもっと「スゴイ店だ!」って感動しそうな気がします
もうちょっと勉強せねば!

クリックすると元のサイズで表示します
日本酒もいいところを揃えており、こりゃのんべ〜にはたまらん店でしょうな。

しゃんそんさん、次はあそこね〜 よろしく〜
0

2008/2/25

日本橋高島屋にある鰻「五代目野田岩」  鰻・うなぎ

だいぶ前に同じタイトルの記事を書いた。
日本橋高島屋の新館特別食堂にある野田岩のうな重
*過去レポート→ http://red.ap.teacup.com/applet/tabizuki-naho/20060831/archive

正直、イマイチだなっていう感想だったので、あれから行ってなかったのだが、
「買物してから鰻のお店を新規開拓だ!」という勢いで高島屋へ出かけたのに
当日疲れてしまったのと、すっごい風で表に出るのが面倒になってしまった。
でも鰻は食べたい・・・

そういうわけで、特別食堂へ。

野田岩 日本橋高島屋店 http://gourmet.yahoo.co.jp/0000620582/P005997/

住所: 東京都中央区日本橋2−4−1 新館4F 地図はこちら
TEL: 03-3211-4111
営業時間: 11:00〜21:30(L.O.20:30) ※野田岩/L.O.20:00
定休日: 不定休

クリックすると元のサイズで表示します

今回いただいたのは
クリックすると元のサイズで表示します
志ら焼定食 2730円
クリックすると元のサイズで表示します

特別食堂には、フランス料理の帝国ホテル、関西割烹・大和屋三玄
うなぎの五代目野田岩と3つの味が集まっている。これはすごいよね。

買物帰りのマダムといった感じの方が多くいらっしゃいます。
店としては私はとても好きです。なんとなく懐かしい感じ。
一人晩御飯もゆっくりできますしね。

今回も上の重は志ら焼、下の重は蒲焼という「かさね重」4410円(値上がりしてる!)と
うなぎ丼・中入れ3300円がめちゃめちゃ気になったけれど、
唸りながら我慢して志ら焼定食にしてみた。

デパートの食堂の鰻と考えたら、とっても美味しい鰻だと思います。
ただ鰻専門店と比べてはいけない気がする

クリックすると元のサイズで表示します
家族で個室でお食事ってのもいいかもね
0

2008/2/24

紅茶に手作り「しょうがジャム」  パン&スイーツ♪

寒い冬に体を温めるという目的しょうが入り紅茶を飲んでます。

最初は美味しく感じないかもしれませんが、刺激のある味がやみつきになるんですよ。
私は大好き。

ちょっと前に日経新聞に「しょうがジャム」の作り方があったので作ってみました。
ジャムだけど、パンに塗るというよりは紅茶に入れたり、生姜湯にしたり

クリックすると元のサイズで表示します
手作り しょうがジャム

作り方はとっても簡単! 所要時間は15分程度。

材料: しょうが 100g
    砂糖(または黒糖)100g
    はちみつ 大さじ2
    レモン汁 大さじ1
    水 大さじ1

作り方:@しょうがは汚い所があったらその部分だけこそげ取り、皮つきのままおろす。
    A耐熱容器に材料をすべて合わせて混ぜ、ラップをしないで電子レンジで5分加熱。
     もう一度混ぜて、様子をみながらさらに2〜3分加熱。
     まだゆるいかなというあたりで止めるのがこつ。
     加熱しすぎるとあとで、がちがちに固まってしまうので注意

クリックすると元のサイズで表示します
マーロウのプリン容器(パイレックス)に入れて作って、専用キャップして保管。
*マーロウのプリンについては→ http://red.ap.teacup.com/applet/tabizuki-naho/20070613/archive
0

2008/2/23

大島のインド料理「エベレスト・カリー」  エスニック料理 カレーもねっ

最近、江東区ではインドの方々をたくさんお見かけするようになった。
西葛西の公団にたくさんのIT系企業に勤める方が暮らしているのは有名だが、
場所は不明だけどなんでもトップクラスの子供達のためのインターナショナルスクールが出来たから大島周辺も増えているらしい。この辺公団たくさんあるしね。

そういうわけで東大島の駅高架下のショップの中に
インド人によるインド人のための食材屋「ナマステフーズ」が出来たり、
大島駅の近くにはインド料理屋が出来たりしているのだ。

今回はそのインド料理「エベレスト・カリー」を再訪。

エベレスト・カリー http://www.kotoku-town.com/mypage/ko020337/

クリックすると元のサイズで表示します

住所: 東京都江東区大島8−4−3 イトウビル1F  地図はこちら
TEL: 03-3636-1348
営業時間: 11:00〜15:00 / 17:00〜23:00 
定休日: 第2、3火曜日
都営新宿線大島駅A5番出口より徒歩3分 中の橋商店街南側

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
セットメニュー 1495円 お得だね

今回いただいたのは
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
プラウンマサラ(ナン付き)1050円 エビの定番カレー 辛さ:唐辛子3つ(辛い)
クリックすると元のサイズで表示します
ナン 大きくてふかふか


以前は「ジョティカレー」という名だったが、経営者が変わったらしい。
シェフと店の中はそのまんまなんだけどね。
カウンター6席、テーブル4卓のお店です。

とても美味しいカレーと釜で焼いてるナンが食べられるんだけど
いつもあんまりお客さんがいないのよね。
でもテイクアウトで何人ものインドの方が店に訪れているのだ
お店に出すものは日本人向けで、こういった方々には違うのを出してるのかもしれないけど
ちゃんとした店なんだなと安心します。

カレーの辛さは「普通、やや辛、辛い、大辛」と4つから選べる。
今回は「辛い」にしてみた。私にはこれくらいがちょうどよかったわ。

*前回の訪問レポートは→ http://red.ap.teacup.com/applet/tabizuki-naho/20060717/archive

0

2008/2/21

下関のお菓子 巌流本舗の「招きふく」  パン&スイーツ♪

スーパーのご当地フェアみたいなので見つけた下関のお菓子
フグのパッケージがかわいい巌流本舗の「招きふく」。

おお〜 フグが入ったお菓子なんてめずらし〜 
なんせ下関といえばフグだもんね〜
 

というわけで迷わず購入。

クリックすると元のサイズで表示します
招きふく6ヶ入袋 577円  賞味期限:製造日より15日

巌流本舗 http://www.ganryu.co.jp/

かわいいパッケージでしょ。

家に帰って早速開けて 食べる前に説明書きを見てみた。

が〜ん

フグなんか入ってないじゃん!ただのパイ饅頭だ・・・

パッケージとネーミングで騙された!

下関ではフグは「ふく」と呼び、「ふく」は「福」であるから縁起がよく
饅頭のぷっくりした姿もフグっぽい・・・ということらしいです。

とほほ。でも食べてみたら とっても美味しかったから 許すことにする。

クリックすると元のサイズで表示します
パイ生地にあんこ

お土産にもらったらめっちゃうれしい和菓子ですよ!

騙されてみたい方は↓  って騙されるのは私くらいか・・

招きふく 6ヶ入袋  577 円(税込・送料別)
  クリック!→  12ヶ入箱 1,176円 もあるよ。

巌流本舗さんのお菓子、「おそいぞ武蔵」なんて名前のもあるんだ。面白いね。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ