アロマヒプノセラピー くこの実 女性限定 完全予約制  ホームページはこちら

2010/6/7

ごま油とラー油なら 佐原の油茂製油  旅行

千葉県の「小江戸 佐原」。古い町並みには素敵なお店が並んでいます。

クリックすると元のサイズで表示します 連続
左から・福新(呉服)明治26年(1893年)頃の建築 千葉県有形文化財
   ・小堀屋本店(蕎麦)明治23年(1890年)の建築 千葉県有形文化財
     昆布を加工して黒い色を出している「黒切蕎麦」で有名です
   ・正文堂(書店)↓参照

クリックすると元のサイズで表示します 正文堂
書店
明治13年(1880年)の建築 千葉県有形文化財
登り龍、下り龍を配した看板が有り「正文堂」の文字は厳谷修の書(明治29年)です。

忠敬橋を渡ったら、次はごま油とラー油で有名な「油茂製油」(あぶもと読みます)。

そういえば 何故かラー油が流行ってますね〜。

油茂製油 http://homepage2.nifty.com/abumo/index.htm

クリックすると元のサイズで表示します

住所:千葉県香取市佐原イ3398 地図はこちら
TEL:0478-54-3438
営業時間: 9:00〜18:00 不定休

創業350年の老舗。ごま油とラー油のほかに国産菜種油や椿油、えごま油も売っています。

クリックすると元のサイズで表示します 今回のお買い物
玉絞め一番搾りごま油 330g 1000円
ごま油で作った 最高級ラー油 45g 400円

玉絞め一番搾りごま油 とは
古式搾油法の「玉絞め」。
「玉絞め」と呼ばれる石の玉で丁寧に搾り上げ、自然沈殿させて、和紙で濾過。
玉絞めは1回に少量ずつしか処理できず、搾油の仕込みにも、搾ったあとの粕抜きにも、
いちいち人手がいります。
2人がかりで、1日4回搾って月産10トン、これは最大手のメーカーの1/100以下。
なのでこの搾油法は全国でも、ごく数社しか残っていないそうです

ごま油で作った 最高級ラー油 とは
完全手作りのため月間80本しか生産できません。
玉絞め一番搾りごま油 及び 生搾りごま油 を基調に、唐辛子・花山椒・桂皮・八角・
陳皮・長葱・生姜・ニンニクの8種類の香辛料を手作業でじっくり溶かし出した最高級、
無添加本格調味料。 (HPより)

漢方では、 おもに軟膏のベースとして、ゴマ油が使われます。
先日紹介した手術の傷跡には「紫雲膏」。これもごま油がベース。
ゴマ自体は「胡麻仁」という生薬で、滋養、強壮、粘滑、解毒に用います。
また古代エジプトではミイラの防腐剤に使われていました。

ごま油は乾燥している皮膚にもよくなじみ、潤いを保つので
アーユルベーダのオイルマッサージにもよく使われていて、
なんと顔の老化に有効なんだそうな

抗酸化作用があり、紫外線によるシミやシワにもいいわけです

アンチエイジングってやつですな!

他にも二日酔いにもいいし、便秘、動脈硬化予防、ストレスやイライラにも効きます

ごまってなんてすごいんだ!

さて、ゴマには黒ゴマ・白ゴマ・金ゴマとありますね。
薬用には黒ゴマがよいとされていますが、どれでも効果は有ります
(黒ゴマはよく皮膚病で処方される消風散(ショウフウサン)などに用いられている)

ちなみにあんまり真っ黒だったり真っ白だったりするゴマは避けましょう。
真っ黒なゴマは染料で染めたものであり、
真っ白なゴマは苛性ソーダで漂白している可能性があります。

玉絞め一番搾りごま油(330g)

玉絞め一番搾りごま油(330g)

価格:1,081円(税込、送料別)

 



次は鰻ランチ。
0
タグ: 千葉県 佐原 小江戸



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ