アロマヒプノセラピー くこの実 女性限定 完全予約制  ホームページはこちら

2013/7/29

ハンケアボディデトックスコースのキャンペーン♪  漢方アロマサロン開業への道

サロンの8月からの新メニュー ハンドトリートメントと美肌石を使った「ハンケア」。

クリックすると元のサイズで表示します

ハンケアの詳細は⇒ こちら


8月〜9月のクーポンで90分コースを特別価格でご利用いただけます。


ハンケアボディデトックスコース 90分18000円を

特別価格 9500円で♪


【注意事項】

神経が多く存在する背中、肩、首は筋肉が硬直しやすく、血管が圧迫されるため、老廃物がたまり、ハンケアを終えた後には毒素(あざのような赤み)が出やすい箇所です。

この赤みは、3日から一週間で取れますが、背中ががっぽりあいた服や水着になる方は、事前におっしゃっていただければ残らないように致します。

夏の暑いさなかではありますが、8/10(土)〜18(日)は朝10時〜夜8時まで営業いたします。
当日予約は不可、前日までにご予約をお願いします。

なお、期間中は何度でもOKです!


ご予約・お問い合わせはホームページからお願いします。

くこの実ホームページ ⇒ http://kukonomi.jimdo.com/


0
タグ: 漢方 アロマ サロン

2013/5/1

新メニュー!漢方スチーム(よもぎ蒸し)・贅沢ハーブスチーム  漢方アロマサロン開業への道

サロンの新メニュー!漢方スチーム(よもぎ蒸し)と贅沢ハーブスチームとは

よもぎ蒸しは、よもぎを煎じて下半身を蒸す、韓国に伝わる民間療法です。スチーム効果とよもぎの薬効成分により、血行促進、陰部を直接温めることから特に婦人病に良いと言われています。 体を芯から温め、生理痛、手足の冷え、更年期障害、痔、便秘の改善が期待されます。

●体の芯から温め、骨盤内の血流UP
●デトックス(毒素排出)、発汗
●経皮吸収、粘膜吸収
●よもぎは芳香療法・血行促進・殺菌浄化
 
【どんな人が向いているのかというと】
 
●生理痛、生理不順、冷え症の方 
●40代以上又は妊娠の予定がない方 
●ダイエットを目標にする方
●これから妊娠を予定している方 
●健康維持、いつかは子供を
●子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣嚢腫などの症状を改善したい方 
●普段汗をかかない方

よもぎ他漢方ベースのものと、ハーブベースのものの2種類をご用意。

*漢方スチーム(デトックス)の材料
よもぎ、益母草、陳皮、ドクダミ、オオバコ、当帰、ミント、とうもろこしのひげ、ローズマリー
*贅沢ハーブスチームの材料
ローズマリー、ラベンダー、タイム、カモミール、ペパーミント、ローズ、ジャスミン

大きな違いは、香りです。効果が薄れるため、シャワーを浴びずにお帰りいただきますので、帰りの電車のことを考えるのでしたら、ハーブスチームをお勧めします。

スチーム単体でのご利用も可能ですが、中医アロマトリートメントの前にスチームを受けていただいた方がより効果的です。

只今、6月末まで初回のみ特別価格でお試しいただけます。
・スチームのみのご利用の場合3000円のところ→ 2500円
・中医アロマボディ60分に追加の場合+1000円のところ→ +500円(トリートメント代別途)

スチームのお時間は40分〜1時間。もちろん早く切り上げていただいても構いませんが20分はスチームしてください。

この機会にぜひ♪

Facebookにいいね!した後ご予約いただくと、スチーム単体をさらに500円OFF⇒
http://www.facebook.com/kanpoaromakukonomi
0
タグ: 漢方 アロマ サロン

2013/3/17

そろそろ紫外線対策 その2  漢方アロマサロン開業への道

紫外線は悪者のようになっちゃってますが、浴びることによって体によいこともあるんですよ。
ビタミンDを作ってくれます。ビタミンDは骨を作るのに必要なビタミン。

しかし、浴び過ぎはもちろんいいことがありません。

前回は紫外線の種類と今年から新しく出てきたPA++++と+が4つの日焼け止めのお話
でした。

今回は紫外線と食事について。

私たちの体は何によって作られますか?

そうです!食べることによって、肉や血になるのです。
だから、何を食べるかはとても重要なんですよ〜。

基本的にはバランスの取れた食事をしていれば、肌だけでなく体調にもいいはずなんですが、選べる状態にあるときは、こんなのを取り入れてみたら・・という成分を紹介しますね。

●抗酸化作用のある成分 ⇒ メラニン色素の生成を抑制します

・ビタミンE(ナッツ類、にら、かぼちゃ、さば、いわし、大豆など)
・ビタミンC(赤ピーマン、ブロッコリー、レモン、ジャガイモ、イチゴ、キウイなど)
・ビタミンA・ベータカロチン(焼き海苔、緑黄色野菜 ベータカロチンは少量の油と一緒の方が吸収されやすいです)
・リコピン(トマトが有名)
・エラグ酸(ベリー類に豊富)
他にポリフェノール(赤ワイン、緑茶など)

●お肌の代謝を高める成分 ⇒ 代謝を高めることでメラニンの排出を助けます

・ビタミンC(上参照)
・ビタミンB2(レバー、うなぎ、卵、牛乳、納豆など)
・ビタミンB6(マグロ、鮭、さば、いわし、さつまいも、じゃがいもなど)
・亜鉛(レバー、かき、うなぎ、鶏のささみなど)

こう並べてみても、やっぱりバランスの取れた食生活が大事ってことがよくわかりますね〜。
0
タグ: 漢方 アロマ サロン

2013/3/5

そろそろ紫外線対策 その1  漢方アロマサロン開業への道

今日は暖かいですね。そろそろ紫外線対策のお話しかな。

今回は紫外線の種類について。
美白に敏感な方は既にご存知な内容かもしれません。

種類は3つ。

紫外線A⇒90%がA波。年中天気に関係なく降り注ぎますが、紫外線の中では害が少ない方です。Aはメラニンを作り出して紫外線から肌を守ってくれます。でも、肌には真皮まで届くので、シワやたるみの原因となる「光老化」を引き起こします。紫外線はコラーゲンを作るDNAを傷つけるのです

紫外線B⇒オゾン層が吸収してくれるので地表には届きにくいですが、夏のよく晴れた日は要注意!Bはお肌の表皮までしか届きませんが、Aよりも害が多くシミ、シワ、乾燥、免疫力低下、皮膚がん、白内障などの影響があります。日焼けによる赤みはこのBによるものです。

紫外線C⇒紫外線の中で最も有害。こちらもオゾン層が吸収してくれるので地表には届きにくいですが、山の頂上は要注意!あまりにも強力で皮膚がんなどに影響がありますが、まだ詳しくわかってないそうです。人工的に作ったCを殺菌灯に利用し医療現場などで使っています。

さて、日頃目にしている日焼け止めには「SPF」や「PA+」と表示されていますね。

SPFは、紫外線Bをブロック。値が大きければ防ぐ時間も長いから良いと思われがちですが、その分肌への負担も大きくなります。また、値が30以上はさほど長くなりません。

PAは、紫外線Aをブロック。+の数が多いほど効果があるとされています。+++と3つのものが主流でしたが、今年に入って+が4つのものが出て来ました

では、実際どんなものを選べばいいのでしょう。

科学は日々進化しています。目安としては まず新製品を選ぶ
後は用途によって変わってきます。

●余り外出しない方は、肌に優しいSPF10〜20/PA+
●通勤するOLさんは、SPF20〜30/PA++または+++
●テニスなどの屋外に長くいる方は、SPF30〜50/PA+++
●海やプールは、ウォータープルーフ

会社や教室で窓際にお座りの方は、年中無休の紫外線A対策は季節に関係なく必要ですね。PA+は3〜4でしょうか。

また年齢が高い方も肌老化のことを考えてPA+は3〜4。

値が高いほど肌に負担がかかるのを忘れないで下さいね〜。
そして、たっぷりとムラなく、こまめに塗りましょう
恐らくほとんどの方は今までの量では少ないと思いますよ〜。

もちろん帽子や日傘、サングラス、長袖シャツ(綿は紫外線を通しやすいのでポリエステルなどの混紡がいいです)などで日差しを遮るアイテムが有効ですよ!

次回は紫外線対策 食事についてです
0
タグ: 漢方 アロマ サロン

2013/2/27

その便秘、解消しましょう!その3  漢方アロマサロン開業への道

《今回もタイトルどおりの内容ですので、お食事中の方はごめんなさい》

便秘がちな方はそれなりに努力されていると思います。

・食物繊維を多く含む野菜を食べる
・ヨーグルトを食べて善玉菌増やす
・運動する                など その努力は間違いではありません!

できることから始めましょう。

しかし、それでも出ないんだよね〜という方は、惜しい!
ご自分の体質にあった対処の仕方が足りないと思うのです。

昨日のブログを参考にしてみてくださいね。

サロンではこういったアドバイスのほかに、有胞子性乳酸菌「スマートラックス」(健康食品)を販売しています。

クリックすると元のサイズで表示します

有胞子性乳酸菌とは、いわゆる「生きたまま腸まで届く乳酸菌」のことで、胃酸,胆汁や熱に強く、胞子の状態で腸に届いて、腸内の環境(適度な水分と温度)におかれると、発芽しそこで繁殖します。

長時間にわたり増加し続けるのが特長で、その結果、腸内は常在菌であるビフィズス菌をはじめとする乳酸薗が増殖し易い環境となります。

よく耳にするビフィズス菌などの胞子がない普通の乳酸菌はたくさんの食品に含まれていますが、胃酸や胆汁に弱く、熱にも弱いため そのほとんどが胃の中で死滅してしまいます。

(ほとんどが死滅しても残りのちょぴっとが腸に届いているからと「腸まで届く」と詠っている食品はたくさんあるらしいです)

善玉菌は、乳酸菌を利用することで増加しますが、その善玉菌には、以下のような機能があります。

・糖質を分解して乳酸や酢酸を作り、腸内環境を綺麗にする
・腸内を酸性にし、有害菌の繁殖と有害物質の産生、吸収を抑制する
・腸のぜん動運動を刺激して便秘を防ぐ
・超粘膜を覆い、病原菌の侵入を防ぎ、感染を防御する
・ビタミンB群やビタミンKをつくる
・免疫を刺激して、抵抗力を高める

最近は、インフルエンザ予防や花粉症の改善で注目を集めています。

便秘や美肌だけじゃないんですよ〜。

3月のサロンクーポンで、先着5名さまに 2包お試しサンプルをお渡しします。是非ご利用ください。
0
タグ: 漢方 アロマ サロン



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ