2007/11/8

東京湾 ヴァンテアンクルーズのバイキングプラン  ◎東京見物 ♨東京から日帰り温泉

まだバブリーだったころ、1度だけ利用したことがある東京湾クルーズ
十何年かぶりに仕事で紛れ込みまして、ディナーをいただきました。
普通のホテルとかの飲み会よりず〜っとよかったよ。たまにはいいわね〜。

出港は竹芝桟橋から。伊豆7島への東海汽船や小笠原諸島への小笠原海運と同じ場所だ。

東京ヴァンテアンクルーズ http://www.vantean.co.jp/main.html

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
受付カウンター

出港:竹芝桟橋 東京都港区海岸1−12−2
TEL:03-3436-2121
有料駐車場有り
JR(山手線・京浜東北線)浜松町駅北口から徒歩7分
都営浅草線 大門駅から徒歩10分
ゆりかもめ竹芝駅から徒歩1分

いろんなプランがあるのでそれについての詳細は後からにして、
今回は一番下の階にあるDデッキにある多目的ホール「ブレンメール」でのバイキングプラン
20名でホール貸切状態にしてくれました。
ブレンメールホールの両側にあるデッキへは出入り自由
(ただしデッキへは食器の持ち込み不可。飲み物は紙コップに移してなら持って行ける)

クリックすると元のサイズで表示します
Dデッキの多目的ホール「ブレンメール」
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
バイキングプランのお食事 意外なことにこれが案外美味しかったのだ!
クリックすると元のサイズで表示します
飲み物コーナー 他にコーヒーなど 後からデザートも用意されました
クリックすると元のサイズで表示します
こんな風に取りに行く
クリックすると元のサイズで表示します
上階のAデッキ レインボーカフェ(木甲板)
クリックすると元のサイズで表示します
景色
クリックすると元のサイズで表示します
レインボーブリッジ
クリックすると元のサイズで表示します
レインボーブリッジの真下から見上げる

クルーズ時間とセット料理:(2007年11月現在)
ランチタイムクルーズ 通年 12:00〜14:00(所要時間120分)
    ヴァンテアンセットB (コース料理) 5,100円(ネット料金で4,600円)〜
サンセットクルーズ 16:40〜18:40(所要時間120分)4月〜11月は毎日 他月は土日祝日
    ヴァンテアンセットA (フルコース) 7,100円(ネット料金で6,400円)〜
ディナータイムクルーズ 通年 19:10〜21:30(所要時間140分)
     低カロリーフルコース 元気宣言700(コース料理)10,000円(ネット料金で9,500円)〜
バイキングプラン 着席バイキング形式
 最少催行人員は各日20名。参加者が20名に達しない場合は中止の可能性あり。
  ランチバイキング 大人4,500円 子供3,000円 幼児1,500円
  ディナーバイキング 大人7,000円 子供4,500円 幼児2,000円

毎週月曜、女性は対象のセット料金が正規料金の50%OFF!
対象セットはゴールドセット、ヴァンテアンセットA、元気宣言700)

これからのイベントクルーズ:
ボジョレーヌーボーディナー 2007年11/28(水)13000円
クリスマスクルーズ 2007年12/22(土)〜12/25(火)ネット予約のみ
 ランチタイムで8000円〜 サンセットで15000円〜 ディナーで20000円〜 
カウントダウンクルーズ 2007年12/31(月)22:30〜25:15 大人15000円
 ブッフェ、フリードリンク (大人1人につき小学生以下1名無料
初日の出クルーズ 2008年1/1(火)6:00〜8:15 大人8800円
 ブッフェ、フリードリンク (大人1人につき小学生以下1名無料
新春バイキングフェスタ 2008年1/2・3(水・木)
 サンセット16:40〜 大人7000円 / ディナー19:10〜大人7500円

乗船手続き
各クルーズとも出航時刻の1時間前からヴァンテアン受付カウンターにて開始。
出航時間の20分前までに、乗船チケットを購入すること。各種クレジットカードによる支払可。

変更・取消料: 個人であっても団体であっても乗船日の6日前から発生します。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ