2005/11/30

高湯温泉「玉子湯」食事編&飯坂温泉「湯乃家」日帰り  ♨福島 高湯温泉玉子湯2005.11

玉子湯さんは確かに温泉宿として素晴らしい
しかし食事がちょっと・・・
美味しくもない刺身を盛る必要はないし、もっと地のものを使えばいいのにと思います。
なんというかもっと素朴な感じでいいと思うんだけどなあ
こういう温泉にくるようなお客さんは特にそういうのを求めていると思うのだが。

夕食


きりたんぽ (って秋田じゃないの?無理やりでしょ。)

お吸い物 湯葉に旅館の名前が


翌朝10:00にチェックアウトして10:30の送迎車に乗り福島駅へ。
駅のロッカーに荷物を預けて今度は電車に25分のって飯坂温泉へ行った。


飯坂温泉駅

寂しい。日曜とは思えないほど寂れている・・・伊香保状態じゃ。

まずは飯坂温泉駅前にある観光案内所日帰り温泉ができるところを聞いてみた。
時間がそれほどないので、おねえさんの教えに従い、駅周辺の大きな旅館「湯乃家」に決めた。

その前に腹ごしらえ。
観光案内所のすぐ近くにあるかつ丼屋「十網食堂


十網食堂

甘辛いごくごく普通のかつ丼である 800円也

そこから徒歩5分程度のところにある共同浴場「鯖湖湯」へ。
飯坂温泉には9つの共同風呂がある。
中には入らず建物見学。


共同浴場「鯖湖湯」

共同浴場「鯖湖湯」入口

旅館「湯乃家」に向かう途中にある見逃しやすい「玉手商店」にて
飯坂温泉名物「ラジウム玉子」を2個購入。1個42円也。

まだほんのりあったかい。しかしきちんと御土産用に紙に包まれていなかったのでただのゆで卵状態。
そんじょそこらの温泉玉子とは違うらしいと聞いていたが、
なんてことはない、普通の白身どろどろ黄身半熟の温泉卵であった。何が違うの?

やっとこさ 旅館「湯乃家」へ。

旅館 湯乃家 http://www.yunoya.co.jp/mainmenu.html



電話: 福島市 飯坂町 湯野 字 湯ノ上18
TEL: 024-542-3333(代)

日帰りは1人1000円。早速3階大浴場へ。残念掃除中。

大浴場

そこで9階にある露天風呂へ。
すごい! 床も壁もヒノキだ。もちろん浴槽もヒノキ。




ヒノキじゃ〜

眺めはよいが、景色がよいわけではない。
それに民家から丸見えなのでは??いくらビルの高さが高いといっても・・・どうなの?
玉子湯の後だったので無色無臭はなんだか温泉ぽくない。

だが、なんのかんのいいながら、帰りの道々「体、軽いね〜」などと言っているではないか。
やっぱり温泉であったのだ。

適当に飯坂温泉駅から電車に乗って福島駅に戻り、御土産を駅ビルエスパルで購入し
15:00の高速バスで新宿へ帰った。

買った御土産

太陽堂のむぎせんべい  http://www.jalan.net/kanko/SPT_107009.html
素朴で美味しい。軽いし安いし御土産にお薦め! 5袋10枚入りで315円也。


阿武隈の紅葉漬 http://mpn.cjn.or.jp/mpn/contents/00001978/page/cp_top.html
味が濃いのでご飯のお友


蕎麦味噌 (そばの花というお店のもの。昆布が入っていたようだ。)
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ