アロマヒプノセラピー くこの実 女性限定 完全予約制  ホームページはこちら

2012/3/28

質良い睡眠は高い美容液より効く  漢方アロマサロン開業への道

ストレス解消、体力回復、細胞の活性化。
全ての体のリセットは眠っている間に起こります。
だから健康のためには睡眠をおろそかにしてはいけませんね。

しかし良い睡眠とは時間ではありません
短くてもぐっすり眠れて朝すっきり目覚めることができればよいのです。

つまり、質の良い睡眠を得ましょう。

質の良い睡眠はストレスによる肌荒れもなくなりますし、
顔色もよくなりますから、高い美容液よりよく効く
のですよ。

では理想的な睡眠にもっていくには何時にどうしたらいいのでしょう

骨・筋肉・皮膚など成長に関する作用と
代謝をコントロールする作用を行っているのは、成長ホルモン
運動後の休息時間帯と夜10時〜深夜2時の最初の深い眠り(ノンレム睡眠)のときに多く分泌されます。
ですから、夜10時までに寝るのが理想的ですね。

体温が低い人は眠りに入りにくい傾向がありますので、
寝る1時間前には40〜41度の湯船に15分ほど浸かって、
身体の芯から温まり、強引に体温を上げる必要があります。
また、胃腸の負担や肥満を考えると寝る2時間前には
食事を終えていなくてはなりません


そのように逆算していくと

夜8時までに飲食を終え、
9時にお風呂に入り、
10時にはベッドに入る


ということになります。

なかなかこのようには行きませんよね。
でもせめて眠りに入りやすくして、最初の3−4時間をぐっすり眠れるようにすればいいわけですから、
寝る前にアロマのいい香りを嗅いだり、ハーブティを飲んだり、
ストレッチをしたりしてリラックスするのはとても良い方法です。

入浴時には腹式呼吸で深い呼吸をすると、
副交感神経に働きかけてリラックスできます。
鼻から吸って、口からゆっくり長く吐き出しお腹をへこませます。

お腹をへこませることで腹筋にも効いてきますから
気になるお腹にもいいですし、
しっかり吐き切ることで古い空気を追い出して
新しい空気を体内に取り込むことも有効です。

また寝る直前には、怖い夢を見たり脳が興奮してなかなか寝付けなかったりしますから
仕事のことや嫌なことをうだうだ考えないこと!
 どうせ考えるならなるべく楽しい気分になることを考えましょう。
怖い映画を見たり、目がチカチカするようなゲームをしないこと!
寝酒は厳禁!
  アルコールが体内で分解されるときに発生する「アセトアルデヒド」は、
  レム睡眠を阻害するので、夜中に起きてしまうのです。


*ispot4月のコラムに掲載予定です。
1
タグ: 漢方 アロマ サロン



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ