アロマヒプノセラピー くこの実 女性限定 完全予約制  ホームページはこちら

2008/11/19

埼玉県秩父の武甲酒造 酒蔵見学  旅行

秩父の銘酒といえば、「秩父錦」か「武甲酒造 柳田総本店」が有名です。
その「武甲酒造」の建物が素敵(国指定の登録有形文化財)なので、見学してきました。

武甲酒造 http://www.bukou.co.jp/

クリックすると元のサイズで表示します

住所:埼玉県秩父市宮側町21-27 地図はこちら
TEL:0494-22-0046
営業時間:8:00〜17:30 元旦以外無休
秩父駅より徒歩3分
西武秩父駅より徒歩15分
駐車場 20台 

クリックすると元のサイズで表示します
由来
クリックすると元のサイズで表示します
仕込水「武甲山伏流水」の内井戸 「平成の名水百選」に選ばれている
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
試飲

江戸中期、宝暦3年の創業。
築190年を超える歴史を感じさせる店舗だ。

見学は要予約。10名以上からの見学だが、それ以下の場合、
もし希望時間に団体さんが入っていたら、その方々と一緒に混じって見学できる。
とりあえず電話してみよう。英語対応可能なので外国人もOK。

酒の種類がたっくさんあるが、試飲できるのはやっぱり安いものばかり。
まっ仕方ないか。。。
でもここで100円でも200円でも取って、とっておきのお酒をこだわりたっぷり語って
試飲させてくれてたら、客はそのお酒を買うんじゃなかろうか・・・などと思うのだが。

いや〜それにしてもおばちゃん達の飲みっぷり(試飲だよ)はすごかった。
ちゃんと買えよな〜。

次は蕎麦屋「しのうち」。

1

2008/11/17

埼玉県秩父の宿 「新木鉱泉旅館」 食事編  旅行

秩父七湯『御代の湯』新木鉱泉旅館の食事編。
楽天トラベルのクチコミで首都圏NO1に輝いた宿。

まずは夕食。写真は一部です。

クリックすると元のサイズで表示します
飲み物は 地ワイン「源作ワイン」と秩父地ビール
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
たまねぎのクリーム煮 アツアツで美味しかった!クリックすると元のサイズで表示します
天ぷら
クリックすると元のサイズで表示します
アイス

残念だったのは地の物「しいたけ」。
焼いて出してくれるのはとってもいいのだけれど、冷めてた。
焼いたばかりのものを持ってくるのが無理なら天ぷらにして欲しかったな。

次に朝食。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
サーモンが美味しかった 雑炊に入れて楽しみました

これからも頑張ってほしい宿です。

ついでに。道の駅「ちちぶ」で買ったお土産。

道の駅ちちぶ http://www.michinoeki-network.jp/04_annai/chichibu.htm

クリックすると元のサイズで表示します

住所:埼玉県秩父市大宮4625 地図はこちら
TEL:0494-21-2266
営業時間: 9:00〜19:00 無休

クリックすると元のサイズで表示します
秩父庵玉木家のちちぶぽてと 和菓子屋さんのスイートポテト 1個200円位 うま〜い!

食べてみたい人は↓

送料無料!特別お試し価格!当店一番人気!![ちちぶぽてと]5個入り 1,500円 (税込・送料込)


次は武甲酒造の酒蔵見学。
2

2008/11/16

埼玉県秩父の宿 「新木鉱泉旅館」 温泉編  旅行

秩父七湯『御代の湯』新木鉱泉旅館の温泉編。
楽天トラベルのクチコミで首都圏NO1に輝いた宿

秩父には7湯あったが、現在5湯残るうちのひとつがこの「新木鉱泉」。
7湯とは新木の湯(新木鉱泉)・鳩の湯・柴原の湯・千鹿谷の湯・鹿の湯・
梁場の湯(現存せず)・大指の湯(現存せず)。

お風呂は24時間入れるのがうれしいね。

クリックすると元のサイズで表示します
お風呂は別棟になっている
クリックすると元のサイズで表示します
入って右手が日帰り風呂利用などの休憩場所となっている 
クリックすると元のサイズで表示します
女性のお風呂
クリックすると元のサイズで表示します
露天風呂 小さい宿はゆっくり入れるからいいね〜
クリックすると元のサイズで表示します
男性のお風呂
クリックすると元のサイズで表示します
オリジナルの温泉化粧水が試せます もちろん売っていて2500円
防腐剤、着色料、香料を使用しない自然派化粧水。
買おうか大いに悩んで、今回は見送りました・・・
クリックすると元のサイズで表示します
日帰り入浴 900円 利用時間:12:00〜21:00
チェックインした夕方にはたくさんの日帰り入浴のお客さんがいました

次はお食事編。
0

2008/11/14

埼玉県秩父の宿 「新木鉱泉旅館」  旅行

この日の宿は秩父七湯『御代の湯』新木鉱泉旅館
楽天トラベルのクチコミで首都圏NO1に輝いた宿だ。

新木鉱泉旅館 http://www.onsen-yado.net/

クリックすると元のサイズで表示します

住所:埼玉県秩父市山田1538番地 地図はこちら
TEL:0494-23-2641
チェックイン 15:00 (最終チェックイン:18:00)
チェックアウト 10:00
西武秩父駅よりタクシーにて10分(送迎も有)
駐車場 有り 30台 先着順 無料

クリックすると元のサイズで表示します
1階 帳場 左の階段で2階へ
クリックすると元のサイズで表示します
2階 吹き抜けになってる部分の天井
クリックすると元のサイズで表示します
2階には立派な神棚
クリックすると元のサイズで表示します
2階 廊下
クリックすると元のサイズで表示します
我らが泊まったのは2階の竹の間
クリックすると元のサイズで表示します
部屋の天井
クリックすると元のサイズで表示します
2階 洗面所 松の間はバス・トイレ無の部屋なのだ

創業は江戸時代の文政10年(1827年)。
当時の内装そのままの木造二階建ての宿。

1階は露天風呂付客室4室、2階は一般客室で計14室

今回は2階にある文政十年より今も残る松の間(和室8畳)に泊まった。
休前日で2名1室2食付 1人12600円

建物、雰囲気、温泉、食事。金額から考えて大いに満足
前回の西伊豆よりもずっとよかったぞ


次はこの宿のお風呂編。

気に入った方はネットで予約↓
秩父七湯『御代の湯』新木鉱泉旅館 ←楽天トラベル口コミ★5つ満点じゃ!
0

2008/11/13

奥秩父の紅葉 中津峡と三峰神社  旅行

先週末の秩父旅行。「こいけ」で蕎麦を堪能した後は、
ちょうど奥秩父の中津峡が紅葉の見頃をむかえてるらしいということで行ってみた。
ところがカーナビに従って車を走らせていると、とんでもない山道に。
私の頭の中の地図とは明らかに違うルート。
大滝村を通らずに小鹿野町から両神山へ向っている。八丁峠を通りました。
両神山はかつては女人禁制だったそうな。

この山道。ガードレールはないわ、道は狭いわ、めちゃクネクネしてるわ。
いつもなら絶対に車酔いするはずの私が、緊張したせいか、全く酔わなかった。
いや〜 だんな、運転お疲れさんでした!

で、紅葉。きれいでしたよ。ただ、中津峡のポイントがよくわからなかった
車を止められるところで停めて写真を撮っておきました。

クリックすると元のサイズで表示します
ちょっと赤が足りないな〜 見ごろは過ぎてるってこと?
クリックすると元のサイズで表示します

さて、もう同じ道は通りたくないので通常のルート(大滝村経由)で秩父市内を目指します。
この日の宿「新木鉱泉旅館」に向うにはまだ早い。
栃本関所跡」に寄ってみるつもりが遠回りしてしまったので、予定変更して「三峯神社」へ。

三峯神社 http://www.mitsuminejinja.or.jp/

住所:埼玉県秩父市三峰298-1 地図はこちら
注:三峰ロープウェイは2007年12月に廃止しています

クリックすると元のサイズで表示します
中津峡より紅葉がきれいだった
クリックすると元のサイズで表示します
階段上って駐車場を見下ろす
クリックすると元のサイズで表示します
三峯神社の鳥居
クリックすると元のサイズで表示します
秩父の山中に棲息する狼「お犬さま」猪などから農作物を守る神の使い 痩せてる〜
クリックすると元のサイズで表示します
鳥居を抜けると
クリックすると元のサイズで表示します
右手に上り階段 さらに鳥居
クリックすると元のサイズで表示します
左手に下り階段に隋身門・・・ってことは本殿は右手だね きっと
クリックすると元のサイズで表示します
あれ?本殿は?
クリックすると元のサイズで表示します
このような看板が・・
クリックすると元のサイズで表示します
ここは奥の院を拝む場所でした
クリックすると元のサイズで表示します
左手の門へ行く前に ヤマトタケルの像 気さくに「やあっ!」て手を上げてる
クリックすると元のサイズで表示します
隋身門の横に参拝道 発見
クリックすると元のサイズで表示します
本殿へ 途中小さな神社がたくさん
クリックすると元のサイズで表示します
拝殿
クリックすると元のサイズで表示します
三峯神の湯の案内あり。500円で温泉に入れるそうです 
クリックすると元のサイズで表示します
神楽殿

実はこの神社へ行く途中には

クリックすると元のサイズで表示します
秩父湖があって 面白いことに
クリックすると元のサイズで表示します
ダムの真上を通るのです 
クリックすると元のサイズで表示します
帰りには ダムからいきなりトンネル 
「一方通行の狭小トンネル」で有名な駒ヶ滝トンネル

なかなか面白い神社でした。
次は宿「新木鉱泉旅館」について。
ここは楽天トラベルのクチコミで首都圏NO1に選ばれた宿
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ