アロマヒプノセラピー くこの実 女性限定 完全予約制  ホームページはこちら

2012/7/26

中国旅行6日目 北朝鮮との国境の川、鴨緑江観光  旅行

中国旅行の6日目は、午前中に丹東周辺の観光、午後に猪越先生の講演会見学。

丹東は北朝鮮との国境の町。鴨緑江(おうりょくこう)という川の向こう側が北朝鮮

国境は川の真ん中で分かれると思いきや、
川はお互いの領土で、双方の岸に上がった瞬間が国境越え(お縄頂戴か?)になる。
だから川の真ん中を越えて泳ぐのは許される。
中国からの観光船(クルーザー)も岸ぎりぎりまで近寄ることが出来る。

北朝鮮の新義州と丹東を結ぶ「鴨緑江断橋」が特に有名。
将軍さまが中国入りするときはこの橋を列車で渡ってくる。


●鴨緑江断橋

クリックすると元のサイズで表示します
これがその鴨緑江断橋。今は人が渡る橋。
昔は鉄道の橋で両側に人が渡れるようになってた。

クリックすると元のサイズで表示します
中国側の橋のたもとには、戦車が2機スタンバイ。
しかし、進行方向は北朝鮮側には向けていない。
(いろんな国の記者が寝泊りするホテルに向いてます)
誤って北朝鮮に向けたら、戦争になるとガイドさんが話してくれました。

クリックすると元のサイズで表示します
これも昔のまんま。いつでも使えるようになってるとガイドさんが言ってました。

クリックすると元のサイズで表示します
銅像あり

クリックすると元のサイズで表示します
では早速渡ってみます。

クリックすると元のサイズで表示します
この橋、実は日本製
戦前、日本によって造営され、船を通すために真ん中から2つに分かれる設計です。

クリックすると元のサイズで表示します
橋の歴史みたいなもののパネルがたくさん展示されている。

クリックすると元のサイズで表示します
並行してもう一つ橋がある。北朝鮮からのトラックが見えるでしょ。
鉄道と車の橋となっている。
どうやら時間で区切って、片道運行となっているようだ。
北朝鮮から列車やトラックがやってくるときは空車。
逆に中国から北朝鮮へ向かう列車やトラックは物資で満ぱい。

クリックすると元のサイズで表示します
ここが真ん中。旋回する可動部分。

クリックすると元のサイズで表示します
・・・だったが、
1950年に始まった朝鮮戦争でアメリカ軍の爆撃を受けて北朝鮮側の半分が失われた。

クリックすると元のサイズで表示します
ここから先は向こう側に橋げた部分を残すだけとなっている。
よ〜く見てね。向こう側に北朝鮮の観覧車がうっすら見える。
この観覧車が動いているのを見たことがないと地元の人が言ってました。
あれはハリボテ?

北朝鮮側には普通の民家や建物が建ってますが、人は住んではいないそうです。
だから夜は真っ暗。中国側のライトアップと対照的です。

クリックすると元のサイズで表示します
さて振り返ると、生々しい傷跡。爆撃を受けたそのまんまを保存しています。

クリックすると元のサイズで表示します
その横に売店あり。北朝鮮のお札や

クリックすると元のサイズで表示します
北朝鮮のバッチが売っています。もちろん本物。初めて見た!

●古い薬局で漢方薬購入

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
春天祥大薬房って書いてるのかな?
丹東で最も古い薬局だと紹介してました。

クリックすると元のサイズで表示します
ボケボケですが、生薬を売ってる所と、市販薬を売ってる所に分かれています。

クリックすると元のサイズで表示します
この薬局には3名の中医師が常駐しているらしく、どんな薬を買ったらいいか
脈や舌を見て診断してくれます。

クリックすると元のサイズで表示します
私も見てもらいました。市販薬売り場で店員さんに「加味逍遥丸」をくださいというと
この紙を渡されました。

クリックすると元のサイズで表示します
その紙を持って、まずレジへ。というかお会計場へ。
支払ってレシートを受け取ったらまた売り場に戻り、レシートと引き換えに薬をもらう
というシステム。中医師がいない薬局でも同じようなシステムでした。

私が購入した漢方薬については→こちらをクリック!

●ショッピング!

お土産を買いたいとリクエスト。ガイドさんオススメの場所へ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
地元の人がよく買い物する場所だそうですが、生活必需品のお店ばかりで
お土産になるようなものはなかった。

昔はシルクの店がいっぱいいっぱいあったのに、今は全くない。
もう職人もいないんだそうです。
それにチャイナドレスのお店、刺繍のお店もないんですよ〜。びっくり!
近代化はいいけれど、いろんなもの捨ててるね。もったいないよ。

●ランチ

クリックすると元のサイズで表示します
北朝鮮との国境の町なので、朝鮮料理の店でした。

ここで働く店員さんは北朝鮮の人。丹東にはたくさんいます。
ちょっとやそっとでは逃げ出さない、ちゃんと教育された、しかも美しい女性ばかり。
歓び組(だっけ?)のような若いきれいな女性がたくさんいます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
この日お誕生日を迎えた方がいたのでサプライズケーキ。

しかし、私は急にこの店で気分が悪くなり、全く食欲がなくなってしまった。
食欲が全くないということは実にマズイ事態だなあと思っていたら、案の定、下痢と嘔吐。

この後、猪越先生の講演会があったのですが、
もうそれどころではなくなりそのままホテルに送ってもらいました。
すみません先生。お話聞きたかったのに実に残念でした。

あとはお察しのとおり、トイレとお友達状態。
あれはきっとあの時の水がいけなかったんだ!(それについては→こちらをクリック!

それを助けてくれたのは→こちらをクリック!

夜、私がなんとか落ち着いたころに同室のHちゃんが具合悪くなり、
今度はHちゃんがトイレとお友達。
まあ、中国に一週間も滞在すればたいていこうなるんだから、普通!普通!と
いろんな人に励まされました。
いやいや本当につらかった。急に来たし。翌日は大連への移動日だったから不安でしたよ。
でもなんとかこの夜でピーが治まりましたから、やっぱり日本の漢方薬のおかげだわ。

0
タグ: 中国

2012/7/15

中国旅行5日目 石柱人参栽培見学  旅行

5日目は石柱人参の栽培見学。
天気がよくなかったのもありますが、
本当は虎山長城(万里の長城です)や水豊ダム見学も合ったはずでした。
予定は未定。栽培見学で一日終了。

●ホテルの朝食

クリックすると元のサイズで表示します
バイキング

●車で石柱村へ出発

クリックすると元のサイズで表示します
ごらんの通り、雨です。
この鴨緑江の向こう側に見えるのが北朝鮮。
家が建ってますが、そこは中州にあたり、誰も住んでないそうです。
北朝鮮の話は次回に詳しくするとして、

クリックすると元のサイズで表示します
寄るはずだった虎山長城。万里の長城。

クリックすると元のサイズで表示します
車からは見えたけど、写真にはうまくおさまりませんでした

クリックすると元のサイズで表示します
途中トイレ休憩。ったって山ん中。何にもないから傘で隠して道端で。。。

クリックすると元のサイズで表示します
やった〜着いた〜と思ったら、ここは売店。
石柱人参と蜂蜜を売ってました。
栽培してる様子が上から見えるからここに寄ったみたい。説明あり。

クリックすると元のサイズで表示します
このように段々畑状態で人参を栽培しています
ここの日当たり具合や土の状態がとてもいいのだそうな。

クリックすると元のサイズで表示します
石柱村到着。めっちゃ遠かった。
これが伝説の石柱。
なんでも100年前って言ったかな?
野生の人参を探しに来た夫婦がようやくこの地で見つけ、
10数年後にまた来るための目印として、石の柱を建てその近くに木を植えたのだそうな。
当時も今も野生の人参は超高級品
あ、当時は皇帝周辺しか手に入らないものか。

クリックすると元のサイズで表示します
ここからは車を降りて軽い登山です 小一時間歩きましたかしら?

クリックすると元のサイズで表示します
上に見えるのが栽培場所

クリックすると元のサイズで表示します
これで15年ものだそうです

クリックすると元のサイズで表示します
特別に抜いて見せていただきました。
案外すんなり抜けちゃうのでびっくり。
これを乾燥させて生薬として使うわけですな。

クリックすると元のサイズで表示します
この村の農家の様子。家畜を飼ってるし、トイレは別棟にあって
都会の建築ラッシュとは程遠い、昔ながらの生活ぶりです。
私は15年前の旅行を思い出しました。みんなこんな感じだったもんなあ。

クリックすると元のサイズで表示します
農家から直接人参を購入。この額入りはサロンに飾ってあります。

クリックすると元のサイズで表示します
このざるに入ってるシリーズは2つ購入して、中医アロマの友人へのお土産に。

石柱人参とお土産の詳細は→ http://red.ap.teacup.com/tabizuki-naho/1713.html

●ランチ

クリックすると元のサイズで表示します
山奥なので、食事をする場所がありません。
公民館みたいなところに、農家のみなさんお手製のお食事が振舞われた様子。
状況よくわかってなくてすみません。
これがすっごく美味しかった。
出発するわよ〜と言ってるのにいつまでも食べてました。

しかし、たぶんここの水がいけなかったんだと思う・・・

クリックすると元のサイズで表示します
中国の製薬会社と広島大学が共同開発した新しい健康飲料を試飲させていただきました。
なんと第一号!美味しかった〜。

クリックすると元のサイズで表示します
最後にお粥。これはコーリャンってやつか?これも素朴で美味。

クリックすると元のサイズで表示します
これがこの公民館のトイレです。建物の外にあります。
男女別々ではありますが、隣同士。
鉄格子から丸見えでございます。んでもってぼっとんです。

クリックすると元のサイズで表示します
戻ってきました丹東。駅の前には恒例の毛沢東さん。

●晩御飯

クリックすると元のサイズで表示します
この日は翌日の満州族の医療会合の前祝パーティにお呼ばれ。
われらが猪越先生がこちらの会合で講演をするのです。

クリックすると元のサイズで表示します
この川沿いには北朝鮮国営のレストランがあり、そのひとつで晩御飯。
ショーが続いています。

クリックすると元のサイズで表示します
今日もご馳走

クリックすると元のサイズで表示します
このナマコのでかいこと!日本のナマコは歯ごたえがありますが、
こちらのナマコはぐにゅぐにゅ。コラーゲンのゴムって感じ。
やっぱ美味いものではありませんのう。しかし食べましたよ!

クリックすると元のサイズで表示します
鴨緑江の夜景。こちら側はにぎやかですが、川向こう北朝鮮はまっくらです。

●ホテルのマッサージ

クリックすると元のサイズで表示します
ホテルのマッサージルームでマッサージしてもらいました。
服着たままボディ60分で確か日本円で1200円くらいだったかな。
痛かった〜
0
タグ: 中国

2012/7/14

中国旅行4日目 中国の新幹線で瀋陽駅へ  旅行

4日目は移動日。
朝9時にホテルを出発して長春駅から新幹線に乗って瀋陽駅へ。
所要時間は2時間。その後、バスにて丹東へ。

●その前に有志で太極拳
ホテルの近くにある公園へ。とは言っても片道徒歩15分くらい。

大通りを渡るのに、信号がないんです! だからもう命がけ!

最近裕福層の増加に伴い、当然車も増えて交通事故が多発しています。
日本と違って、人優先ではなく車優先。轢かれたら人が悪いということに。。。こわっ

クリックすると元のサイズで表示します
この辺も建設ラッシュ。
ちょっと前のビルと高級マンションの違いがわかるかなあと思って写真撮りました。
奥の茶色のマンションが高級感あふれる作り。
でもどこもこんな感じの西洋風(?)マンションばっかり建ててます。
流行ってことかな?

クリックすると元のサイズで表示します
南湖公園

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
時間がないので、入り口近くで太極拳開始。ゆるゆる〜

●ホテル出発

クリックすると元のサイズで表示します
こんな風に車の渋滞。駅まで15分くらいの距離なのに、どんくらいかかったっけ?
っていうくらいかかりました。

クリックすると元のサイズで表示します
途中繁華街を通ったので写真に収めました

クリックすると元のサイズで表示します
満州時代の建物が見えてきました ここは当時、関東軍司令部があったところ。
今でも満州時代の建物は役所とか病院として使われています。

残念ながら、今回の旅行ではラストエンペラー「愛新覚羅溥儀」の宮殿だった
偽皇宮にはいけませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します
長春駅到着

クリックすると元のサイズで表示します
駅前の様子

●中国の新幹線に乗る
クリックすると元のサイズで表示します
長春駅の入り口 入ったら荷物チェックを受けてエスカレーターで上階へ

クリックすると元のサイズで表示します
指定券の人は特別待合室に入れるのかな?
ここでお土産の白酒(パイチュウ)ミニ購入

クリックすると元のサイズで表示します
この部屋の一角にさらに高級待合ブースあり

クリックすると元のサイズで表示します
駅のホームはまだ完成しておらず。
指定席券をお持ちの方は行儀よく並んでおりました。
やっぱり裕福層だから教育が行き届いているのかしら?

新幹線内の通路はさんでお隣には、おばさんが座ってらしたのですが、
お話が出来て、女医さんだとわかりました。
今はリタイアして別荘と自宅を行き来。
見かけは普通のおばさんだけど、よく見るとコーチのバック持ってたりして
ああ、やっぱり裕福層なんだとわかります。

クリックすると元のサイズで表示します
中国高速鉄道
これがその新幹線じゃ! 日本のにそっくり!

クリックすると元のサイズで表示します
今回の切符 TH○の数字がパスポート番号だけれど、手違いで私の番号ではありません。
それでも乗れましたよ。

クリックすると元のサイズで表示します
ここはどこじゃ? 中も日本の新幹線そっくりじゃん!
我らがチョコなんぞ食べてる間、みなさん、野菜を持参されてて
きゅうりぼりぼり、フルーツ食べたりしてました。

クリックすると元のサイズで表示します
瀋陽駅到着 写真は駅前の様子
どこもかしこも工事中。荷物ごろごろ、階段持ち上げて大変でした。

●ランチ

クリックすると元のサイズで表示します
柏晶酒店

クリックすると元のサイズで表示します

●瀋陽から車で3時間かけて丹東へ&トイレ事情
クリックすると元のサイズで表示します
毛沢東の像をよく見かけます

クリックすると元のサイズで表示します
高速道路途中のトイレ
ここのは胸くらいまでの扉。カギ付いてるけど掛からない

クリックすると元のサイズで表示します
中国国内は下水道がうまくいってないので、紙を流せません
これは高級ホテルに行っても同じ事。
自分の部屋のトイレがすぐつまっちゃったらいやでしょ。
だから近くにあるかごにティッシュを捨てます。
キレイな話ではありませんが、日本のティッシュみたいな薄っぺらだと
すぐしみてしまうので、こちらの紙はまるで食事に使うナプキンのように
大きくて厚いのです

まあ、15年前に中国に行ったときに比べたらトイレはきれいになったもんです
それにしても これはどっち向きでするもんなんでしょう?
よくわからないまま帰国しました

クリックすると元のサイズで表示します
丹東到着。ここも建設ラッシュ!

●ホテルチェックイン後 晩御飯

クリックすると元のサイズで表示します
鴨緑江大厦(オウリョクコウタイカ) 4つ星ホテル

クリックすると元のサイズで表示します
お部屋 ちなみに長春の紫荊花飯店の方がいい感じ

クリックすると元のサイズで表示します
晩御飯の店の前にあったバス停

クリックすると元のサイズで表示します
今日の晩御飯の店名、不明

クリックすると元のサイズで表示します
日本の製薬会社方々と広島大学の方々と合流したので
でっかい円卓で。20人以上座れます

クリックすると元のサイズで表示します
珍品!蚕(かいこ)に挑戦!
滋養強壮ってことで補腎

クリックすると元のサイズで表示します
中を食べるらしいです〜 よく知らずに殻も食べちゃいました。
ちなみにおいしくはないですが、ここの名物料理なのです

クリックすると元のサイズで表示します
次なる珍品。これはデンデンムシと聞きましたが本当かな?
エスカルゴっていうとまあいいかなと思いますが、やっぱりでかくてグロいと引きますな

クリックすると元のサイズで表示します
刺身を出してくれたのはいいけれど、色鮮やかでして。
写真ではよくわからないと思いますが・・

ここ丹東は北朝鮮との境にある都市
鴨緑江は川の名前ですが、この川を渡るとそこはもう北朝鮮。
北朝鮮と中国を渡す鉄橋が有名。ここの観光については6日目参考のこと。
0
タグ: 中国

2012/7/13

中国旅行3日目 長春中医薬大学研修A  旅行

中国研修旅行の3日目は中国吉林省にある長春中医薬大学短期研修。
推拿(中国式マッサージ)の実技指導の2日目にして最終日。

まず、推拿の説明を。

推拿とは:byウィキペディア
中国大陸明代以後、医療行為としての按摩は推拿(すいな)と呼称されるようになった。これは日本では中国整体と呼称されるものであり、現在の中国政府も公式な中医学の医療用語として「推拿」を採用している。現在、日本国内の按摩と中国大陸の推拿は、技法は近似でも用法が全く違うので要注意である。
日本において中国整体という民間療法が行う技法の多くは、推拿の一部の専門手法を用いた推拿式整体療法といえる。しばしば中国整体を日本でいう按摩と誤解される場合があるが、それは按摩が推拿の技法に一番近いことも関連する。現在では、数は少ないが推拿専門の教育機関も存在している。
「推」には手を一方向へ押し進めるという意味があり、「拿」にはその押し進めた手で掴みあげるという意味がある。中医学では、その理論に基づいて経絡や筋肉・関節などに様々な手技(後述の按摩の基本手技と同一のものも多い)を用いて疾病の予防・治療を行っており、鍼灸と並んで「推拿科」として治療をしている病院も多い。また、中国には法的にも推拿師・保健推拿師・推拿医師という資格がある。

●午前の授業

さてこの日の午前中は国賓クラスの患者を診ている宋先生の授業

明らかに特別待遇でラッキーです。

特別な方だから、朝くれぐれも遅刻しないようにと他の先生、
事務局の方々から念押しされました。

しかも、私自身がモデルとなって診て頂きました!貴重な体験です!

クリックすると元のサイズで表示します
写真は顔と頭部

クリックすると元のサイズで表示します
お腹をさすっているだけなのに、さすってるのとは違う感覚。
この後、胃腸が悪いねとおっしゃって、胃をつかんで揉んでして下さいました

クリックすると元のサイズで表示します
宋先生のお手手、ぷっくり。大きくて温かくて安心感のある手。うらやましいです〜

●ランチ

クリックすると元のサイズで表示します
泉家居酒楼

クリックすると元のサイズで表示します
野菜中心でほっとします

クリックすると元のサイズで表示します

●午後の授業

メンバーの中に2日目にして早くもダウンの方が。
ホテルに戻って休んだら?とか、先生に診てもらったら?と勝手に皆が話していた中、
講師をして下さっていた先生が診てくださることに!

なんたって、内科推拿の先生ですから!(日本にはない科目です)
中国内でも内科推拿を出来る先生が少ないそうで、
どんどん伝統が継承されなくなってるとのこと。これは残念です。

具合が悪くなった方には大変申し訳ないのですが、実際にどうやって患者を診るのか
見学できることになり、それはそれでまたラッキーだったのでした。

クリックすると元のサイズで表示します
顔色が真っ白。あきらかにやばそう・・

今回授業で教えた内容ではないけれど・・と先生はおっしゃって治療開始。
脈と舌を診て、気を通し、うーんよくわかんないけど、
見る見るうちに患者さんの顔色が良くなってきました!

す、すごい・・・
いや、実際の私はすげーっ とあんぐりな状態でした。

うーむ 恐るべし 中国4000年の歴史。

結局、この日診ていただいたおかげで、この後、彼女は元気を取り戻したのです。
私とは正反対に・・そうです、私は6日目あたりから具合悪くなったのです〜。
それはまた後ほど語ることにしまして、

この後、2階の薬局見学。残念ながら、もう閉まってたけど。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

●夕食

クリックすると元のサイズで表示します
元盛居餐庁

クリックすると元のサイズで表示します
ラムの鍋。にんにくも美味し。食器がパッキングされてるのが中国らしいな

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
タレ。赤いのは臭豆腐(しゅうどうふ、チョウドウフ)。
沖縄の「豆腐よう」に近い発酵食品。これ、苦手〜
なので、使わず。

クリックすると元のサイズで表示します
最後に麺で〆ます。麺はうどんみたいでもっちもち。

ホテルに帰った後は、気が向いたメンバーとホテル内の喫茶店でウーロン茶を堪能。


*この中の写真数枚は東西中医アロマスクールのブログから頂戴いたしております。
 特に自分の施術中の写真ねっ
0
タグ: 中国 長春

2012/7/12

暑中お見舞い申し上げます。  分類なし

サロンの暑中お見舞いハガキを、順次発送しております。

デザインを担当して下さったのは、Kさん。

素敵なハガキをありがとう

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ