2008/10/2

1日目:A長崎県諌早市の眼鏡橋  ♨長崎 雲仙観光ホテルと島原・長崎の旅2008.09

諫早で鰻を食べたらせっかくですから、観光も。
こちらで有名なのは諫早公園にある「眼鏡橋」。ちょうどお店の近くです。
個人的には長崎の眼鏡橋より諫早の眼鏡橋の方が好きだな

クリックすると元のサイズで表示します
諫早眼鏡橋 

住所:長崎県諌早市高城町 諫早公園内
JR九州・島原鉄道諫早駅より長崎県営バスで約5分、「諫早公園」バス停下車
上山公園駐車場に100台

クリックすると元のサイズで表示します
橋の上
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します ←クリックで拡大
案内 

諫早の眼鏡橋とは: byウィキペディア
1839年(天保10年)、現在地から約500メートル離れた本明川に架けられた。 世話人たちは「水害でも流されない頑丈な橋」を目指し、長崎の眼鏡橋を参考に架けたといわれている。眼鏡橋は世話人たちの願い通りの出来で、以後一度も流されることはなかった。
1957年(昭和32年)に起きた諫早大水害では、死者・行方不明者580人以上の犠牲者が出た。眼鏡橋は欄干の一部が損傷しただけだったが、眼鏡橋がせき止めた流木やがれきが、水の流れを変え、被害を拡大したとの指摘がなされた。
水害後の復興策では川幅拡張工事に合わせ爆破解体する案も浮上したが、当時の野村儀平市長らが街のシンボルかつ文化財として保存することを強調、さまざまな働きかけで1958年(昭和33年)、日本の石橋として初めて国の重要文化財に指定された
このため、1959年(昭和34年)から1960年にかけて諫早公園への移設工事が行われ、今日も美しい姿を水面に写している。移設工事時に石工たちが参考資料として作った1/5モデルは埼玉県所沢市のユネスコ村に残っている。

道路を渡って向こう側に「御書院と高城回廊」がある。
しかも県立諫早高校の敷地内に。変わってるよね。

御書院と高城回廊とは
諫早家初代龍造寺家晴公が構築した桃山様式の池泉回遊式庭園
高城回廊は諫早小学校跡地から市役所、高城公園、諫早公園周辺を一周する散策路。

クリックすると元のサイズで表示します
御書院
クリックすると元のサイズで表示します
高城回廊 木片を使ったチップ舗装で足元ふんわり
クリックすると元のサイズで表示します
水がとってもきれい

次は 諫早湾干拓堤防道路を通って島原半島へ
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ