アロマヒプノセラピー くこの実 女性限定 完全予約制  ホームページはこちら

2010/8/5

四万温泉「積善館 山荘/佳松亭」  旅行

湯治の下見で訪れた群馬県 四万温泉「積善館」のご紹介。
ちょっと間が開いてしまいました土下座

四万温泉 積善館 http://www.sekizenkan.co.jp/

住所:群馬県吾妻郡中之条町四万甲4236
TEL:0279-64-2101
駐車場 17台 無料 予約不要
チェックイン 14:00 チェックアウト 10:00 

【おさらい】
「積善館」は3棟に分かれていて、通路で結ばれています。
・江戸時代に建てられた湯治の本館 現存する日本最古の湯宿建築
・その裏に昭和11年建築 桃山様式の山荘
・さらにその裏に昭和61年建築の佳松亭

前回は湯治の「本館」を紹介しましたので、次に「山荘」と「佳松亭」を。
本館のところでも書きましたが、
徒歩の場合どの館に泊まるとしても、まずは本館のフロントへ

佳松亭の玄関も別にありますが、徒歩では遠いし行きにくく、
車利用の方が利用する玄関と言っていいでしょう。
本館のフロントに佳松亭(又は山荘)で予約してると伝えると、
佳松亭担当の方が迎えに来てくれます。
それだけ建物が入り組んでいて、わかりにくいのです。

クリックすると元のサイズで表示します こんな風になってます
1〜3階が本館、3〜4階が山荘、5〜8階が佳松亭

クリックすると元のサイズで表示します 本館と山荘をつなぐ通路
一番奥にあるのがエレベータの扉

これが映画「千と千尋の神隠し」トンネルのモデルと言われています
そういわれてみれば・・・・

今回予約したのは、山荘の瑠璃八のお部屋
2010年5月にリニューアルしたお部屋で、ベッドルームになってます。

クリックすると元のサイズで表示します 山荘 瑠璃八のお部屋
12畳+ベッドルーム 2名1室で1人18000円〜

クリックすると元のサイズで表示します 

実はこの部屋。まだ塗料の独特な臭いが残っていて、喘息の私には無理でした。
入って数分で喉がイガイガ。一晩過ごせそうにありません。
素敵な部屋だったので非常に残念。

そういうわけで、フロントへ電話し、違う部屋に変えていただきました。
残念ながら古き良き山荘はもう満室。
佳松亭の標準室しか空いてないということでしたが、それでOK。

というわけで 佳松亭へ。山荘と佳松亭をつなぐ通路はごくごく普通です。

クリックすると元のサイズで表示します 佳松亭 標準の部屋
12.5畳和室 2名1室で1人15900円〜

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します 佳松亭の玄関
この宿の猫 チャトラちゃんがいますよ〜

クリックすると元のサイズで表示します
5階が山荘と佳松亭のフロントになってます

個人的には瑠璃八じゃなくてもやっぱり山荘のお部屋の方が趣きがあっていいですね。

次はお風呂編。




2
タグ: 群馬 四万温泉 旅館



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ