2007/7/20

静岡県三島市の「三嶋大社」と干物屋「丸一企画」  ◎静岡 静岡市・三島市 日帰旅行2007.01

静岡県沼津市で開催された「技能五輪国際大会」に行ってきました。
帰りは三島から新幹線。
せっかくですからちょっと時間が遅いけど三島名物の鰻を食べて腹ごなしに「三嶋大社」へ。
技能五輪国際大会については→ http://diary.jp.aol.com/whfhjxjnjt3w/700.html
*鰻「桜家」については→ http://diary.jp.aol.com/whfhjxjnjt3w/701.html

三嶋大社 http://www.mishimataisha.or.jp/

クリックすると元のサイズで表示します

住所:静岡県三島市大宮町2−1−5 地図はこちら
TEL:055-975-0172
東海道本線・東海道新幹線・伊豆箱根鉄道駿豆線三島駅より徒歩10分
伊豆箱根鉄道駿豆線三島田町駅より徒歩5分
沼津登山東海バス大社前バス停下車すぐ

鎌倉幕府を開いた源頼朝が伊豆配流の時、この三嶋大社に百日参詣をし、
満願の日に源氏再興の旗挙げをしたことでも有名な古社。
三嶋、あるいは三島と書かれる各地の神社の根元社。
5万平方mの神域では、重要文化財の御殿天然記念物の金木犀などが見所。
また、北条政子奉納の国宝「梅蒔絵手箱」をはじめ重要文化財の刀剣・古文書などを多数所蔵し、宝物館で入れ替えをしながら公開している。

御祭神
大山祇命(おおやまつみのみこと)、積羽八重事代主神(つみはやえ ことしろぬしのかみ)、
御二柱の神を総じて三嶋大明神(みしまだいみょうじん)と称している。

御由緒
御創建の時は極めて古く、不明であるが、古くより三島の地に御鎮座し、
奈良・平安時代の古書にも記録が残る。
三嶋神は東海随一の神格と考えられ、平安時代中期「延喜の制」では、名神大に列格された。社名・神名の「三嶋」は、地名ともなった。

クリックすると元のサイズで表示します
神門
クリックすると元のサイズで表示します
舞殿
クリックすると元のサイズで表示します
舞殿について
クリックすると元のサイズで表示します
拝殿の賽銭箱には桐紋
クリックすると元のサイズで表示します
若宮神宮
クリックすると元のサイズで表示します
若宮神宮について
現在の三嶋大社は、平安中期以降に田方郡の国府の近くに新宮として分祀されたものであるとされる。現在地には元々若宮八幡があったが、三島明神が若宮八幡に「藁一把分の土地を譲ってくれ」と言い、若宮八幡がそれくらいならと了承すると、三島明神は藁の束を解いて輪にし、若宮八幡の広大な敷地を囲んで占有してしまったという伝承がある。現在、若宮八幡は三島市西若町にあるが、そのために三嶋大社に背を向けて建ったという。(現在は、三島大社と同じ南向きに建っている。)byウィキベディア

●三嶋大社から三島駅までの途中で見つけた干物屋「丸一企画」でお土産を購入。
昔ながらの天日干し。とても美味しかったぞ。

ひもの 丸一企画  http://www.10p01.jp
(「10p01」は、「てんぴまるいち」とお読みください!)

クリックすると元のサイズで表示します

住所:静岡県三島市本町1−9 地図はこちら
TEL:055−975-2272
営業時間:9:00〜19:00

今回購入したもの
クリックすると元のサイズで表示します
あじ 2枚で多分500円くらい ちりめん 500円

●寄ってないけど気になった店。おにぎりカフェの丸平商店。

おにぎりカフェの丸平商店 http://cafe-maruhei.jp/

クリックすると元のサイズで表示します

住所:静岡県三島市中央町4-16 地図はこちら
TEL:055-975-0068
営業時間:10:00〜19:00
定休日:火曜
駐車場あり
JR三島駅より徒歩約15分
0

2007/2/22

静岡市の蕎麦屋「きしがみ」  ◎静岡 静岡市・三島市 日帰旅行2007.01

東海道五十三次 鞠子宿(丸子宿)」名物のとろろ汁をやめて
宇津ノ谷峠まで足を伸ばし調べておいた蕎麦屋「きしがみ」でランチ。
*とろろ汁については→ http://red.ap.teacup.com/tabizuki05-08/42.html

「きしがみ」は東海道五十三次の鞠子宿岡部宿の間宿(あいのしゅく)、
静岡市内の宇津ノ谷(うつのや)の集落にあるそば屋である。

クリックすると元のサイズで表示します
とても素敵な町並み

きしがみ http://www.kisigami.com/

クリックすると元のサイズで表示します

住所:静岡県静岡市駿河区宇津ノ谷232-2
TEL:054-258-5664
営業時間:11:00〜14:00、16:00〜19:00
定休日:毎週月曜日、第一・第三火曜日 (祝祭日は営業し、翌日休業)
駐車場あり
バス:JR静岡駅より、しずてつバス「中部国道線 藤枝駅」行き(北口6番のりば)に乗車し、約35分「宇津ノ谷入口」バス停下車、徒歩約8分。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

今回いただいたのは

クリックすると元のサイズで表示します
厚焼き玉子 525円
クリックすると元のサイズで表示します
穴子寿司 525円
クリックすると元のサイズで表示します
鴨そばがき
クリックすると元のサイズで表示します
せいろ 840円 十割
クリックすると元のサイズで表示します
つけとろせいろ 1260円 十割

町並みはもちろん、お店もなかなか素敵ですし、なにより蕎麦が美味い
十割とは思えないほどツルツル。
なぜかわからないが、おすすめは穴子寿司と書いてあった。
確かに美味いよ。せいろ一枚だとすぐお腹すいちゃうかなと思って皆注文するのかしら?

車がないと不便なところですが、蕎麦好きには是非行ってもらいたい店です。
0

2007/2/21

静岡市へ日帰り旅行 まずは名物料理 とろろ汁か?  ◎静岡 静岡市・三島市 日帰旅行2007.01

友人を訪ねて静岡市へ日帰り。

東京駅から東海道新幹線のひかりに乗って約1時間。
我が家からでも1時間半と案外近い。


なかなかいいお天気だったので車中で見えた富士山がくっきり!
いつ見てもなんだか雄大な姿に感動してしてしまうのは
代々受け継がれている血・DNAなのか、それとも記憶なのか。

朝9時には静岡駅に到着。
駅からはいったん彼女の新居にお邪魔し、1日何をするか相談。

梅が島」などなかなか素敵なところもあるのだが、今回は
彼女もまだ訪れていないという東海道五十三次 鞠子宿
現在の「丸子・宇津ノ谷」へ行くことにした。

「丸子」へは静岡駅から車で30分くらい。
とろろ汁が有名。それから日本で初めて紅茶を作ったところでもある。

だからランチはとろろ汁に決定。そのあと「宇津ノ谷」へ足を伸ばす計画を建てた。

丸子でとろろ汁といえば、「丁子屋」が有名であるが、
実はその近くにある「一松園」の方が美味しいという地元の情報を聞き、
早速、丸子「一松園」を目指した。

ところが定休日でもないのに「一松園」はお休み。
仕方がないので「丁子屋」に入ろうと思ったが、とろろをやめて
もう少し先にある美味しい蕎麦屋に行くことにした。
蕎麦屋はちゃんとチェックしていったのだ。

クリックすると元のサイズで表示します
移動の前に丁子屋周辺を観光し、手作りこんにゃくと丸子の名物「丸子紅茶」を購入。
今回は普通の紅茶を購入したけれど、
花粉症に効くと話題の茶の種類「紅富貴(べにふうき)」もある

丁子屋 http://gourmet.yahoo.co.jp/0004764308/M0022000953/

クリックすると元のサイズで表示します

住所: 静岡県静岡市駿河区丸子7-10-10
電話: 054-258-1066
営業時間: 11:00〜19:00
定休日: 木曜、毎月最終水曜
   (木曜が祝日の場合は前日休、最終水曜が祝日の場合は営業)


一松園 http://rp.gnavi.co.jp/sb/3014888/

クリックすると元のサイズで表示します

住所: 静岡県静岡市駿河区丸子7-11-5
TEL:054-259-5454
営業時間:11:00〜19:00
定休日:水曜

次は実際のランチ、美味しい蕎麦屋「きしがみ」について
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ