2005/10/12

2005年F1 名古屋の夜は「世界の山ちゃん」で  ◎三重&愛知 F1鈴鹿グランプリ 名古屋泊2005&2006.10

予選終了後の晩御飯。
名古屋といえば「ひつまぶし!」と思って、
熱田神宮近くの「あつた蓬莱軒」か、栄にある「しら河」を考えていた。

あつた蓬莱軒 http://www.houraiken.com/

うなぎ しら河 http://www.hitsumabushi.jp/

でもホテルに帰る途中で既に、もうそこまで出かける気力がなくなってしまったのだ。
お疲れ〜な状態なので、ホテル近くにある「世界の山ちゃん」に出かけた。


お皿もコップも調味料入れも山ちゃんなのだ

この店は幻の手羽先なるものがあって、これがどうやら名古屋名物らしい
それはそれで気になっていたので、近くに「山ちゃん」があってよかった〜と思っていたのだが。


幻の手羽先

プチお好みえびせん

ひじき団子 甘酢あんかけしないで〜

名古屋コーチンスープ ほっとするね

一言で言って「うーん名古屋だね。東京でもない、大阪でもない名古屋だわ。すばらしい。」
・・という当たり前なことをしみじみ感じさせてくれました。

なんといったらいいのでしょう。名古屋の方には大変失礼だとは思いますが、
びみょ〜という言葉が頭をよぎります。
はっきりまずい!とは言えないギリギリのライン。人によっては美味いと感じるのかもしれない。

よーく考えてみたら、名古屋名物 手羽先といえば山ちゃんとは聞いていたけれど
うまい!と紹介していたわけではなかったのでした。
世界の」をつけてしまうところが名古屋だとか、そういったことだったような・・・
偉大なる「世界の山ちゃん」。楽しませてくれたぜ。

実は名古屋だけでなく、結構全国に店を持っているようです。
気になる方はHPでも調べて行ってみて下さいまし。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ