2007/11/13

軽井沢にあるクラシックホテル「万平ホテル」その2  ◎長野 軽井沢 憧れの万平ホテルに宿泊2007.11

軽井沢の万平ホテルの紹介をしています。
*その1は建物編 → http://diary.jp.aol.com/tabizuki05-08/148.html

軽井沢 万平ホテル http://www.mampei.co.jp/

クリックすると元のサイズで表示します

今回は私が泊まったアルプス館のお部屋について

昭和11年築のクラシックな本館アルプス館。
本館とアルプス館は同じ建物で1階がロビーとメインダイニング、
2階がアルプス館で宿泊部屋となっています。

アルプス館のお部屋は洋室でツイン48uとツイン36uの2種類木造なので全室禁煙
今回はせっかくですから広い方のツイン48uを公式ホームページ(上参照)で予約
1泊2食で1人27500円(税金・サービス料込)。←もちろん時期によって違います
・夕食 洋食:ディナーRouge 中華:ディナー鳳凰 和食:京会席 から選択
・朝食 和朝食またはアメリカンブレックファスト

クリックすると元のサイズで表示します
お部屋 右にある扉が入口 さすが広い ゆったり快適
クリックすると元のサイズで表示します
床の間もあるのだ
クリックすると元のサイズで表示します
箪笥 史料館にあったものと多分一緒
クリックすると元のサイズで表示します
机 年季が入ってます
クリックすると元のサイズで表示します
お茶もコーヒーもインスタント。ポット、冷蔵庫あります
クリックすると元のサイズで表示します
スリッパ お持ち帰り可
クリックすると元のサイズで表示します
パジャマ(ズボン有り)とバスローブ
クリックすると元のサイズで表示します
浴室 案外広い
クリックすると元のサイズで表示します
レトロなバスタブの猫足ちゃん 史料館のものと多分一緒
クリックすると元のサイズで表示します
浴室のアメニティ 
男性用のヘアトニックなどの小瓶がありましたが女性用の化粧水などはなし
シャンプー・コンディショナー・ボディソープはなんとかかんとかロンドンって書いてありました
香りが良かったよ。


料理もお部屋も大変満足
2階へのエレベータもあるし、カギはオートロックになっている
木造で寒いかと思ったが、エアコンの他に窓辺と窓寄りのベット脇に
循環式ヒーターが付いているので思ったより暖かく快適。

【ご注意!】  詳細はホテルに聞いてね
・2008年1月15日(火)午後 〜 2月8日(金)午前は館内メンテナンスのため全館休館。
たん熊料亭の営業が冬季クローズ。2007年度は11月25日(日)までとなります。
・それに伴い11月26日(月)以降、和食夕食は割烹熊魚菴の特別メニューでのご用意。
割烹熊魚菴の営業は2008年1月3日までとなります。
 以降は和食夕食のご提供はありません。(2008年4月営業再開)
ご注意を。

その3 料理編につづく。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ