2006/2/28


湯田中温泉の旅。
どうやらホテルが変更になったようだ。

今回泊まることになったのは

ホテル星川館  クリック!→ ホテル 星川館

住所:長野県下高井郡山ノ内町平穏2941-50
TEL:0269-33-3278

う〜んどうなんでしょう?

さて、今行なわれている湯田中温泉でのイベント。
温泉すごろく大湯巡り 開催中。
→ http://www.avis.ne.jp/~yorozuya/data/sugoroku.html
普段は地域住民しか入れない代表的な外湯「大湯」6カ所を開放し、
巡回シャトルバスで回るスタンプラリー。
宿泊者は無料、宿泊者以外は1000円。
大湯6箇所とは湯田中大湯、安代大湯、渋大湯、角間大湯、穂波大湯、星川大湯。

期間限定なので善光寺とあわせて楽しみ。
0

2006/2/21


今回の温泉旅行。バスツアーで長野湯田中渋温泉へ。
どうやら宿泊するホテルが決まったようだ
湯田中温泉ではあるが、以前行った渋温泉ではないみたい。

ホテル豊生 クリック!→ ホテル豊生

自館で温泉の源泉をお見せできる、湯田中唯一のホテル・・というのが売りらしい。
ここのオリジナルホームページを見た時には引いたよ
ああ失敗だ・・と思ったのだが、上の楽天のページを見てほっとした。
まあ一度みてみてよ。
オリジナルHP→ http://housei.info/

1980年代、稼働率20%を切って潰れかけたのを
社長さんが自ら自転車で長野県内や新潟県まで行って老人クラブに飛び込み営業。
見事たてなおし、別館も建てたのだそうな。
だからHPも大目に見るとしよう。でももうちょっと美しくしたほうがいいんでない?
宿の感想は旅行後に。

ついでなので以前渋温泉に訪れたときに泊まった宿とオススメな宿をご紹介

泊まったのは

渋温泉 古久屋 クリック!→ 渋温泉 古久屋

風呂も食事もサービスも申し分なかったと記憶している。
いろんなお風呂、楽しかったよ。でもあの時はぜんぜん温泉に興味なかったからなあ。
また行ったらもっと感動するだろうな。
だって6個も源泉持ってるんだもん!すごい!

渋温泉を散策してあ〜ここを宿にすればよかった!と思ったのは

渋温泉 歴史の宿 金具屋  クリック!→ 渋温泉 歴史の宿 金具屋

いやもちろん泊まった旅館「古久屋」さんに不満があったわけではない。
金具屋さんは建物が素敵だったのだ。国登録文化財なんだよ。
その名のとおり、昔は金具屋さんを営んでいたそうな。
とても古い旅館なので階段が多く、足に自信がない人は遠慮したほうがいいかもしれない。
ちなみにここは4つの源泉。これまたすごい!

渋温泉という街そのものがとても素敵なところなのでオススメ!
長野 渋温泉 http://www.shibuonsen.net/
特に外湯めぐり。9つあります。 足湯もあるよ。
ぜひどうぞ。
0

2006/2/13

湯田中渋温泉郷と善光寺参拝2日間の旅  ♨長野 湯田中渋温泉と善光寺2006.3

いい企画を見つけた。
前にも阪急交通社の格安ツアーでなかなかよいと思ったのでリピートしてみることに。

湯田中渋温泉郷と善光寺参拝2日間 東京・新宿発バスツアー 14000円也!
クリック!→ http://ec.hankyu-travel.com/hei/vsheitour/WEB/hei_tour3_tour.aspx?p_company_cd=1000010&p_course_no=3193A&p_date=&p_naigai=J&p_hatsu=104&p_user_com=&p_baitai=&p_disp=2

実は以前渋温泉と善光寺のセットで友人とフリー旅行をしたことがあるが、
渋温泉がなかなかよかったのだ。
石畳の温泉街で、外湯めぐり。全宿かけ流し。いいざんしょ。

長野 渋温泉 http://www.shibuonsen.net/

長野 善光寺 http://www.zenkoji.jp/

善光寺は戒壇巡りが楽しみ。すでに体験済みであるが。
戒壇巡り:本堂の本尊下の真っ暗な曲がりの多い通路を辿り、本尊真下にある”極楽のお錠前”に触ると極楽往生が約束されるという・・・らしい。

これがめちゃめちゃ怖かった。
真っ暗闇。そんじょそこらの暗闇ではない。
目をつぶるよりも暗い。
絶対一人では入れない。だからだんなと手をつなごうっと。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ