2005/7/26

3日目. オルビエートとビッサーニのランチ  ●イタリア旅行2005.GW

クリックすると元のサイズで表示します
写真はオルビエートのサン・パトリツィオの井戸

朝一から近くの城塞都市オルビエートの観光だ。
アグリ「la casella」のおじちゃんが車で連れてってくれる。
2時間ほど見学後、お待ちかねランチの予約を入れたビッサーニまで
このおじちゃんに送ってもらう手はずだ。
(今日の送迎は全て旅行社のプランなので宿泊費2泊3日1人380ユーロに含まれる)

城塞都市オルビエート。丘の上の城壁に守られた街。
この街を外から眺めるとまるで天空の城のよう。
「ラピュタ」みたいって言う人が絶対いるだろうな。

実にここは素晴らしかった!
実際アグリにとまらずここに泊まればよかったよ。
そしたらオルビエート駅からフニコラーレというケーブルカーに乗れたしね。

眺めはいいし、徒歩で観てまわれる大きさもよい。
ここの名産品は白ワイン
ワインのお勉強をちょっぴりした私としては買おうかどうかめっちゃ悩んだのだが、
まだ飲んでもいないワインだったし、それだけ有名ならローマでも買えると思ってやめた。
これは失敗であったのだが。
きちんとした地図を持っていなかったので、あっち行ってみる?こっち行ってみる?
とぶらぶらと歩いた。
最後にサン・パトリツィオの井戸までくるが、降りるには体力が必要だ。
248段、深さ62mの螺旋階段が昇り降り別々にめぐらされている。
つまりルートが違うので途中でや〜めたって引き返す事ができないわけだ。
実に降りてみたい・・・とは思ったのだが、
我らはもうすでに歩き疲れていたので、井戸の上の建物を外から眺めただけ。
ちなみにサン・パトリツィオは "底なし"って意味で使われるんだって。
見所ゴシック建築のドゥオーモは観たが、ポポロ宮まで見る時間はなかった。残念。

オルビエート

ここでの観光を終了して、おじちゃんに「ビッサーニ」に連れて行ってもらう。
最寄駅はオルビエートと聞いていたのですぐ着くのかと思いきや、
おじちゃんどうやら迷っちゃったみたいでお店に電話入れてた。
あまりに高級なので地元の人はお店のことをご存知ないのかしら?

お店はこんなところにというような場所にあった。
玄関からイケメンが出てきて暖かくエスコート。
この辺からすでに素晴らしいサービスを予感させてくれる。
店の中も高級なんだけど温かみのある、裕福な家庭のリビングといった感じで、
通常ここで若干待って、テーブル席に通されるようだが、
我らはここを素通りしてテーブル席へ直行。

超高級店ということなので、服装はほどほどに恥ずかしくないようにと
午前中観光があるにもかかわらず、ワンピースを着ていったのだが、
他のお客さんは割と普通の服。
な〜んだそんなに気にしなくてもよかったのか〜とは思ったが、
恥ずかしい思いをするよりはまし。

日本人のシェフが厨房にいるそうなので、その方にメニューの説明をお願いした。
彼はとても感じよく、一生懸命わかりやすく説明してくれました。
おすすめに従ってコース(確か150ユーロ)&オルビエートの白ワインを注文。
高級店にしてはお手ごろな白ワイン(40ユーロ)を勧めてくれたのもうれしかった。

国賓クラスの方がヨーロッパ各地から車で来る店と聞いていたのだけど、
正直、料理は値段の割にはどうなんでしょう?
こんなに高いフルコースを食べたことないからわからない。(しかもランチで)
確かに美味しいは美味しいのです。こちらの期待が大きすぎたせいでしょうか。
オーナーシェフのビッサーニさんはソースにこだわっているそうなので
イタリアンというよりフレンチに近いのかな?

コース最後のデザートが終わると席を移して、コーヒータイム。
窓辺に配置されたソファでゆっくり過ごした。
コーヒーはもちろんのこと、ここは紅茶の種類も豊富でいろんなハーブティーがあった。
そしてチョコレート、プチケーキとラストはこれでもかこれでもか
というほど甘いものが出てくる。
甘党の私はうれしかったが、そうでないT嬢にはつらかっただろう。

コーヒータイム 男性はお店の人

結局、13時頃から始まって帰りは16時くらい。
注文するときは「ふーん150ユーロね」なんて思ったけど、
部屋に帰ってよく考えると(計算すると)2万円を越すコースじゃない!
すげ〜なんて話をしました。

でもね、日本でこんなにサービスや雰囲気の素晴らしいお店あるのかな〜。
階級や人種に関係なく、ドレスやスーツを着てなくても、誰もがいい気分になれる店。
そういう点で、この店は素晴らしかったよ。
とってもよい経験をしたと思っています。

人生の中でこういう経験、必要だと思うな。うんうん。

PS.この日のT嬢は体調すぐれず、せっかくのビッサーニのランチを半分以上残した
 (あ〜もったいない)
 お店の人もどうして残すんだと思ったに違いない。自信あるだろうからなあ。
 でもT嬢、英語も何もとても考えてお話できる状態ではなかったのである。
 思いっきり「具合悪いの。気にしないで」と日本語で言っていた。(T嬢の気持ちはよ〜くわかる)
 だからお店の人は彼女がレストルームでお休みしているのを見てやっとわかったに違いない。
 お店の人は本人に「お気に召しませんか?」
 (本当にそう言ったかどうかは定かでないが、きっとそう言ったに違いない)
 とは聞いたが、私には聞かなかった。聞かれても答えるの大変なんだよね〜。
0

2005/7/26

1&2日目. フィレンツェとウンブリアのアグリ「la casella」  ●イタリア旅行2005.GW

クリックすると元のサイズで表示します
写真はウンブリアのアグリ「la casella」

1日目.
 アリタリア787便 成田13:05発〜ミラノ18:35着 空港内での夕食はカフェでパン。
 アリタリア1698便 ミラノ20:45発〜フィレンツェ21:45着
 アメリゴ・ベスプッチ空港(フィレンツェ空港)を出て右手にあるSITAバスに乗って、
 サンタ・マリア・ノベッラ駅まで20分。バス代1人4ユーロ。乗る時に運ちゃんに渡す。
 ホテル「AURORA」へは駅から徒歩6分以内。1人50ユーロで宿泊。
  
  駅へ向かうバスの中からホテルの看板が見えたので道がわかって助かった。
  降車場からはそう遠くないというのに石畳のせいか、荷物引っ張っての歩きは遠く感じる。
  ホテルの受付のお兄ちゃん、感じよくてほっとしたよ。
  ホテルはまあまあ。エレベーターがあってよかった。
  建物が古いからだと思うが小さなエレベーターは後付け。
  大きな建物のワンフロア―の半分をホテルに改造したって感じ。
  後で知るが小さなホテルはどこもそういう作りになっている。
  エレベータ降りて右の扉から入れば違うホテル、前の扉も左の扉も違うホテル。
  受付だけは1Fにあったりして、明らかに日本とは違うぞ。

ホテル オーロラの部屋

2日目.
 ホテルで朝食・・の前に予約していた鉄道の切符を発行してもらいに駅へ。
 イタリアの祝日ウィークだったので混んでるかと思ったが空いていて(朝早かったもんね)、
 印刷した予約確認メールと、行き先(ファブロ行き)・出発時間・枚数を書いた紙を
 窓口に出して、簡単に切符をゲット。
  一応「ファブロまで切符を何枚ほしい」くらいはイタリア語で話かけてみたが。
  それにしてもよかった。ちゃんと特急は取れてた。
  だって英語のサイトだったんだもん。
  まだ利用していないというのに先にカードは落ちちゃうし、不安で・・

フィレンツェ駅構内

 朝食の時間が決まっていたので、それまで周辺を散策。
 とりあえず朝は市場見学でしょう!と中央市場へ。(7/24写真参照)
 列車の中でランチをしようと思っていたので、お惣菜と果物とワインを購入。
 いい時間になったので、ホテルに戻って朝食(パンとカプチーノ)。
 
 午前中は列車の時間までフィレンツェの街を見学。
 まずはサンタ・マリア・ノベッラ教会のなかにある薬局(下に注あり)でお買物・・と思ったけど、
 残念ながら雑誌FIGAROで見つけたほしいものは違う店のものでした。
  どんなものがあるのかぱっと見ただけでわかれば(つまりイタリア語がわかれば)
  きっといっぱい「ほしい〜」って思ったんだろうな。
  薬局はすごく歴史を感じる。だって13世紀からあるんだよ。すごいよね〜。
  お店はとっても素敵!映画ハンニバルの撮影にも使われたそうな。一見の価値あり。

サンタ・マリア・ノベッラ教会の薬局
 
 さてさてフィレンツェ観光のメイン、ドゥオモに上るぞ!とぐんぐん歩いて行ったはいいが
 なんか人が多い・・・並んでいる・・・上るには時間がないな〜あきらめましょう・・。
 非常に残念。ドゥオモをぐるっと一回りしてT嬢ご希望のショッピングに変更。
 靴屋さんを覗いてみたけど、いまいち。思ったより高いし冴えない。
 たくさん歩いたので適当にお茶して、まだ時間があるのでヴェッキオ宮へ向かうが、
 途中雑誌で見つけたほしいものを扱っている自然化粧品屋「Palazzo Vecchio
 」
を見つけ、雑誌のコピーを見せてカードで購入。
 これも満足。早速その夜から使ってみた。
 ヴェッキオ宮を見学して観光終了。
 
 13:09 フィレンツェ発〜ファブロ 15:11着の鉄道に乗る。
 おっとっと乗る前にホームにある黄色いボックスでガチャッと打刻。
 日本と違って改札がないので打刻を忘れると罰金なのだ。
 もちろんランチは市場で購入したお惣菜。座席で広げて食す。
 ポルチーニのマリネやチーズ、パニーノなどを食べ、モンタルチーノの赤ワインを飲む。
 とっても美味しくて満足満足。
 
 ファブロ駅でアグリ「la casella」の人と待ち合わせ。ご主人らしき男性の運転で向かう。
 紺色の車なのにすっげー真っ白じゃんと思うくらい車は汚れていたが、車を走らせてわかった。
 途中から道が舗装されていないので、乾いた砂が舞い上がるのであった。それぐらい田舎だ。
 途中で車を降ろされてもだ〜れも通らないのではないか。夜になったら真っ暗闇だ。
 la casellaの土地はとっても広い。歩いていける範囲には他に何もなし。
 ここには2泊する。初日は夕食の生パスタ作りを教わる手はずだったのだが、
 実際はう〜んあれはほとんど見学?手伝い?・・だったな。教わったとはとてもいえない。

料理見学中 これは翌日分の仕込みであった

 そして夕食。宿泊客全員と宿の人たちと一緒にお食事。
 食事が美味しいという触れ込みだったが、普通。
 やはり祝日だったので、かなりすごいお客さんの数でした。50人くらいいたかな。
 結局ここはアグリというよりホテルに近いな。という感想。
 そのあとは購入した化粧品アイクリーム「Contorno Occhi」(16ユーロ)を塗って、
 バタンQ。

サンタ・マリア・ノベッラ教会薬局のお店を東京の青山で見つけました
 2005.9/15の私のブログ参照。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ