アロマヒプノセラピー くこの実 女性限定 完全予約制  ホームページはこちら

2005/10/5


小松にある中国茶専門店「清華茶荘」でお茶と点心を堪能した後、高速道路へ。
お昼は行きでよかったハイウェイオアシスにしようと決めていた。
しかし「ハイウェイオアシス小布施」までは遠いし、どうせなら違う場所がいいでしょう。
*「清華茶荘」については10/2のブログ、「ハイウェイオアシス小布施」については9/25のブログ参照。

小松を過ぎてすぐにハイウェイオアシスがあったが、その後は北陸自動車道にはないようだった。
そうだよね。考えてみれば、いつも空いてる高速道路にそういう施設作ったって意味ないもんね。
たとえお盆であっても北陸自動車道が混んでるなんて聞いたこと無いって小松在住の人が言ってた。

上越から上信越自動車道に入る。ここなら長野県だから、いっぱいあるでしょ。

待ってました、ハイウェイオアシス新井。道の駅「あらい」があります。
とはいっても上越からすぐのところにあったわけではないのだが。

回転寿司などがあったけど、我らは、手打ちそば「四季彩館ひだなん」に。

クリックすると元のサイズで表示します

長野県に来たらそばでしょう!と思って入ったんだけど、
実はここはまだ新潟県だったのだ。な〜んだ。
でも手打ち。期待は高まる。

クリックすると元のサイズで表示します
鴨南蛮付け汁そば

しかし、一言で言うと、普通。ごく普通の蕎麦屋と変わりない。
だんなと「手打ちなのに何でだろう?」と話し合った。
やっぱり原因はそば粉なんではないだろうか・・・
確かに新そばがもうちょっとで出るというこの時期、夏そばは美味しくないのだが、それにしても・・・

頑張ってくれ〜。

後で知ったが回転寿司「きときと寿司」の方はなかなか繁盛しているらしい。
他にもお店があったようだが、気づかなかった。

食事をしたのみで、珍しく何も買わずにまた高速道路へ。
無事帰宅したのは夜6時半ごろ。
急いで猫「モンジ&ブンタ」を預かってもらっていた病院からピックアップ。
2人(2匹)はすこぶる元気であった。

結婚10年記念旅行はこれにて終了。充実。
0

2005/10/2

北陸小松 中国茶専門店「清華茶荘」で堪能 2005.9.24  【ダイビング】 能登ダイビング・金沢旅行2005.9

連休のなかび。翌日になったら絶対渋滞にハマルと思ったのでこの日に帰宅。
アパホテル金沢片町で朝食を取った後、来た道を帰るのだが、その前にだんなの知り合いのお店に寄ることにした。

なんでも早々と会社を辞めて、ご夫婦で趣味の中国茶のお店を開いて7年目に入ったそうだ。

中国茶専門店「清華茶荘」 http://www.d3.dion.ne.jp/~seikatea/

住所: 〒923-0835 石川県小松市吉竹町4丁目114番地
TEL:  0761-20-2306
営業時間: 午前10時〜午後7時頃

以前中国に出かけたとき以来、中国茶には興味があったので喜んで出かけた。
お店の場所はのどかな感じで、もし家の近くにあったらしょっちゅう行きそう。
ご主人も穏やかな方で、お店の雰囲気もとてもよい
中国茶の入れ方教室を開いているので上手にいれたい人は是非どうぞ。

いただいたのは
武夷岩茶(大紅袍)→ 幻の名茶とか茶王と言われ、奥深い渋みと甘味が特徴 1000円
白牡丹珠 → 新芽と水仙の茶葉などをブレンドしたお茶で、飲み易く気持ちが落ち着く 500円
凍頂烏龍茶 → 台湾の凍頂山でとれる上品な香りと深い味わいのお茶 500円
小籠包 300円
野菜まん 300円
プーアールゼリー 400円

クリックすると元のサイズで表示します
白牡丹珠

クリックすると元のサイズで表示します
小籠包

クリックすると元のサイズで表示します
野菜まん

クリックすると元のサイズで表示します
ボケてるけど点心とデザートのメニュー

武夷岩茶(大紅袍)は作法どおり、ちゃんと小さな湯のみに入れ、香りをかいだ
なんとなくこういう風に飲んでいると優雅な気分になってくる

お茶はもちろん、点心も美味しかった。
デザートのプーアールゼリーはプーアール茶のゼリーにアイスクリームが乗ってるんだけどホント不思議によく合うの。これいいわ!って思ったよ。

0

2005/10/1

金沢 アパホテル金沢片町に宿泊2005.9.23  【ダイビング】 能登ダイビング・金沢旅行2005.9

かりん庵」の夕食で満喫した後は、片町にあるアパホテル金沢片町へ。
かりん庵については9/29のブログを見てね!

ここはとにかく立地の割りに格安。夜遊びしたい人で、宿代を抑えたい方はおすすめ。
でもその分、部屋や朝食についてなど多くを期待しないでほしい。寝れればいいくらいね。

この宿が格安なほかに、いい点をひとつ
それは徒歩5分のところにある系列のホテル、アパホテル金沢中央の最上階にある温泉施設が無料で利用できること
本当はこの金沢中央の方に泊まって浴衣のまま温泉に入るのがいいんだけどね。
ちょっと予算の関係で・・・

ビジネスホテルって普通、部屋にある小さな小さなお風呂に入るでしょ。
アパホテル片町の方は外に出なくちゃならないから面倒っちゃー面倒なんだけど、
アパホテル中央へ行けば温泉に入れる
これが案外ゆっくりできてよかった。露天風呂(空しか見えないけど)もあるしね。
ちゃんと待合ルームがあるので家族で来てもテレビ見ながら缶ビール飲んでゆっくり待てるよ。

この辺の温泉は舐めると塩味がする。
温泉につかったままで、普通の水道の水で洗い流したりしないでおくと
その塩分が丁度いい感じで、お肌しっとりになるのよね
こうやって毎日温泉に入れるといいな〜。

あそうそう、別にアパホテルに泊まらなくてもこの施設の温泉には入れます
アパホテル金沢中央 http://www.apahotel.com/hotel/ah_kanazawachuo/index.html
もし泊まるんだったら断然片町より中央の方がいいと思うよ。



0

2005/9/29

金沢 懐石料理「かりん庵」にて夕食  【ダイビング】 能登ダイビング・金沢旅行2005.9

和倉温泉を朝9時半に出発し、金沢へ向かった。金沢には祖母が住んでいる。
実は今回の旅行、本当の目的は91歳(92歳だっけ?)の祖母の元気な姿を確認し
お墓参りしてくること。

祖母は築100年になる古い家で薬屋を営んでいる
店の中も外も私が子供の頃からぜんぜん変わらない。私には懐かしい場所。
今ではそういう古いお店が残っていないそうだ。降り積もる雪に耐える100年。すごいぞ。

午後に別行動していた妹一家と祖母の家に集合。
祖母は5年ほど前に会った時とぜんぜん変わってなかった。年取ってない。うっうらやましい・・・
やっぱり現役で働いてるっていうのがいいのかなあ。長生きしてね!

野田山墓地へお墓参りに。叔父が連れてってくれた。叔父さん、ありがとう!
野田山墓地は加賀百万石、前田のお殿様が眠る場所
他にも著名な方々が眠っておられる(らしい)。

そして祖母と一緒にみんなで夕食だが、条件があった。
・イス席であること
・個室であること
・子供OKであること 
・予算があること
・郷土料理が食べられること

ネット色々調べて結局、高級料亭 金城楼の姉妹店 懐石料理「かりん庵」に予約した。
予約は「ぐるなび」で。いやあ楽になったよね〜。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

懐石料理「かりん庵」 http://r.gnavi.co.jp/r001105/

住所:〒920-0911 石川県金沢市橋場町2-23
電話:076-224-2467

ここは金城楼が若い人にも懐石料理に親しんでほしいと作ったお店。予約不要の店。
金城楼の敷地内にある。カウンターとイス席。

クリックすると元のサイズで表示します
ついでに金城楼玄関

おまかせ懐石「風」
・先附  菊菜と焼舞茸のひたし
・造り  季節の鮮魚
・吸物  帆立真蒸
・焼物  かます幽庵焼
・蒸物  鴨治部
・酢の物 秋刀魚南蛮漬け
・食事  きのこ御飯
・水菓子 無花果ワインシロップ漬け
・抹茶・菓

しか〜し!料理の写真、取るの忘れた・・・
食い意地張ってるから食べ終えてから「あっしまった!」と気づくのである。

お子様ランチも作ってくれたし、イスの席だから気軽で良い。
個室っぽいところでのんびり食事ができた。
つまり条件は全てクリアーできた店なのだ。その上 料理もなかなか美味しかった。
ただ加賀屋の後であったため、特別うまいとは感じられなかったのが残念。

ランチのかりん弁当(3675円)がお手軽でいいらしいよ。

最後nに祖母からの金沢土産
私が大好きな諸江屋「花うさぎ」
クリックすると元のサイズで表示します

諸江屋 http://www.moroeya.co.jp/
0

2005/9/28


泊まった旅館「百楽荘」と「加賀屋」で買った御土産をご紹介。

九十九湾にある「百楽荘
・塩2種 → 海洋深層水のものと奥能登の塩田による手作りもの

和倉温泉にある「加賀屋
・いしる → 冬になったら鍋ですもんね!
・お米1k → 夕飯に食べてなかなか美味しかったので試しに。
・あぶらとり紙 → 金沢といえば金箔。その技法で作ったあぶらとり紙
・お菓子 → 加賀屋オリジナル商品
・雪駄 → 加賀屋の館内スリッパとして利用していたもの。我が家の内履きに

クリックすると元のサイズで表示します
いしる・塩2種
クリックすると元のサイズで表示します
あぶらとり紙
クリックすると元のサイズで表示します
お菓子
クリックすると元のサイズで表示します
雪駄
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ