2008/10/28

2日目:Aフェリーに乗って天草へ 天草五橋   ♨長崎 雲仙観光ホテルと島原・長崎の旅2008.09

時間配分に失敗したが、だんなの希望で天草五橋(パールライン)を渡ることにした。

天草五橋とは: byウィキペディア
熊本県宇土半島先端の三角(みすみ)から、天草諸島の大矢野島、永浦島、池島、前島を経て天草上島までを結ぶ5つの橋の総称で、1966年(昭和41年)9月24日に開通した。
当初は有料道路だったが、観光客が急増し交通量の増大によりわずか9年で償還を完了して無料化された。
一号橋から五号橋の間の国道266号及び路線に重複する国道324号は、天草で真珠の養殖が盛んなことから天草パールラインと名付けられ、日本の道100選にも選ばれている。
また、大矢野島から上島までの間3km足らずは小さな島づたいで、二号橋・三号橋・四号橋・五号橋がほぼ連続している。
その間の両側の海に大小さまざまな島が浮かぶ風景は、天草松島と呼ばれ日本三大松島の一つに数えられる。

クリックすると元のサイズで表示します
一号橋(天門橋) 全長:502m
クリックすると元のサイズで表示します
一号橋(天門橋)を渡る
クリックすると元のサイズで表示します
途中見かけた 天草四郎メモリアルホール 
クリックすると元のサイズで表示します
二号橋(大矢野橋) 全長:249m
クリックすると元のサイズで表示します
三号橋(中の橋) 全長:361mだったか 四号橋(前島橋) 全長:520m だったか
クリックすると元のサイズで表示します
五号橋(松島橋) 全長:178m


これを往復し、港へ戻ってフェリーに乗って島原へ帰りました。
*島原フェリーについては→ http://diary.jp.aol.com/tabizuki05-08/220.html

クリックすると元のサイズで表示します
鬼池港

次は 今回のメイン 素敵な雲仙観光ホテルについて。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ