アロマヒプノセラピー くこの実 女性限定 完全予約制  ホームページはこちら

2006/10/23

お引越し 日本通運のポカ  40にしてマンションを持つ計画

マンション購入計画。

また全体の流れを簡単に説明すると
申込み→契約→住宅ローン決定→入居手続会→内覧会→残金決済→引渡し→引越

最後の引越しについて

引越し業者選定については
http://diary.jp.aol.com/applet/tabizuki-naho/20060817/archive

【東京電力・テポーレ】プロにおまかせ引越見積サービス
http://www.tepore.com/hikkoshi/mitsumori/

ここから3社に見積りをお願いして決定したのが日本通運さん。

最初にどうだったか言ってしまいましょう。
引越し作業そのものには満足。

ただし、見積り担当者との連絡がうまく行かなかった
電話しても研修中で1週間いないとか、
メールしてもそんな状態だから返事は来ないし。
いつもしびれを切らしてこちらから電話。

今回は引越前日に女性4人に来ていただいて箱詰め作業をすることになっていた。
彼女たちがくる前に段ボールを事前にいただかなくてはならない。

でも段ボール運び込みの日程はどうしましょう?とか
彼女たちは何時に来るとかって連絡もなかったし、
普通直前にはこの内容で大丈夫ですよね?って
確認の電話がくるもんだと思ってましたがそんなのも一切なし。
保険のこと説明しておいて、用紙をどうするか(当日でいいのか事前提出なのか)
そういったこともこちらから聞き出さなきゃならなかった。

っていうか、見積もってもらってからただ一度も向こうからの連絡はなかったのだ。

それって営業としてはどうなのよ?
って思ったよ。

でもこれって日通さんという会社というより
その人、個人だと思うので
運が悪かったのだと思っていた。

ところが、引越し当日、エアコン業者の手配がされてなかったことが判明。

朝9時から引越作業の方々はちゃんと来てくれて、
まあ時間はかかったけど  こちらの予定が狂ったけれど
(運び込み終了時間夕方4時。間休憩お昼含めて3回。ちなみに同区内の引越である)
その分丁寧にやってもらったと思えば、文句はない。
前日に来てくれた箱詰め作業の女性たちにも満足している

エアコン担当の業者さんにももちろん文句はない。むしろ気の毒であったぞ。
とくかく来てエアコンを取り外せしか聞いてないらしく、
設置日を決めたらちょー急いで帰っていった。

どの業界、どの会社でも同じだと痛感したのは
現場と事務方とのギャップ。
事件は現場で起こってるんだ・・だな。(あれ?セリフ違ってた?)

これがうまくいかないと余計経費と時間がかると思うんだけどなあ。。。

あそうそう、おまけに引越し前日に新規購入したテレビと冷蔵庫が新居に入る予定だったが、
これも配送手配ミスがあったのだ。
連日だったのでむかつきも大きくなった。
これについては次回にすることとして、

やっぱり最後は人。コミュニケーションの難しさを感じるよ。
0

2006/10/19


マンション購入計画。

また全体の流れを簡単に説明すると
申込み→契約→住宅ローン決定→入居手続会→内覧会→残金決済→引渡し→引越

内覧会施工会社立会チェックが終わると
今度はその2週間後くらいにきちんと指摘事項が直っているかどうかをチェック。
そこで納得すれば残金決済(頭金残りの振込みとローン実施)。

登記関係の書類を司法書士に提出するために、
なぜか引越てもいないのに引っ越しましたと言って転居届けを役所に提出
この辺の順序がよくわからないのだ。
登記についてネットで調べてみたがよくわからん。

そして最後にいよいよ指定日に鍵の引渡しである

その間、銀行側とはローンに必要な書類を提出したりもありました。

鍵引渡し日の指定された時間に新居に行くと、
事前に渡されている「確かに鍵を受け取った」という書類と引き換えに
家の鍵を6本と駐車場の鍵と宅急便受けの鍵を受け取った。
スムーズにことが進めば所要時間15分程度。

ああそうそう、駐車場。抽選の結果当たったようです。
っていうか、それが条件だったので、うまくやってくれたようです。
って暴露しちゃってよいのだろうか・・・
結局言った者勝ちな世界なのですわ。

鍵引渡し日は平日であったため、だんなと2人で会社を抜け出し
そんなことしないでも済むかと思って問い合わせてみたら、
その日のその時間じゃないとダメって言われたの。
マンション購入に当たっては何度が会社を早退したりしている
何とかならんのか・・と思ったぞ。

鍵引渡しが終了すると早速その日のうちに引っ越す人がいるわけだ。
月末ということもあり、引渡しから3日〜5日間が引越のピーク。
賃貸に住んでる人は特に急ぐのでしょうな。
って我が家も賃貸なんですけど、ちょうどF1観戦だの仕事が忙しいだのと
随分あとの方になってしまいました。

それまでの間、私はちまちまとカーテンやら小物を運び、
棚にシートを引いてみたりして楽しみました。

次回は引越について。色々あったのですわ〜。ふ〜
0

2006/10/18

壁面収納オーダー家具 完成!  40にしてマンションを持つ計画

マンション購入にあたってテレビを新しく購入
それを収める収納家具を探した。
最初は普通の家具屋さんで売ってるようなTVボードを考えていたので
予算20〜30万円だったのだけれど、どうもこれというものが見つからない。

唯一いいなと思ったのは松下電工の「キュビオス

松下電工 キュビオス http://national.jp/sumai/shuno/cubios/

でもお高いの
これだけ出すんだったらオーダーしてサイズぴったりのを作った方がいいわ。
・・というわけでだんながネットで検索してこれは!と思った会社が「ハウス・イメージ」。

ハウス・イメージ http://www.houseimage.co.jp/

早速ネットで問い合わせて希望を言い、見積もってもらってから打合せに出かけた。
そこで、あ〜でもない こ〜でもないとプロの意見を聞きながらデザイン完成。

内覧会に来ていただいて採寸&最終チェック。
色見本(板)も持ってきてもらってその場で色を決めた。
ついでに内覧会の施工会社立会いチェックにも同席してもらい(無料サービス)
素人の我らが気づかぬような点を数箇所指摘してもらった。
これもありがたかった。通常専門業者に頼めば5万円はかかるようなことだ。

1ヵ月後、完成。それがこれ↓

クリックすると元のサイズで表示します
色は赤みがかった茶。

設置に数時間を要したようだ。鍵を預けて全てお願いしておいた。

もちろん耐震。これ、重要。

最初の予算から考えると2.5倍かかったけどそんなに買い換えるものでもないし、
買い換えても捨てるのも大変だしと色々考えると正解だったとつくづく思う。
出来上がりにも大変満足しておるのだ。
0

2006/10/17


マンション購入計画。

また全体の流れを簡単に説明すると
申込み→契約→住宅ローン決定→入居手続会→内覧会→残金決済→引渡し→引越

今回は内覧会について。

指定された日時に新居を訪問。引渡しの約1ヶ月前のことだ。
その日1日、鍵があいているので好きなだけいていいのだが、
施工業者立会いのチェックは時間が決まっていて所要時間が約1時間。

今回、我らは壁面収納家具をオーダーした会社「ハウス・イメージ」の社長さん(一級建築士)に家具の打合せで内覧会時に来てもらうことになっていたので施工業者立会いにも同席してもらうことにした。これはハウス・イメージさんの無料サービス
通常これを専門業者に頼むと5万円から6万円かかるのだ。

ハウス・イメージ http://www.houseimage.co.jp/

我らの施工業者立会いの指定日は日曜だったのだが、
土曜の朝から勝手に訪問。お願いして鍵を開けてもらった。
半日使って寸法測り。図面で図ったとおりとは限らない。家具が入るかどうかチェック。
翌日日曜も早く行って、今度はあら探しですわ
2時間かけて指摘事項約20箇所を見つけた。

指摘事項については施工会社から説明があり納得する箇所もあった。
結局お直しは14箇所
どれも大したことはなく、壁紙のジョイント離れや小さな傷、壁の軽い汚れなどである。

一緒に見てもらった一級建築士さんから「割といい」とお墨付きをもらった。
ほっと安心。
毎回のように内覧会に立ち会っていてよくご存知であるから色々聞いてみた。
よろしくない業者も聞いているので、もし本当に知りたい方がいたら
私にメールで聞いてくださいな。
最近の最悪物件では壁紙総張り替えなんてのもあったそうな。

その後はオプション最終決定
玄関前にいろんな業者がテントを作って待っている。

我が家がお願いしたのは
・カーテン(だんなの部屋とリビング)
・フロアコーティング(全室)
・防カビコーティング(浴室)
・換気扇のフィルター
・セキュリティ

引渡しまでの間にやっておいてくれた。

2週間後の週末に指摘された事項が治っているかどうかをまたチェック。
内覧会については以上。

次は壁面収納家具、完成について。
0

2006/10/2


ついつい書くのが面倒で、引き延ばしがちなマンション購入計画
実はもう引渡しを済ませ、後は引っ越すのみとなっている。

また全体の流れを簡単に説明すると
申込み→契約→住宅ローン決定→入居手続会→内覧会→残金決済→引渡し→引越

さてどこまで書いてあったかというと・・あらあらまだ入居手続会も書いてないじゃないの。

そういうわけで、まずは入居手続会

手続き会の約1ヶ月前に売主からファイルが送られてきた。
中身は
・入居手続会の日時・場所の案内
・駐車場・バイク・自転車置き場抽選の案内
・管理費等の自動引き落としについて・預金口座振替依頼書
・登記申請書類
・入居のしおり
・引越の案内
・マンション専用保険の案内
・インターネットの案内
・ケーブルテレビの案内

入居手続会は指定された日時に売主の事務所で
なんと平日の昼間であった!
多分ほとんどの人が提携ローンを組んでると思うので銀行の関係で平日なんだと思う。
当日は大事な大事な駐車場の抽選もあるので、仕方なく我ら夫婦は会社を早退

持参したものは
・実印及び契約印
・管理費引落口座の通帳と印鑑(念のための確認)
・管理費等口座振替依頼書
・登記申請書類
・借入のある人は身分証明書
・提携ローンの人は身分証明書のほかに健康保険証も
・公庫・フラット35の人は返済口座の通帳及び届出印
・提携ローンの人は返済口座の通帳及び届出印

受付を済ますといろんなコーナーが待っていた。
空いてるところから順番に回る
所要時間はなんと3時間!のはずだが、
我らは提携ローンではないので所要時間2時間というところか。

事務手続きはもちろんのこと
登記の説明→ ワケわかんないので言われるがまま
火災保険の説明→ これもわけわかんない
ネットの説明→ だんなが色々聞いてた
ケーブルテレビの説明→ すすめられたプランを断った
引越会社(幹事会社)の説明→ 別に幹事会社にしなくてもOK。ただし日程調整あり
ホームセキュリティの説明→ 初期工事がお得になってた
駐車場・バイク・自転車置き場抽選→ 結果は後日郵送

あちこちまわってとりあえず終了。

それにしても何度も何度も同じ説明をしなきゃならないから、向こうさんは大変だね
こっちも疲れたけど。
もうちょっとやり様ないのかしら・・などと思ったのであった。
せめて平日は勘弁してほしいよ・・・
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ