アロマヒプノセラピー くこの実 女性限定 完全予約制  ホームページはこちら

2008/12/15

勝沼の国宝「大善寺」  旅行

勝沼の民宿「鈴木園」から徒歩10分くらいのところに国宝のお寺があるのだ。
*鈴木園については→ http://red.ap.teacup.com/tabizuki-naho/990.html

ぶどう寺 大善寺 http://www.katsunuma.ne.jp/~daizenji/

住所:山梨県甲州市勝沼町勝沼3559 地図はこちら
TEL: 0553-44-0027
受付時間:9:00 〜 16:00
参拝時間:9:00 〜 16:30
拝観料:大人 500円 (10名以上割引あり)
JR中央線勝沼ぶどう郷駅からタクシーで5分
駐車場 40台
宿坊・民宿あり

クリックすると元のサイズで表示します
山門
クリックすると元のサイズで表示します
山門の天井支えてます
クリックすると元のサイズで表示します
山門をくぐったら
クリックすると元のサイズで表示します
国宝の本堂(別名薬師堂) 内部は撮影禁止
クリックすると元のサイズで表示します

ぶどう寺 大善寺とは
養老二年(AD718)僧行基が甲斐の国を 訪れたとき、勝沼の柏尾にさしかかり、
日川の渓谷の大石の上で修行したところ、満願の日、夢の中に、
右手に葡萄を持った薬師如来が現れました。 行基はその夢を喜び、
早速夢の中に現れたお姿と同じ薬師如来像を刻んで安置したのが、今日の柏尾山大善寺。
以来、行基は薬園をつくって民衆を救い、法薬の葡萄の作り方を村人に教えたので、
この地に葡萄が栽培されるようになり、これが甲州葡萄の始まりだと伝えられている。
武田家滅亡にも関わりがあり、その一部始終を目撃した理慶尼が記した理慶尼記は、
武田滅亡記ともいわれ、尼の住んでいたこの大善寺に今なお大切に保管されている。


国宝は大善寺 本堂(別名 薬師堂)と付属 厨子 一基
本堂の中には国の重要文化財の仏像 薬師三尊/十二神将/日光・月光菩薩
薬師三尊は五年に一度のご本尊御開帳の時だけしか見ることができない。
今年10月にご開帳が行なわれたのであと5年待たなきゃね。
次のご開帳は平成25年10月1日〜8日。

ちなみに宿坊・民宿が同敷地内にある
民宿は精進料理じゃない家庭料理をいただける。
2009.01月〜の宿泊代
 大 人(中学生以上) 1泊2食付 5,980円 / 素泊り 4,200円
 小学生 1泊2食付 5,280円 / 素泊り 3,700円
 幼児(3才以上) 1泊2食付 4,280円 / 素泊まり 3,200円
チェックイン:15:30 〜 19:00
チェックアウト: 10:00
注:タオル、寝間着(パジャマ)、歯ブラシ などがありません

クリックすると元のサイズで表示します
登山コースがあるようだ
1
タグ: 勝沼 大善寺 国宝



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ