アロマヒプノセラピー くこの実 女性限定 完全予約制  ホームページはこちら

2009/2/7

キモ楽しい「目黒寄生虫館」  分類なし

目黒に用事があってやってきた。美味しいランチは蕎麦屋「紫仙庵」。
でもその前に ずーっと前から一度行きたかった「目黒寄生虫館」へ。

世界でたった一つしかない寄生虫の博物館なんだよ。しかも無料!

目黒寄生虫館 http://kiseichu.org/

クリックすると元のサイズで表示します

住所:東京都目黒区下目黒4-1-1 地図はこちら
TEL:03-3716-1264
開館時間:10:00〜17:00 (祝祭日も開館)              
休館日:月曜日 (月曜が祝祭日の場合は開館し、直近の平日休館)
入館料:無料 (募金箱を設置。是非ご協力を)
JR山手線/東京メトロ南北線/都営三田線/東急目黒線 目黒駅 西口から徒歩15分
駐車場なし

1956年に本館完成。結構古くからあるのだね。
六階建ての建物だが、展示スペースは1F〜2F。

クリックすると元のサイズで表示します
案外こじんまりしているが、ものは小さいですからね。数は結構ありましたよ。

興味のあるものにとっては実に有意義な博物館だ。
お医者さんの卵なのかな。結構若い方がいらしてて意外でした。
 
クリックすると元のサイズで表示します サナダムシ 全長約8.8m!
頭がちっちゃくて耳掻きくらいの大きさ

こーんなに長い寄生虫が人間のおなかの中に入っていました。
標本の横に同じ長さのひもが固定されている。それを引っ張ってその長さを実感できるのだ。
本人自覚症状なし。自分の排泄物から寄生虫のきれっぱしが出てきて「何これ?」
そこで初めて寄生虫がいるということがわかったのでした。

いや〜すごいね〜。

最近は洋式トイレだから自分のそれをまじまじと見る機会がないですからね。
痛くも痒くもなければ 居てもわからないですよね。
最近はギョウチュウ検査もあんまりしなくなりましたしね。

ペットを飼っている方、魚をさばく主婦は必見でありますぞ。

実は私が寄生虫に興味を持ったのは
藤田 紘一郎氏(東京医科歯科大学名誉教授)の本。
寄生虫博士のサナダから愛をこめて  1,575 円  ←クリック!

自らの腸内で“きよみちゃん”と名付けた条虫(サナダムシ)と共生していたことがある。
ダイエットはもちろん、花粉症などのアレルギー症をおさえてくれるんですぞ。


次回はこの近くの手作りハムの店。その後、美味しい蕎麦屋と続きます。
0
タグ: 目黒 博物館 寄生虫



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ