アロマヒプノセラピー くこの実 女性限定 完全予約制  ホームページはこちら

2007/10/5

新富町の鰻屋「青葉」  鰻・うなぎ

そろそろ鰻が食べたいね〜とだんなが言い始めたので、新規開拓しようとチェック。
実は鰻の旬は冬。油がのりますからね〜。
でもあんまり油ノリノリだと下手な店ではうぷってなっちゃうでしょうから
今くらいがお試しするのにちょうどよさそうと思って。

ネット見てたら鰻が食べたくなってきたので会社帰りに近場で行ってみました。

うなぎ 青葉 http://nature.mods.jp/aoba/

クリックすると元のサイズで表示します

住所:東京都中央区新富町1-5-5 トーア新富マンション1F
TEL: 03-5541-3633
営業時間:11:30〜20:30
定休日: 日曜・祭日
JR京葉線 東京メトロ日比谷線 八丁堀駅A3出口より徒歩5分(現在A3出口は封鎖中)
都営浅草線 宝町駅から徒歩3分
東京メトロ有楽町線新富町駅から徒歩5分

クリックすると元のサイズで表示します

今回いただいたのは: うな丼(青葉)3000円
クリックすると元のサイズで表示します
最初に肝焼きが出てきた
クリックすると元のサイズで表示します
うな丼

神戸元町に本店を持つうなぎ屋さんですが、東京風のようです。
新しいお店らしく、店内もきれいでした。

うな丼1500円、うな丼(青葉)3000円、うな重3500円というラインナップ。
他に豆腐といった一品料理もあります。

店のイチオシはやっぱり店の名前が付いてるものなんだろうと思って
ちょっと奮発。青葉3000円にしてみました

こちらのお店はちょっと変わってますね。
うな丼を頼んだだけだと思っていたら、まず肝焼きが出ていました
これはふっくらしてて美味しかった。
ここで肝を使ってるからだと思いますが、肝吸いではなく味噌汁でした。
次にうな丼が出て、最後にデザート。
この中で最も美味しかったメロンが出てきました
(1500円のうな丼でも肝焼き・デザートが出てくるようです)

お店に入ったらおしぼり・お茶のほかに雑誌を持ってきてくれました。
これはちょっと嬉しいかな。
雑誌を持ってくるくらいだから時間がかかるのかと思いきや、10分で出てきましたが。
ちょっとしたことで他店との違いを出そうという取組みだとしたら
頑張ってると思います。
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ