アロマヒプノセラピー くこの実 女性限定 完全予約制  ホームページはこちら

2010/1/31

神楽坂の人気ビストロ「ブラッスリー・グー (Brasserie Gus)」でディナー  フレンチ・イタリアン・洋食

友人達と神楽坂のビストロ「ブラッスリー・グー(Brasserie Gus)」で晩御飯。
ここは小さなお店だし、人気があるので要予約です。

ブラッスリー・グー(Brasserie Gus)

クリックすると元のサイズで表示します

住所: 東京都新宿区矢来町82 地図はこちら
TEL: 03-3268-7157
営業時間: 11:30〜13:30 18:00〜21:00(L.O)
定休日: 日曜日
東西線神楽坂駅2番出口より徒歩5分

今回いただいたのは: ディナーは2980円のプリフィクスコースのみ
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

店内は4人掛けテーブルが6卓くらいの小さなお店。
赤のチェックのテーブルクロスがかわいらしく、女性に人気です。

ディナーはプリフィクス2980円のみ。何を選んでも同じ金額。

プリフィクスとは
前菜・メイン・デザートをそれぞれ10種類ほどある中から
好きなものを1つずつ選ぶというもの。

私は
前菜にフォアグラのテリーヌ、
メインにうずらのバターライス詰めカレーソース
デザートに ヌガー・グラッセ  を選択。

ボリューム満点。ウサギとかウズラとか、フレンチならではお肉や
フォアグラまで使ってるのに よくやっていけるな〜と感心しちゃいます。

私が気に入っているのはデザートのヌガー・グラッセ。
アイスのような(本当にアイスだけかも)冷たいヌガーに
ナッツやラムレーズンが入ってて美味しい。
これ、作れるようになりたいな〜。

ただ、全体的に味付けが濃いので、個人的には微妙。
量が少なければいいのですが、多いので途中で飽きちゃうんです。
だから、前菜に肉を選択したら、メインは魚とか、
バランス考えたほうがより美味しく感じられそうです。
(って思いつつも、結局食べたいものばかり選んじゃうんだよね〜)

ブラッスリー・グー (フレンチ / 牛込神楽坂、神楽坂、牛込柳町)





0

2010/1/30

神楽坂の居心地よいカフェ「キイトス茶房 神楽坂」  パン&スイーツ♪

神楽坂のビストロ「ブラッスリー・グー」で食事。
・・の前に甘味処「紀の善」によって抹茶ババロアを買い、
時間つぶしに「キイトス茶房 神楽坂 (Kiitos Café)」でお茶。

紀の善の抹茶ババロアに続いて「キイトス茶房」。

キイトス茶房 神楽坂(Kiitos Café) http://kiitosryo.blog46.fc2.com/blog-category-9.html

クリックすると元のサイズで表示します 階段上って

クリックすると元のサイズで表示します 入口

住所: 東京都新宿区箪笥町25 野吾ビル2F 地図はこちら
TEL: 03-5206-6657
営業時間 10:00〜21:30(LO.21:00)
定休日 毎月第1・第3土曜日
都営大江戸線牛込神楽坂駅A1出口を右折、牛込北町交差点を右折して3軒目。徒歩約1分

クリックすると元のサイズで表示します 本がいっぱい

クリックすると元のサイズで表示します

目指していたビストロ「ブラッスリー・グー」の並びにある喫茶店。
時間があったので、気になるこの店でお茶をしました。
キイトス(kiitos)とは、フィンランド語で「有難う」の意味。

奥にはまったら、とても落ちつく空間で、本がいっぱい。
壁だけじゃなくあちこちに小説やらレシピ本やらガイドブックなど、
読書と珈琲を楽しむ店ですね。
居心地よくて、何時間でも読書できちゃいます。
写真はないけど、いただいたのはモカ500円。
昼間はカレーなんかもやってるようです。

このようなイベントも。
・第19回キイトス音楽会
 「フィンランドの民族音楽を聴く」 2010年2月12日(金)開催予定。詳細は、後日。
・キイトス・コミューン
 第5回「北鎌倉散歩−小津安二郎を偲ぶ」2010年5月開催予定。
・キイトス倶楽部 
 会員になると茶房にある書籍、DVD、CDから1点だけど、店外使用出来ます。無料。
 現在の会員数1170名

キイトス茶房 神楽坂 (カフェ / 牛込神楽坂、神楽坂、牛込柳町)



次はビストロ「ブラッスリー・グー」でディナー。
0
タグ: 神楽坂 カフェ

2010/1/29

神楽坂「紀の善」の抹茶ババロア  パン&スイーツ♪

神楽坂のビストロ「ブラッスリー・グー」で食事。
・・の前に甘味処「紀の善」によって抹茶ババロアを買い、
時間つぶしに「キイトス茶房 神楽坂 (Kiitos Café)」でお茶。

まずは「紀の善」で一番人気の抹茶ババロア

クリックすると元のサイズで表示します 抹茶ババロア 630円

クリックすると元のサイズで表示します
二段になってて、ババロアの上に自分で 生クリームとあんこを乗せて食べます

弾力のある抹茶ババロア自体はわりとシンプルな味で普通なんだけど、
生クリームとあんこと一緒に食べると美味い。
でも正直なところ、感動はない(ごめんなさい)。

紀の善 http://www.kinozen.co.jp/01main.htm
     ぐるなび→ http://r.gnavi.co.jp/g236500/

クリックすると元のサイズで表示します byぐるなび

住所: 東京都新宿区神楽坂1-12-1 紀ノ善ビル 地図はこちら
TEL: 03-3269-2920
営業時間:月〜土 11:00〜20:30
     日・祝 12:00〜17:30
定休日: 第3日曜日・年末年始・GW・盆
JR、地下鉄飯田橋駅B3より神楽坂に入ってすぐ。右手にある

テイクアウトは季節にもよるが、今時期は他に
・あんみつ 472円
・栗あんみつ 682円
・あわぜんざい(コシアン)630円
・田舎しるこ(ツブアン)577円
・くりババロア 682円
・くずもち カップ1人前 472円
・くずもち 折り箱3人前 1,050円

店内では
・あわぜんざい 840円
・おしるこ 787円
・くずもち 682円
・あんみつ 682円
・豆かん 682円
・クリームあんみつ 787円
・抹茶ババロア 787円
・玉子ぞうに 840円
・釜めし 1,155円
・赤飯弁当 945円 などがいただけますです。

紀の善 (甘味処 / 飯田橋、牛込神楽坂、神楽坂)



次は居心地のよい「キイトス茶房 神楽坂 (Kiitos Café)」。



0

2010/1/28

日本橋の鰻屋「美國屋」  鰻・うなぎ

土曜の昼間に用事があって日本橋へ。
一人ランチは昼間しか営業していない鰻の「美國屋」へ。

美國屋  http://unagi3928.com/

クリックすると元のサイズで表示します

住所: 東京都中央区日本橋2-5-11 地図はこちら
TEL: 03-3271-3928
営業時間: 11:00〜16:00(売り切れ次第終了)
定休日: 日曜日
東京メトロ東西線・銀座線 日本橋駅 B1・B2出口から徒歩1分(高島屋北口すぐ前)

今回いただいたのは
クリックすると元のサイズで表示します
うな重 2,000円
クリックすると元のサイズで表示します

日本橋高島屋の北口の目の前にあるのっぽな(?)ビルの1階〜3階。
エレベータなし。3階は座敷になってるようです。

この界隈では美味しい鰻屋さんだと思うのですが、
夜はやっていないので、なかなか来る機会がなくて、久々の訪問です。

明治の中頃の創業時は墨田区本所で、現在の日本橋の店は昭和21年からと
案外老舗なんですね。

高島屋の買い物客と思われる女性一人が結構多いので、なんとなく安心できます。

お品書きは3つ。
うな重の2000円、2,500円、3200円。どれも肝吸いとおしんこ付き。
金額の差は鰻の大きさですが、3200円のは中入れ二段になってます。

並・上・特上とか松竹梅みたいな名前がなくて、いきなり金額でというお品書きは
ちょっと言いづらいものがありますな。

一度は3,200円たべてみたいな〜と思いつつ、一人ランチだし・・と結局2000円を注文。

ここの鰻はふっくらしてて、さっぱりめの味付けで、
ご飯が固めなのが私の気に入っているところ。
ただちょっと小骨があるのが残念。

お品書きにはありませんが、肝焼きもあります。
ただ、量が少ないのでオープンと同時に売り切れ〜となるようです。

美国屋 (うなぎ / 日本橋、三越前、茅場町)




2
タグ: 日本橋  うなぎ

2010/1/25

亀戸の「バー ブランシュ (BAR BRANCHE)」  バー&ワイン ワイン会もっ

久々に素敵な店を亀戸で見つけました。
蕎麦屋「山水」のすぐ近くにある隠れ家的「バー ブランシュ」。

バー ブランシュ(BAR BRANCHE)

クリックすると元のサイズで表示します

住所: 東京都江東区亀戸6-15-5 庄司ビル1F 地図はこちら
定休日:日曜
TELは非公開のようです 

ずっと前から、何屋さんなんだろう・・と気になってたのですが、
ある時、小さな窓から地球儀が見えて、むむむ どうやらバーらしい・・と気づきました。
なかなか 機会がなくて、それに入る勇気がなくて行けませんでしたが、
やっと扉を開けて中に入ってみました。

かなり暗い店内。カウンターのみ6席くらい。
いやいや バーはやっぱり雰囲気が大切だね!なんて思ってしまいました。
お酒のむのに我が家とはまったく違う素敵な空間って必要ね。

30代と思われる若いバーテンダーさんですが、これがなかなか
1970年代〜のウイスキー、ブランデーが中心の素晴らしい品揃え
年代モノのリキュールも美味しく、1杯のつもりが2杯といってしまいます。
(ワインはありません)

また私のようなあまり飲めない女性にもやさしいフルーツカクテルを作ってくれます。
この日は洋ナシのカクテル。
洋ナシの皮をむいて、ふきんに包んで絞ったものを入れていました。
丁寧な仕事ぶりであっぱれでございました。

おつまみはOGGIのチョコレートと燻したナッツ、大きなイチゴを出してくれました。

ちょっと心配だったお会計は、年代ものスコッチ2杯とフルーツカクテル1杯、
年代ものリキュール1杯におつまみで約9千円でした。
手に入らない年代ものと考えると高くはありませんぞ。

うーん。この店もやっぱりあんまり教えたくないな〜。
こういう店は一人でゆったりととか、静かな大人2人でゆっくり飲むに限ります。
ギャーギャーさわぐような店ではないので、その点ご注意くださいね。


バー ブランシュ (バー / 亀戸、西大島、亀戸水神)




それにしても
頑張っている人を見ると、自分も頑張らねば!と思っちゃうわ〜
3
タグ: 亀戸 バー



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ