アロマヒプノセラピー くこの実 女性限定 完全予約制  ホームページはこちら

2010/6/24

本「日本経済の真実−ある日、この国は破産します」  

仕事で読んだ本。

日本経済の真実−ある日、この国は破産します

クリックすると元のサイズで表示します

著者:辛坊治郎、辛坊正記
出版:幻冬舎 1000円

個人的感想
私の知ってる辛坊さんはアナウンサー
経済の本を書いちゃうような方とは存じませんでした。

この本は実のお兄さん(会社専務、MBAをお持ち)と協力して書いています。

基本的には私のように経済がよく分かってなくて
だんなに呆れられちゃうような人向けの経済入門書

最初の「『GDP』ってなあに?」は読みやすくて、良かったんですが、進めば進むほど、

この人が言ってることは正しいの?

という不安が…

もしこの本を読んで経済に興味を持ったなら、鵜呑みにしないで、
他の本も読まなきゃいけない気がします。

私の結論はやっぱり日テレのキャスターやな〜 です。

いくら読みやすくするためと言っても
「く○くるぱ〜」といった言葉を本という公の場所で使うような人は
好きになれないな〜。

結局破綻しないように回避するにはどうしたらいいかという提案もないし。

うーん、頑張れニッポン拍手

日本経済

日本経済

価格:1,000円(税込、送料別)


0

2010/3/21

WOWOWのドラマ「SOIL」  

WOWOWのミッドナイト☆ドラマ「SOIL」(土曜の24時) http://www.wowow.co.jp/drama/soil/
が不気味に面白いので漫画を買ってしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します
漫画「SOIL」は現在9巻出ていて、継続中です

著:カネコ アツシ
出版社:エンターブレイン

内容:郊外の住宅地を舞台に、そこで起きる様々な奇妙な現象の謎を、
   新米刑事とその上司が解いていくツイステッド・ミステリー。
   (個人的には3巻あたりから20世紀少年っぽくなってきたなと思っております)

ドラマでは:事件解決のために派遣されたブスの新米刑事・小野田巡査役を星野真里が
      小野田の上司で事件の真相に迫る横井巡査部長役を田山涼成が演じる。
      監督は映画「呪怨」シリーズを製作した清水崇と、
      「魁!!クロマティ高校」の実写映画などを手掛けた山口雄大が担当する。

ドラマは今日現在で全8話中 4話終了。真ん中まで来ちゃいましたね。
ドラマを見てて面白いと思った方はぜひマンガを読みましょう。
漫画とドラマではあえて話を変えてあるそうなので、
マンガを先に読んでいたとしても別のソイルが楽しめます。
また主役の刑事2人と自治会長さんが漫画とそっくりで、笑えます。

それにしてもさすが映画「呪怨」の清水崇監督
平穏そうな「そいるニュータウン」がどこかしら不気味に写るのが素晴らしい。

最近の漫画実写版、作ってる世代が漫画世代だからか、
大事な部分を忠実に再現していて、がっかりしないどころか楽しくていいですね〜

【中古】SOIL ソイル 1-7巻 カネコアツシ 2,790 円
   クリック!→ 

【予約】 SOIL(10) 798 円(2010年3月発刊予定)
  クリック!→ 
0
タグ: 漫画 ドラマ化

2009/5/1

本「奇跡のリンゴ」  

横道それたついでに。
仕事で本を読まされる。

今回の課題図書は、売れている本だ。

奇跡のリンゴ 「絶対不可能」を覆した農家木村秋則の記録

出版社: 幻冬舎

農家 木村秋則さんはNHKの「プロフェッショナル仕事の流儀」で
2006年12月に放送、紹介された。それの拡大版。

農業の話だ。ワインでいうところのテロワール。
長い道のりに涙が出てくる。
あっという間の3時間程度で読めます。読むべし

 クリック!→  奇跡のリンゴ 1,365 円

このリンゴで作ったリンゴ酢も売ってるんだね。
  クリック!→  840 円

1

2009/3/6

愛を感じる「猫毛フェルトの本―うちの猫と作る簡単ハンドクラフト」  




飼ってる猫をブラッシングして集めた毛で作るフェルト雑貨

いや〜 猫好き女性なら思わず買っちゃう本だね。
ばっちいなんて気持ち全くないもん。

愛だな 愛

というわけで、ネットで購入。

よく考えたら犬でもOK? 犬の毛では固いかにゃ?
0

2009/1/24

本「ミッドナイトイーグル」  

映画にもなった「ミッドナイトイーグル」。
出演は大沢たかお、竹内結子、玉木宏など。

だんなが映画を観て、こんなにつまらないはずはないと原作小説の方を買ってきた。

クリックすると元のサイズで表示します 著:高嶋哲夫

おはなし
米空軍のステルス爆撃機が北アルプスに墜落!
その搭載物をめぐって男たちの死闘が始まった。
報道カメラマン西崎勇次もその渦中に…。
かたや週刊誌記者の松永慶子は、横田基地に侵入・逃走した北朝鮮の工作員に接触する。
吹雪の北アルプスと東京。二つの場所で、男と女は絆を取り戻せるのか。
渾身の国際謀略サスペンス。

まったくもって個人的な感想
私は映画を観てないのですが、小説はすっごい面白かった!

映画と違って第3国がはっきりしていてリアルだ。
ありえる・・と思えるからすごい。

この手のものがお好きで、映画をつまんなかったと思った方には
是非読んでみて欲しい。



  クリック!→  890円
  
  クリック!→  [DVD]ミッドナイトイーグル スタンダード・エディション 2195円
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ