アロマヒプノセラピー くこの実 女性限定 完全予約制  ホームページはこちら

2009/7/22

日食見れましたか?  分類なし

会社の玄関から見えました〜 まるで三日月だね

ただ雲が厚く、一瞬見えるという状況。
全く暗くならないし(元々雨だからね)。
携帯で写真撮ってみました↓が、わかんないね〜
っていうか 一瞬すぎて撮れてない?

クリックすると元のサイズで表示します

社内の様子↓

クリックすると元のサイズで表示します

11:20頃、太陽は会社の建物の真上だったから、窓から覗いても見れないんだけど
ちょうどピークの時間帯は会社の建物の吹き抜け部分を通ったおかげで、
皆さん 集まって見上げてます。なんか面白い光景。

午後になって外出したら、外は明るくしかも暑い。
やっぱり日食が終わって太陽が出てきたからかな。
すごいね〜 太陽の力って。
0
タグ: 日食

2009/7/22

奈良観光:E【世界遺産】平城宮跡  旅行

6番目に訪れたのは平城京の大内裏「平城宮」の跡。
1998年12月、「古都奈良の文化財」として東大寺などと共に世界文化遺産に登録された。

以前(5年位前)に来たときは、復元されたでっかい朱雀門があるだけで
あとはだだっ広い空き地になってたが、今回はさすがに遷都1300年祭に向けて動いてましたよ。
そういえば前回の訪問時、タクシーの運転手さんと話してて、
奈良は掘ったら何か必ず出てくるから、(後々面倒なので)やたらめったらビルを建てたりできないんだって言ってたな〜。

平城京跡 http://narashikanko.jp/j/isan/w_isan08.html

近鉄大和西大寺駅から徒歩20分
「平城宮跡」バス停下車、徒歩20分
またはJR奈良駅・近鉄奈良駅方面から
「二条大路南4丁目」バス停下車、徒歩3分
駐車場は平城宮跡資料館前、朱雀門前、遺構展示館横、東院庭園前の4ヶ所あり

平城京とは
和銅3年(710)、奈良盆地の北端に造られた平城京が新しい都と定められた。
元明天皇が律令制に基づいた政治を行う中心地として飛鳥に近い藤原京から都を移したのだ。
その後、聖武天皇は740年から745年まで、都を転々と移すが、
745年には再び平城京を都とした。
そして長岡京に都が移る784年までのあいだ、奈良の地が都として栄えたのである。
この時期を奈良時代という。

平城宮とは
平城宮・朱雀大路の北端には朱雀門がそびえていた。朱雀門をくぐると天皇の住居であり政治や国家的儀式を行う平城宮である。平城宮の周囲には大垣がめぐり、朱雀門をはじめ12の門があった。
広さは約120ha
平城宮の内部にはいくつかの区画があり、政治・儀式の場である大極殿・朝堂院、天皇の住まいである内裏、役所の日常的業務を行う曹司、宴会を行う庭園など。
その中でも政治・儀式の場は、都が一時離れた時期を境にして、奈良時代の前半と後半で大きな変化があった。奈良時代前半に、朱雀門の真北にあった大極殿(通称、第一次大極殿)が、奈良時代後半になると東側の区画に建てられたのだ(通称、第二次大極殿)。
これに対して、内裏は、奈良時代を通じて同じ場所にあった。

794年の平安京遷都後は放置され、しだいに農地となっていった。 しかし南都と呼ばれ、あくまでも本来の都は奈良と云う認識が大宮人の間にはあった。
1852年(文政8年)、奉行所の役人であった北浦定政が『平城宮大内裏跡坪割之図』を著し、平城京の跡地を推定した。 明治時代に建築史家、関野貞が田んぼの中にある小高い芝地が大極殿(第二次)の基壇であることを発見、1907年『平城京及大内裏考』を奈良新聞に発表した。この研究記事がきっかけとなり、個人的に資財を投じた棚田嘉十郎・溝辺文四郎らが中心となり平城宮跡の保存の運動が起こった。1921年には、平城宮跡の中心部分が民間の寄金によって買い取られ、国に寄付された。その後、平城宮址(へいじょうぐうし)は1922年に国の史跡に指定された(後に特別史跡)。1960年代に私鉄電車の検車庫問題と国道建設問題に対する二度の国民的保存運動がおこった。現在は、ほぼ本来の平城宮跡地が指定され保存されている。
なお、唐招提寺の講堂(国宝)は平城宮朝堂院にあった建物の一つである東朝集殿を移築したものである。切妻屋根を入母屋にしたり、鎌倉時代の様式で改造されている箇所もあるが、平城宮唯一の建築遺構として貴重である。

クリックすると元のサイズで表示します幅約74mの朱雀大路
朱雀門まで4km続いていた
この朱雀大路をはさんで 西側を右京、東側を左京という
クリックすると元のサイズで表示します 朱雀門(1998年竣工)
朱雀門は奈良時代前期の建築であり、その年代が法隆寺よりくだることから、
様式は同年代の薬師寺東塔を参考にされた
クリックすると元のサイズで表示します門の下から遠くを見ると
電車(近鉄)走ってる(左端)し、なにやら建ててる
クリックすると元のサイズで表示しますそれは大極殿(第一次)
復原(↓に注あり) 2010年の完成予定

その他、南東に東院庭園が復元され、平城宮跡資料館や宮内省跡、遺構展示館がある。

ちなみに発掘調査はまだ全体の30%しか終わってないそうな。あと100年はかかるらしい。

そういえばマスコットせんとくんが有名ですが(まんとくんなーむくんもいるね)、
この平城遷都1300年記念事業、資金が集まらなくて予定通り行ってないようです。
(そうだろうなあ・・)
どんなことになってるかというと・・長くなるので興味のある方はウィキペディアを読んでね
こちら→ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E5%9F%8E%E9%81%B7%E9%83%BD1300%E5%B9%B4%E8%A8%98%E5%BF%B5%E4%BA%8B%E6%A5%AD

次は東大寺。
*注:復元と復原 同じことばなのにちょっと意味が違う。勉強になったわ〜。
    「復元」…失われたものを旧に復すること。
    「復原」…はじめの姿が改造、変化してしまった現状を元の姿に戻すこと。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ