アロマヒプノセラピー くこの実 女性限定 完全予約制  ホームページはこちら

2006/10/23

お引越し 日本通運のポカ  40にしてマンションを持つ計画

マンション購入計画。

また全体の流れを簡単に説明すると
申込み→契約→住宅ローン決定→入居手続会→内覧会→残金決済→引渡し→引越

最後の引越しについて

引越し業者選定については
http://diary.jp.aol.com/applet/tabizuki-naho/20060817/archive

【東京電力・テポーレ】プロにおまかせ引越見積サービス
http://www.tepore.com/hikkoshi/mitsumori/

ここから3社に見積りをお願いして決定したのが日本通運さん。

最初にどうだったか言ってしまいましょう。
引越し作業そのものには満足。

ただし、見積り担当者との連絡がうまく行かなかった
電話しても研修中で1週間いないとか、
メールしてもそんな状態だから返事は来ないし。
いつもしびれを切らしてこちらから電話。

今回は引越前日に女性4人に来ていただいて箱詰め作業をすることになっていた。
彼女たちがくる前に段ボールを事前にいただかなくてはならない。

でも段ボール運び込みの日程はどうしましょう?とか
彼女たちは何時に来るとかって連絡もなかったし、
普通直前にはこの内容で大丈夫ですよね?って
確認の電話がくるもんだと思ってましたがそんなのも一切なし。
保険のこと説明しておいて、用紙をどうするか(当日でいいのか事前提出なのか)
そういったこともこちらから聞き出さなきゃならなかった。

っていうか、見積もってもらってからただ一度も向こうからの連絡はなかったのだ。

それって営業としてはどうなのよ?
って思ったよ。

でもこれって日通さんという会社というより
その人、個人だと思うので
運が悪かったのだと思っていた。

ところが、引越し当日、エアコン業者の手配がされてなかったことが判明。

朝9時から引越作業の方々はちゃんと来てくれて、
まあ時間はかかったけど  こちらの予定が狂ったけれど
(運び込み終了時間夕方4時。間休憩お昼含めて3回。ちなみに同区内の引越である)
その分丁寧にやってもらったと思えば、文句はない。
前日に来てくれた箱詰め作業の女性たちにも満足している

エアコン担当の業者さんにももちろん文句はない。むしろ気の毒であったぞ。
とくかく来てエアコンを取り外せしか聞いてないらしく、
設置日を決めたらちょー急いで帰っていった。

どの業界、どの会社でも同じだと痛感したのは
現場と事務方とのギャップ。
事件は現場で起こってるんだ・・だな。(あれ?セリフ違ってた?)

これがうまくいかないと余計経費と時間がかると思うんだけどなあ。。。

あそうそう、おまけに引越し前日に新規購入したテレビと冷蔵庫が新居に入る予定だったが、
これも配送手配ミスがあったのだ。
連日だったのでむかつきも大きくなった。
これについては次回にすることとして、

やっぱり最後は人。コミュニケーションの難しさを感じるよ。
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ