2005/10/18

伊香保温泉 旅館「丸本館」に宿泊  ♨群馬 伊香保温泉1泊2005.10

伊香保の中心 石段街の中段くらいに位置しているから、立地は抜群によい。
普通みんなが写真を取る位置に丸本館はある。


丸本館玄関にて

石段街 この右手に丸本館がある

この宿、ネットの宿泊感想でいい評価を得ている。
2ちゃんねるもここはいいとすすめている。
これってさ、珍しいと思うんだよね。だから是非とも泊まってみたかった。

今回は楽天トラベルから予約 なぜならここが一番安かったから。

丸本館 クリック!→伊香保温泉 丸本館

住所:〒377-0102 群馬県北群馬郡伊香保町48
TEL:0279-72-2031

楽天トラベルの「お客様の声」コーナーを見てみてくださいな。

私の感想:1泊2食付(2名1室)1人 8900円で宿泊。

値段のわりにとても良い宿です。
何はともあれ、清潔。これ、重要です。建物がたとえ古くたって清潔であればいいんです。
お布団とかどうなのかなと思ったけど、これも大丈夫。私にはちょっと枕が高かったけど。

お風呂は源泉かけ流し。
露天風呂があるわけでも、大きな豪華なお風呂っていうわけでもない。
でも温泉を楽しむということは、そんなことは関係ないのねって思うくらい良いお湯でした。
お風呂も清潔だからそう思うのかなあ。
まあ確かに露天風呂の方がいいんだけどね。でもここも負けないくらいよかった。
特に家族で入るには適当な広さだし、貸切もできるからみんなで楽しくお風呂に入れると思うよ。

いつまでやってるかわからないけど
伊香保温泉旅館協同組合青年部が企画している「湯めぐり」が素晴らしいです。
これはこの組合に入っている宿に泊まると他の旅館のお風呂にも無料で入ることができるという企画。
それについては→ http://red.ap.teacup.com/applet/tabizuki05-08/20051017/archive

食事は可もなく不可もなく。
値段から言って、期待するほうがおかしいというもの。十分満足でした。
でももしこの宿に提案するとすれば、もっと地の物を出した方がいいと提案したいね
この季節だったらキノコかな。もっと使っていいと思うんだな。

従業員の方々、多分家族経営だと思うんだけど、みんな温かい
昔はこういう宿が多かったんじゃないかなあ。
このままずっと続けてほしいと思います。

あと、周りの宿と協力してもっと伊香保をよくして、
昔のようにお客様がたくさん来るような街にしていってほしいと思うわ。
0

2005/10/17

2日目 温泉三昧  ♨群馬 伊香保温泉1泊2005.10

帰りのバスの時間は15時。
雨の伊香保は行くところなし。どうしたものかと悩んだが朝起きてみるとお天気

こうなると案も出てくる。不思議だね〜
まずは昨日行った露天風呂のリベンジ。
次にロープーウェイ。そして水沢うどんを食べて、日帰り温泉「黄金の湯」
で閉める。

8時に朝食をいただいて9時過ぎにチェックアウト。
とってもあったかい宿だった。宿については次のブログで紹介

露天風呂へ向かう途中の石段でほっかほかの湯の花饅頭を食す。

湯の花饅頭屋さん 朝はできたてほやほやが食べられる ウシシ

露天風呂はは昨日感じたのとは違って、とても素敵。ゆっくり「ふ〜いいお湯」って感じ。

女風呂の脱衣所 すぐ右に露天風呂

帰りに温泉玉子を食す。

ロープーウェイはまだ紅葉には早かったけど天気が良かったのでなかなかよい景色であった。


昼食。
ロープーウェイのふもとにある「まちの駅」から水沢行きのバス(100円)に乗って、
水沢うどんを食べた。
水沢うどんって日本三大うどんの一つなんだって。知らなかった。
ここには14軒のうどん屋があるが我らは創業400年以上の老舗「清水屋」に入った。

老舗「清水屋」

清水屋のお部屋

水沢うどん

水沢うどんね〜って思って食べたんだけど、胡麻ダレ、おいしかったよ
足を伸ばしてよかった〜。満足。

歩いて水澤寺へ。坂東33番札所の16番目にあたる。

水澤寺へ

本堂

六角堂

本堂でおまいりして、六角堂で地蔵尊を手押し棒で左に3回廻した。
こうすると願いがかなうんだよ。

水澤寺前のバス停から無料バスに乗って見晴下のバス停で下車。
ここにある伊香保グランドホテルの日帰り温泉「黄金の湯」に入った。
とても大きな施設だから期待したんだけど、ちょっとな〜。
町営露天風呂とかかけ流しとか、いいお風呂を体験した後では、
これって健康ランドだなって思っちゃう。
せっかくの泉質「黄金の湯」もかけ流してないから、
さびの粒みたいなのがたくさん浮いてて汚らしいし
露天風呂は景色がいいわけでもないし、泉質「白銀の湯」だし。
というわけで写真なし。

多分グランドホテルに泊まっただけだったら、
お湯のさびの粒もこういうものかと思ってありがたく思うのだろうけど、
かけ流しの本物の黄金の湯を知っているから、だまされないぞ〜って思っちゃうのよね
この施設でバスの時間まで時間つぶしするつもりだったが、全然時間がつぶれなかった。
目の前の「竹下夢二記念館」に入ることも考えたが、残念ながら我々2人とも以前入ったことがあったし、興味もなかったのでこの施設の休憩室で休むことにした。
ここ休憩室もね〜、なんだかな〜って感じなのよ。
奥の和室でテレビみたり漫画読んだりしてすごせたことはすごせたんだけど。
この施設、清潔感がないんだわ。きっとホテルもおんなじね。
グランドホテルは365日7800円(確か)という格安の宿代で泊まれるけれど、
もうちょっとお金出して丸本館に泊まることをおすすめするわ!


予定通り3時のバスで新宿へ。
その後我らは新宿の居酒屋で次の温泉の相談をしたのであった。
0

2005/10/16

1日目 伊香保温泉へは高速バスで  ♨群馬 伊香保温泉1泊2005.10

新宿駅新南口からJR関東バスの高速バス「上州名湯めぐり号」で伊香保温泉約2時間半
格安の往復4100円!
まったくもって快適な旅。鉄道で行ったってどうせ渋川駅からはバス(30分)なんだもの。
それに交通費は高速バスの倍かかる。すばらしいぞ、バスの旅! じつに気に入った。

着いてまず感じたこと。
人がいない。さびれている・・・さみし〜。天気が曇りだからますます寂しい。

気を取り直してとりあえず昼食。
るるぶに載っていた手打ちそば屋「いけや」で三色(田舎・更科・柚子)を注文。
しかしこれが申し訳ないがたいしたことなかった。特に田舎がダメであった
店の構えと雰囲気はよかったんだけどなあ。
バスの中から見ただけだが、竹下夢二記念館のとなりにあったそば屋「○○茶屋」(名前忘れた)の方がよかったかもしれない・・・
いけやの店と蕎麦の写真は取ったが、紹介する気がおきないので載せるのをやめておこう。

さて食べたら目指すは旅館「丸本館」。石段の真ん中くらいにある。うんうん立地は最高だね

今回は温泉がメインなので、伊香保温泉旅館協同組合青年部が企画している「湯めぐり」で温泉を堪能することにしていた。

伊香保づくし http://www.hotels-ikaho.or.jp/
HP下の方にある「湯めぐり」チケットをみてね。

これはこの組合に入っている宿に泊まると他の旅館のお風呂にも入ることができるという企画。しかも無料!めっちゃいいでしょ!
高級旅館に泊まらなくたって他宿のいろんなお風呂に入れるのさ
15時〜18時の間っていう制限と宿泊先から予約を入れてもらわなくちゃならないんだけど、こういう企画ってなかなかないでしょ。

とは言っても、宿の情報が少なくってどこのお風呂がいいのやらよくわからなかった。
とりあえず町営露天風呂と旅館「横手館」のお風呂を宿泊先の「丸本館」さんにお願いして予約してもらった。

ここであいにくの雨。宿から20分ほどぷらぷら歩いて町営露天風呂へ。

露天風呂入り口

ここって本当に露天風呂しかない。驚き!洗い場もない。ただ脱いで入るだけ。ぬるめと暑めの2種類で源泉かけ流し。
余計なものが何もないっていうのもまたいいね!ただ雨で満喫できず。


露天風呂のところに源泉湧出口観覧所

道の途中には飲泉所 まっず〜い!

続いて河鹿橋。夜はライトアップしているそうな。

次に横手館。建物が素敵で一見の価値あり。温泉は源泉かけ流し


横手館入り口

横手館お風呂

露天風呂はなかったが、よその客だというのに一番風呂で貸切状態だったからゆっくり入れてよかった。
伊香保の温泉の素晴らしさをしみじみ感じたよ。

宿に戻って次の作戦を練ったのだが、雨のせいでまた出かける気にならず、そのまま軽く昼寝して夕食に突入。


夕食

大雨降っているけれど、せっかくなので夕食後は「千明仁泉亭(ちぎらじんせんてい)」のバー「楽水楽山」に出かけた。
しかし、人っ子一人外を歩いていない。またまた寂しい気分に。
バーの窓をそっとのぞいたら、お客が1人もいない・・・入る気にならず、そのままお散歩。
この間、誰にも会わなかった。この温泉には客がいるのか?

また宿「丸本館」に戻ってこの宿のお風呂に入る。
別に普通のお風呂なんだけど、源泉かけ流しで広さも適当。清潔だし、空いていれば貸切にできるし言うことなし。


丸本館のお風呂

またいい気分になってきた。温泉ってこんなによかったっけ?年のせい?

翌日わかったことだが、なぜかけ流しにこだわる人がいるのかよくわかった
伊香保の温泉は鉄分が多くて色が茶色。
湧いて出たすぐの温泉は透明なんだけど、空気に触れると酸化する。
だから同じお湯をずっとはっていると茶色の色がだんだん汚くなるんだな。
かけ流しだと空気に触れる時間が少ないので確かに茶色だけどきれいなお湯だってことがわかる。

いい気分のまま夜10時に寝床に入る。
0

2005/10/12

伊香保温泉に決定!  ♨群馬 伊香保温泉1泊2005.10

だんなのグアムに対抗して、伊香保温泉1泊の旅。

泊まる宿は、リーズナブルでしかも口こみ評価の高い
丸本館 クリック!→伊香保温泉 丸本館

今回は諸事情によりケチケチ旅行
安く楽しくあげる」こういうテーマもいいものさ。

往復の交通手段は、JR関東バス 上州名湯けむり号(終点は草津温泉)
新宿駅新南口から出発して高速道路で約2時間半。往復で4100円。

うれしいじゃないの。交通費+旅館代で13,000円ってところですわ。
温泉巡りがたのしみじゃ。

帰ったらまたリポートいたします。
0

2005/10/5

準備段階 伊香保温泉?  ♨群馬 伊香保温泉1泊2005.10

先月に引き続き、今月も遊んでばっかり。

鈴鹿F1観戦の翌週にだんなは社内旅行でグアムに行く。
いいな〜ブルーホール(ダイビング!)。

んじゃこっちはT嬢と温泉だ!
というわけで、とりあえず近場、伊香保温泉にしようと思う。

今のところ、

・リーズナブルでしかも口こみ評価の高い「丸本館
   http://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/11086/11086.html

・ちょっぴり豪華な「ホテル天坊」 http://www.tenbo.com/

・老舗中の老舗「千明仁泉亭」 http://jinsentei.com/oheya.html

が候補に上がっている。

「ホテル天坊」か「千明仁泉亭」の場合、交通費を節約。
新宿駅南口から出ているJRバスに乗れば、片道約2時間半で往復5000円位。

さあどうする?
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ