2007/9/19

箱根「ポーラ美術館」と「箱根ガラスの森美術館」  ♨神奈川 箱根 塔ノ沢温泉1泊2007.09

箱根へ旅行してきました。
まずはランチを宮ノ下の富士屋ホテルの別館 旧御用邸「菊華荘」でいただき、
ついでに富士屋ホテルを見学
その後大涌谷見学して以前から泊まってみたかった塔ノ沢温泉の「福住楼」へ。
菊華荘ランチについては→ http://diary.jp.aol.com/tabizuki05-08/116.html
富士屋ホテルについては→ http://diary.jp.aol.com/tabizuki05-08/117.html
大涌谷見学については→ http://diary.jp.aol.com/tabizuki05-08/119.html
福住楼の建物については→ http://diary.jp.aol.com/tabizuki05-08/120.html

旅館「福住楼」をチェックアウトして、登山電車に乗って強羅駅まで。
強羅からは施設巡りバスに乗って目指すは「ポーラ美術館」。

強羅駅にある施設巡りバスのバス停ってほんのちょっとだけど離れていて
タクシー乗り場の先にある踏み切りのところにバス停があります。

ポーラ美術館 http://www.polamuseum.or.jp/index.php

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

住所:神奈川県箱根町仙石原小塚山1285
開館時間:9:00〜17:00 年中無休だが臨時休館あり
入館料:大人 1800円 大学・高校生 1300円 ネットで割引券あり
箱根登山鉄道「強羅駅」から施設巡りバス約13分「ポーラ美術館」下車

ポーラ化粧品で知られるポーラグループのオーナーであった鈴木氏のコレクション。

エントランスは1階だが、ギャラリーは地下にある。
地下1階と地下2階の全部で展示室は5つ
ヨーロッパのような大きな美術館ではないけれど、
モネ、ルノワール、ゴッホ、ピカソ、シャガールといった有名な西洋絵画をそろえ
見やすく さほど疲れない いい感じである

今回は17日で終了してしまったが、「エミール・ガレ」(アールヌーボー・ガラス)
が企画されていた。ガレの作品もよかったが、個人的にはドーム兄弟の作品が好き

続いて同じ施設巡りバスに乗って「箱根ガラスの森美術館」へ。

箱根ガラスの森美術館 http://www.ciao3.com/top.htm

クリックすると元のサイズで表示します

住所:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原940-48
TEL:0460-86-3111
開館時間:9:00〜17:30 年中無休
入館料:大人 1300円 大学・高校生 1100円 ネットで割引券あり
箱根登山バス「俵石・箱根ガラスの森前」下車

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
今年の企画、クリスタルガラスの庭園が美しかった

美術館内にあったヴェネチアの「点彩花文蓋付ゴブレット
ロスチャイルド家の所蔵品として、名品中の名品と讃えられた作品が気になりました。

ここからバスで芦ノ湖「桃源台」へ行き、湖を海賊船で渡り、箱根の関所へ。

1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ