2005/12/15

【温泉番外編】体験 ゲルマニウム温浴  ◎東京見物 ♨東京から日帰り温泉

ゲルマニウム温浴ってなあに?って思ったでしょうからまずはご説明。

42〜43度のゲルマニウム溶液に手足を20分間浸し温めることによって
体内に大量の酸素をつくり出し、新陳代謝を活性化させる。

ゲルマニウム溶液に手足を浸すと、皮膚呼吸によりゲルマニウムが全身に巡り、
短時間で大量の汗をかく。
その汗とともに体内の余分な脂肪、有害な毒素や老廃物が体外へ運び出され
血液が浄化され、体質が弱アルカリに改善される。

なんだそうです。
ちなみに年齢性別問わず、心臓の悪い方や血圧の高い方にもOK

とにかく美容にいいんだってさ
ちょっと気になるでしょ。だから早速体験。

場所は横浜駅ビル「CIAL」の中にあるアマルフィというお店。女性限定のお店。

アマルフィ 横浜CIAL店 http://rs-amalfi.com/top.html

住所: 神奈川県横浜市南幸1-1-1 横浜駅ビルCIAL(シァル)5F
TEL:  045-320-8155(予約もこちら) インターネットでも予約可能
営業時間:  平日および土曜・日曜 10:00〜21:00(最終受付 20:30)
休業日: 不定休(駅ビルと同じ休業日)


ゲルマニウム温浴の機械

今回試したのは

・ゲルマニウム温浴 30分コース 1890円
・ボディケア(マッサージ) 全身ロング60分コース 6825円

ゲルマニウム温浴の機械の周りにはカーテンで仕切られたちょっとした個室状態になっている。
まず軽く説明を聞いて、早速カーテンの中で着替え
大量の汗で服がぬれてしまうので、紙パンツに履き替えその上にガウン姿
ガウンはお店が用意してくれた。

そしてイスに座って手足を溶液に浸す。約20分間 我慢の子

終わったら今度はマッサージを受けるのでジャージ(有料315円)に着替え。
台に横になって全身マッサージ
これについてはイマイチだったのでこれ以上は記さないことにします。
最後に着替えてハーブティをいただいた。

感 想

温泉にも長時間入っていられないタチなので最初の10分
だずげでぐれ〜ごめんなさい〜っ」と叫びたくなって思わず手を抜いてちょっぴり休憩
また手を突っ込んでなんとか残りの10分を頑張った。
後で「どうでしたか?」って聞かれたお店の人に「そんなことする人いないです」って言われましたが。

汗、かきましたよ。顔もつ〜って汗が流れてた。
お店の人いわく、きれいな汗だからくさくないし、このまま気にせず帰れますとのこと。
まあ確かにべとついたり汗臭くはならなかった
だからそのまま家に帰ったけど、できればそのあと温泉に浸かったりしたかったなあ
じゃなければ家の近くで会社帰りにやるっていうのがいいと思うなあ。
お近くの方は回数券もあるし、メンバーになると割引があるようです。

さて 効果については、
1回だけじゃな〜んもわかんないです。
すんません !
0

2005/12/13

本厚木 七沢温泉「玉川館」日帰り  ◎東京見物 ♨東京から日帰り温泉

東京近郊にもひなびた感じの温泉宿があるんですよ。

現実逃避したいけど仕事を休めない人はここに是非行くべし!
また一人旅もGOOD! 下手な温泉行くよりずっといいよ。


場所は本厚木からバスで30分、そしてさらに徒歩15分。
丹沢大山特定公園 七沢温泉

七沢温泉 玉川館 http://www6.ocn.ne.jp/~tamagakn/top/top.htm

七沢温泉 元湯玉川館 ← クリック!

住所: 神奈川県厚木市七沢2776
TEL:  046-248-0002

小田急線本厚木駅下車、厚木バスセンター9番乗場より
・「七沢温泉経由広沢寺温泉」行きにて「七沢温泉」下車 → 本数めちゃめちゃ少ない
・「上谷戸」行きにて「七沢温泉入口」下車後、徒歩15分 → 地図を持っていくべし。

宿泊: 15,900円 (トイレ付)
     21,150円 (桧風呂・トイレ付)

日帰り: 昼食付き 5,250円  6,825円  8,400円(税込)
      → 入浴料と、2時間30分以内の席料はサービス。利用時間 午前11:30より

立ち寄り湯: 一人一回 1,000円 タオル・バスタオルは有料
         → 利用時間 午前11:30〜午後17:00まで (休前日・休日は15:00まで 原則)
           お風呂の後に食事別亭「草庵」やカフェバー「こもれび」でビールなどいかが。


外観

廊下

いろり

今回利用したのは

日帰り昼食付き 5,250円。食事は猪鍋

旅館は外観も中もとても雰囲気がよく、ひなびた感じが素敵。
お風呂も露天ではないけれどなかなか開放感があってよい。おすすめ
温泉は無色無臭。
猪鍋はHPに載ってるようないいお肉っぽくはなかったけれど
お部屋の感じからしても総合的に良いと思う。
私は充分満足いたしました!


お部屋

料理(食い意地張ってるので猪鍋の写真撮るの忘れた!)

お風呂までの渡り廊下

脱衣所

お風呂

御土産にここでしか買えない石鹸を購入(ちーと高かった確か800円くらい)
0

2005/12/11

都内の温泉 船堀温泉「あけぼの湯」  ◎東京見物 ♨東京から日帰り温泉

船堀の温泉をはしご。2軒目は「あけぼの湯」

あけぼの湯 http://otome8.hp.infoseek.co.jp/





住所:東京都江戸川区船堀3-12-11
TEL: 03-3680-5611
営業時間:15:30〜24:00
定休日: 木曜
都営新宿線船堀駅から徒歩5分

最初に行った「乙女湯」からは徒歩5分くらい。
セーター姿でふらふらといい気分で来たわけだが
入口は普通の銭湯。実に女性には入りずらい。
それに天然温泉だとは思えない。

料金は銭湯なので400円也。

広そうに見えない入口なんだけどここは広い。
1階と2階それぞれに浴室がある。もちろん裸のまま階段を上って2階へ行ける。


1階の女性脱衣所

ここは乙女湯と違って黒湯ではない。無色無臭。なんか残念。

1階の方はお風呂の中をジャブジャブと歩いていくと扉の向こうは露天風呂。
この作りもなんだか楽しい。ジャブジャブ歩いて行くっていうのは珍しいんじゃないかな。
やっぱり露天風呂だよね〜と1人独占。
外のお湯は40度くらい。私にはちょうどよい。これで黒湯だったら最高なんだけど・・

2階には牛乳風酵素風呂がある。洗濯機みたいにジェット水流が渦巻き回転してるんだって。
これがなかなか湯冷めしなくてよいらしい。
しかし、私が行ったときは常連さんがたくさん入っていて
井戸端会議をしていたから入りこむ余地がなかった。残念。

長湯出来ない性質なのでさっさと着替えて船堀駅まで歩く。
もちろん身体ポカポカだからジャケット要らず。
駅から歩いてくる人はみな寒そうにしていたからなんだか可笑しかったよ。

良い気分になったものだから、そうだ!船堀駅のところにあった映画館で映画でも見よう
な〜んて思ったんだけど、気に入ったものがやってなくて
そのままそのビル(江戸川区の施設)に入ってタワーの展望室まで上ってみた。
高さ115メートル。展望塔は無料。

タワーホール船堀 http://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsu/bunka/bunka1.html


7階から展望塔専用エレベータに乗る。夜9:30まで


左の空低い位置にある赤い○がディズニーランドの花火

真下を見る

良い気分だったんだけど、展望室でカップルばっかりだったのを見て寂しい気分になったよ。
時間もよかったんだな。ちょうどディズニーランドの花火をやってたんだもん。

会社帰りに約3時間のミニトリップ。
家に帰り着くまで結構な時間だったと思うけどジャケット要らずでした。
0

2005/12/10

都内の温泉 船堀温泉「乙女湯」  ◎東京見物 ♨東京から日帰り温泉

実は会社帰りに1人でミニトリップしてきた。
東西線葛西駅近くの「ちばき屋」で夕食を食べた後、
錦糸町駅行きの都バスに乗って「船堀7丁目」で下車。

めざすは船堀温泉「乙女湯」&「あけぼの湯
船堀には3軒の天然温泉銭湯があるのだ。
そのうちの2軒をはしご。ウシシ。

まずは乙女湯から。

乙女湯 http://www1.speednet.ne.jp/~otome613/



住所:東京都江戸川区船堀7−3−13
TEL: 03-3689-1854
営業時間:15:00〜24:00
定休日: 月曜日
船堀7丁目のバス停から徒歩3分

銭湯だから400円。だけど設備がすごい。
いやもちろん金額の割りにっていう意味ね。あんまり期待しちゃだめだよ。
さてその設備。写真が取れないのが残念だ。
白湯ではあるが電気風呂やジェットエステなどいろんなお風呂が
小スペースではあるものの用意されている。
もっとも良いと思ったのは岩風呂と檜風呂。岩風呂のみ天然温泉。
しかし露天風呂はなかった(と思う)。
サウナを利用する場合は別料金400円が必要です。
この施設利用者はやっぱり近所の方々。

建物入口がちょっと趣味わる〜って感じのネオンだったので
ちょいと心配したが、中は普通であった。
もちろん清潔。

うれしいことにふらりと立ち寄れるように
タオル・ミニ石鹸・シャンプー・リンス・歯ブラシ・かみそりが入っている
お風呂セットを売っている。


お風呂セット 250円

タオルを一枚持っていっていったので、これをバスタオル代わりにして
身体洗い用にお風呂セットを買って使用。いいね〜。

で、温泉は黒湯。名前の通り黒い。
色が着いていると素人の私は温泉だ〜って思えてうれしい。
温度は42度くらい。

次の「あけぼの湯」まで徒歩5分くらいかな。
ジャケット羽織らず、セーター姿でふらふらといい気分で移動した。
でもまっ髪の毛は濡れてるし、私って1人で何してんだ?と思わないでもなかったが。
しかし、なかなかよい気分であったぞ。

先に言ってしまうけど、この後行った「あけぼの湯」
もちろんここも良かったのだけれど、どっちがいいかって聞かれたら迷わず「乙女湯」。
・・なんて書いておきながら「あけぼの湯」の露天風呂も捨てがたいなあ・・と悩む。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ