2009/8/30

横浜中華街の四川料理「重慶飯店本館」で夕食  ◎横浜「ホテルニューグランド」本館の旅



横浜中華街で夕食。
泊まっているホテルニューグランドからは徒歩ですぐ近く。
あまりにたくさんお店があって、どこにしたらいいのかさっぱりわからない。
とりあえず四川料理の有名店へ行くことにした。

重慶飯店横浜中華街本館 http://www.jukeihanten.com/tenpo/01honkan.html
    ぐるなび http://r.gnavi.co.jp/g119505/ ←クーポンあり



住所:神奈川県横浜市中区山下町164 地図はこちら
TEL:045-641-8288
営業時間:11:30〜22:00(ラストオーダー21:00)
席数:185 禁煙タイム11:30〜14:00
みなとみらい線「元町・中華街」駅2番出口より徒歩約2分
JR線「石川町」中華街口(北口)より徒歩約8分

 店内

今回いただいたのは:本場四川メニュー 5,780円コース




 和牛(ブリスケ)の辛子煮込み

 水餃子

 大正海老のチリソース

 

 海の幸入りおこげ

 重慶飯店本館特製マーボー豆腐

 アンニン豆腐

重慶飯店は1959年開業。
中華街の中でも四川料理の店としては古い歴史を持つ。
横浜中華街の中に4店舗ある。
 ・重慶飯店本館 
 ・重慶飯店新館 
 ・重慶飯店別館 
 ・重慶茶樓

意外なことに本館が一番質素な感じがしました。
今回は本場四川の味が楽しめるコースがあったので、本場四川メニュー5,780円を選択。
ほとんど辛い料理で展開していて、季節によって若干ないようが違うようだ。

しかしながら、辛いというより甘辛い感じで
ひーひーいうような辛さはなかったので私にはちょっと物足りなかったかも。
それにしても量が多くて、つらかった。
(コストパフォーマンスがいいというのかもしれないが)

気づいたら満席。なかなか人気のお店のようです。



大通りを歩いていたらとても古いお店
「安楽園」http://gourmet.yahoo.co.jp/0001306518/ を見つけました。

重慶飯店 本店 (四川料理 / 元町・中華街、日本大通り、石川町)


0

2009/8/29

横浜「ホテルニューグランド」本館 食事編  ◎横浜「ホテルニューグランド」本館の旅

横浜のクラシックホテル「ホテルニューグランド」本館。
建物編お部屋編に続いて食事編。

今回は残念ながらホテル内の食事は朝食で本館5階の和食とバーのみ。
夕食は本館のイタリアン「イル・ジャルディーノ」と思っていたが貸切で入れず、
隣のザ・カフェは以前食事をしたことがあったので、中華街で食事しました。

本館1階のメインバー「シーガーディアンU」
 バーの入口




フェアの大葉ヒート 1300円くらい

席数: 43席
営業時間: 17:00〜24:00 (L.O 23:30) テーブルチャージなし

本館5階の和食「京料理 熊魚庵 たん熊北店 横浜店」



和朝食か京の朝粥か選べます 私はお粥にしました
朝食がついていないプランの場合、1人2625円になります

5階には宴会場がある その前のスペース

素敵な照明を発見!

営業時間:7:00〜10:00 11:30〜14:30 17:00〜22:00(LO 21:00)

宿泊者はホテル内のレストラン・バーを利用する際、
鍵を見せれば、10%引きになります

次は中華街「重慶飯店本店」で夕食。
0

2009/8/28

横浜「ホテルニューグランド」本館 お部屋編  ◎横浜「ホテルニューグランド」本館の旅

横浜のクラシックホテル「ホテルニューグランド」の本館。
建物編 に続いて お部屋編。

本館には
・シングルシャワー
・シングルバス 18.3m²
・グランドツイン/ダブル 28m²
・ハリウッドツイン
グランドデラックスツイン 33.5m²
・グランドスイート 53.3m²
・マッカーサーズスイート
があり、今回はちょっとフンパツして「グランドデラックスツイン」に泊まった。

 エレベータ内

 昔のままの階段

 3階の廊下

 335号室
グランドデラックスツイン



 バスルーム
シャワーはガラス張りでバスタブとは別になっている
 
パジャマの他にバスローブあり。タオルがたくさん用意されていました

当初、スタンダードツインである「グランドツイン」にしようかと思ったが、金額が2000円しか違わなかったので、ワンランク上の「グランドデラックスツイン」にした。
今回は朝食付きのプランで1人9500円でした。

我らが泊まった3階には、マッカーサー元帥が執務室として使ったことで知られる
マッカーサールーム315号室や、作家大佛次郎が愛用した318号室がある。

部屋はゆったりしていて、椅子のすわり心地もよく満足である。
また、バスルームもきれいで明るい。
これらはリニューアルのおかげだろう。

次はバーと朝食について。


  クリック!→  楽天トラベルクチコミ★4.48
0

2009/8/27

横浜のクラシックホテル「ホテルニューグランド」本館  ◎横浜「ホテルニューグランド」本館の旅

クラシックホテル巡りを長いことかけてしている。
ぼちぼち終盤に差し掛かっていたので、いつでも行けると後回しになっていた
横浜のホテルニューグランドに泊まってきました。
もちろん中華街とセットで。
それに横浜開港150周年祭もやってるしね。

ホテルニューグランド http://www.hotel-newgrand.co.jp/

 山下公園から

住所:神奈川県横浜市中区山下町10番地 地図はこちら
TEL:045-681-1841
チェックイン15:00 チェックアウト11:00
駐車場150台
・宿泊者は1泊につき1,500円(チェックイン〜翌日13:00 利用OK)
・レストラン利用では
 2,000円未満 … 1時間無料
 2,000〜5,000円 … 2時間無料
 5,000円以上 … 4時間無料
地下鉄みなとみらい線「元町・中華街駅」 1番出口より1分
JR根岸線「石川町駅」より13分

   クリック!→  楽天トラベルクチコミ★4.48

ニューグランドホテルの歴史
1927年(昭和2年)開業。山下公園の目の前に建っている。
開港地である横浜には明治以降外国人向けのホテルが数多く建てられていたが、
関東大震災でそれらは軒並み倒壊してしまった。
震災後、外国人の需要に応じたホテルの建設は急務となり、横浜市が中心になって震災復興のシンボル的意味合いを持つ新たなホテルが建設されることになった。
完成後は東京の帝国ホテルと同様、外国人に一流のサービスを提供できる数少ないホテルとして機能し、空襲で壊滅した横浜にあって戦災を免れた。
1927年現在と同じ渡辺仁の設計(他に国立博物館や銀座和光などの設計が有名)による開業時からの建築は本館として現存しており、クラシックホテルの代表例として名高い。
(本館6階相当部分の増築は、J.H.モーガンによる設計)

開業時から、チャーリー・チャップリン(映画監督)やジョージ・ハーマン・ルース(メジャーリーグ選手)といったスター、皇室や英国王室といった賓客が数多く訪れている。また、ダグラス・A・マッカーサーが1937年(昭和12年)に新婚旅行で滞在したことでも知られている。
戦後、厚木飛行場に到着したマッカーサーが最初にに宿泊し、 第一生命館に移るまで連合国軍総司令部(GHQ)が設置された。
マッカーサー元帥が執務室として使ったことで知られるマッカーサールーム315号室や、作家大佛次郎が愛用した318号室がある。
接収中には高級将校の宿舎として使用され、 1952年(昭和27年)6月30日に接収解除となり、7月5日より営業を再開した。

ホテル料理人の源流のひとつでもありドリアや、ナポリタン、プリンアラモード等の料理を生み出し、日本人の食文化に大きく影響を与えた。


 「ザ・カフェ」の入口



 本館の玄関

 新館のロビー

 本館1Fラウンジ「ラ・テラス」

 1Fザ・カフェの入口

 本館2Fへ
大階段上部のタペストリー(天女奏楽之図)が素敵


 ロビー
照明も昔のままで素敵です。



夜のロビー



 昔のフロント
今はブライダルの受付

白い低層が本館で、茶色のタワーが新館となっている。
クラシックな部分は開業当時のままの本館。「近代化産業遺産」に指定されています。
今回はこちらに泊まりました。

ホテルのフロントは新館の入口にあり、駐車場は車ごとエレベータに乗って地下へ。
フロント・ロビーの向こう側が本館になり、ラウンジがあります。
大通りから入るエントランスは昔のフロントのところに設けられていて
入ってすぐに大きな階段。階段の下からはエレベータが見えます。
階段を上ると左側が昔のフロント(現在はブライダルの受付)で、
あとはフロア全体がロビー、というより広間という感じになっています。

この階段とロビーがもっとも素敵な空間です
普段は特に使われていないのが実にもったいない。
せめてこの空間でゆっくりお茶をいただきたいものです。

そういうことからわかるように、
ホテルとしてはあまり本館を重要視していないように感じます。
タワー(今となってはタワーというほど高くないが)重視。
宿泊プランも本館は目立ちませんし、メインダイニングもタワーにあります。
(本館1階にイタリアンとカフェとラウンジはありますがメインダイニングはタワー)
昔のメインダイニングは本館5階にあり、現在宴会場となっています。
だから普段みることができません。

なんてもったいない!

2007年、開業80周年を機に本館のリニューアルを行なっているそうですから、
継続してもうちょっと有効利用して欲しいと切に願います。

次は泊まった本館のお部屋について。

なお、今回は残念ながらホテル内の食事は朝食で本館5階の和食のみ。
夕食は本館のイタリアン「イル・ジャルディーノ」と思っていたが貸切で入れず、
隣のザ・カフェは以前食事をしたことがあったので、中華街で食事しました。
0

2009/8/4


だんなの最近のマイブームは日本酒。
タイムリーなことにWOWOW「銘酒誕生物語」という番組が
今めちゃめちゃ頑張っている酒蔵さんを紹介している。

何回の号で伏見の酒を紹介していたので、早速その日本酒「蒼空」を購入。
美味かったので今回の京都旅行で行ってみた。

蒼空は藤岡酒造のお酒。酒蔵内に酒蔵Bar「えん」を開いているのだ。

藤岡酒造 http://www.sookuu.net/



住所:京都府京都市伏見区今町672-1 地図はこちら
TEL:075-611-4666
営業時間:11:30〜18:30
定休日:水曜日(祭日は営業)
京阪 伏見桃山駅下車 徒歩約5分 
京阪 丹波橋駅下車 徒歩約5分
近鉄桃山御陵前駅下車 徒歩約6分
近鉄丹波橋駅下車 徒歩約6分

 入口

 入って左手にバー

 正面が売り場
ぼけぼけですみません
バーのメニュー

今回いただいたのは

蒼空 おりがらみ

蒼空 大吟醸生酒   500円

帆立貝のひもしぐれ 430円

山うに豆腐 430円

自家製酒粕アイスクリーム 450円 うまっ

吟醸酒まんじゅう お土産 確か5個入りで1000円くらい これもうまっ

もちろんお酒も買っていきましたよ

伏見には酒蔵が約20あって、そこで最も小さいのがこの藤岡酒造さん。
蒼空は売れてる銘柄であるが、今でもラベル貼りまで全部手作り・手作業。
瓶はイタリアのベネチアのもの、ラベルは布で栓はコルク。手作り感いっぱいだ。

最近頑張っている美味しい日本酒を造る酒蔵には30代から40代の当主が多く、
一時廃業に追い込まれたというようなところも多い。
金銭的にも精神的にもかなりつらい時期があっただろうけれど、
お酒を飲む側にとってはそんなことは(残念ながら)関係ない。
美味しくなければ飲まないのだから。つまり うまけりゃいいのだ!

Barえんは売り場の隣に設けられていて、座敷になっている。
タンクがガラス越しに見えるカウンター(掘りごたつ式)と
(冬は)囲炉裏(になる)のまわりに座布団。
店内にはジャズが流れている。

蒼空というお酒が好きな方には是非行ってもらいたい。
(蒼空しか置いてませんから)
飲めない方は是非アイスを食べてみて。酒粕のつぶつぶ感がとてもいいです!

近所に(駅の商店街の中)伏見の全蔵元の酒を利き酒できる酒屋さんもあります↓


油長 http://www.aburacho.co.jp/

うーん、いつか全国酒蔵見学ツアーをやりたいものだ。

藤岡酒造 酒蔵Bar えん (日本酒 / 桃山御陵前、伏見桃山、丹波橋)



これにて奈良京都旅行、終了。
0
タグ: 京都 伏見 日本酒

2009/8/3

京都観光:C【世界遺産】銀閣寺  ◎京都「柊家旅館」と奈良「奈良ホテル」の旅 2009.07

@三十三間堂、A東寺、B金閣寺の次は観光ラストの銀閣寺へ。

金閣寺から銀閣寺へはバスで移動。確かガイドブックには30分くらいと書いてあったが、
もっとかかったような気がする。

銀閣寺(東山慈照寺) http://www.shokoku-ji.or.jp/ginkakuji/

住所:京都府京都市左京区銀閣寺町2 地図はこちら
参拝時間 :夏季(3/1-11/30)8:30〜17:00
      冬季(12/1-2/末日)9:00〜16:30
拝観料:大人・高校生500円 中学・小学生300円
京都市営バス銀閣寺前バス停下車徒歩6分
京都バス・京阪バス銀閣寺道バス停下車徒歩10分
有料駐車場あり(京都市営駐車場使用)

銀閣寺とは:byウィキペディア
正式名は東山慈照寺。山号は東山(とうざん)。
銀閣寺を創建したのは室町幕府8代将軍の足利義政で祖父である足利義満が建てた北山山荘
(金閣寺)を参考に、1482年東山文化の代表東山山荘を造営した。
楼閣建築である観音殿を「銀閣」と通称し、
観音殿を含めた寺院全体を「銀閣寺」と通称している。
金閣寺ほどの規模はないが、銀閣寺にも会所、常御所(つねのごしょ)などの大規模な建物が
建ち並んでいた。しかし、現存するのは銀閣(観音殿)と東求堂(とうぐどう)だけ
義政は東山山荘の完成を待たず1490年1月に死去した。
義政の菩提を弔うため東山殿は寺に改められ、相国寺の末寺として慈照寺が創建された。
銀閣寺は戦国末期に前関白の近衛前久の別荘にもなったこともあったが、
前久の死後再び相国寺の末寺となった。

なお、金閣と通称される鹿苑寺舎利殿には金箔が貼り付けられているのに対し、
銀閣と通称される慈照寺観音殿には銀箔は使用されていないが、
全体に黒漆が塗られていたと考えられている

なお修復に際し、黒漆を再現するべきか、現在の木目をそのまま生かすか
議論が分かれている。
2009.07現在は修復中で骨組みと、屋根の見本は見られる。
1994年には「古都京都の文化財」として 世界遺産に登録されている。

 哲学の道(遊歩道)
銀閣寺道バス停からは哲学の道を通って

土産物屋や食堂などが並ぶ通りを歩く
 総門
門の向こうに見えるのが銀閣寺垣。
総門から中門までの参道の両脇に、まったく見通しのきかない高い生垣が約50m続いている。
その生垣の下に造られた高さ90cmの竹垣を「銀閣寺垣(ぎんかくじがき)」と呼ぶ。
美しく整えられた銀閣寺垣は、椿が開花する3〜4月が見頃。
本来は防衛のために造られたものだそうだ

 拝観券はお札
大きさは縦17.1cm、横6cm。金閣寺のお札より一回り小さい

 国宝 銀閣
銀閣は2層構造で初層は「心空殿」といわれる住宅風様式を取っている。
上層は「潮音閣」といわれる禅宗様(唐様)の仏堂。
現存する唯一の室町期・東山文化を代表する楼閣庭園建築。
金閣寺に貼られた金箔と同じように銀閣寺には銀箔が貼られていたという説もあったが、
銀閣には銀箔を貼った痕跡はなかった。
足利義政が茶道を趣味とし禅宗文化に帰依したわびさび人なので
創建当初から銀箔を貼る計画はしていなかったものと思われる。
2007年1月に行われた科学的な調査でも銀箔は検出されなかったと発表された。

 修復中
拝観料半分にしてよという声を聞いたが、
ある意味骨組みが見えるのもめったなことじゃないからラッキーとも思える。


屋根は柿(こけら)葺き、内部は2層

銀閣の前にある錦鏡池(きんきょうち)を中心に池泉回遊式庭園が広がっている。
現在の庭園は江戸時代に改修されたもので創建当時とは異なっている。
この庭園は1952年に特別史跡、特別名勝にも指定されている景勝地である。

 向月台
方丈の前庭にある白砂の砂盛り向月台(コウゲツダイ)。
私にはプリンにしか見えないが・・・
向月台の上に座って東山に昇る月を眺めたと言われているが、
現在のような形になったのは江戸後期になってから。

 銀沙灘
波紋を表現した銀沙灘(ギンシャダン)
向月台や銀沙灘が月の光を反射して銀閣を照らすという
この砂の中に何故か蜂がたくさん。刺されそうで恐かったよ。





 国宝 東求堂
足利義政の持仏堂として建てられた。
義政の西方極楽浄土への願いが込められている。
内部は4つに分けられている。阿弥陀如来、義政像を安置する部屋。
茶室と書院造の書斎「同仁斉(どうじんさい)」は4畳半の広さで作られている。
この同仁斉には硯箱などを飾り、違い棚には茶道具が並べられている。
4畳半茶室の発祥の地として言われ、その後の建築に影響を及ぼしている。

 展望所からの眺め
境内東側にある高台に上ると展望所

次は伏見へ。「蒼空」という名の日本酒を作っている藤岡酒造さんのBar。
0

2009/8/1

金閣寺近くの蕎麦屋「花巻屋」でランチ  ◎京都「柊家旅館」と奈良「奈良ホテル」の旅 2009.07

金閣寺を見終わったころ、ちょうどお昼になりました。
バスで観光していると、所要時間がわからず、どこでお昼時間を向かえるかわからないので、
だいたい金閣寺・銀閣寺周辺のみ、事前に食べログで調べましたが、
ここぞ!というお店は見つかりませんでした。

なので、今回は行き当たりばったり。
金閣寺近くの交差点で見回したところ、手打ちそばの旗が見えた。
まあいいかなと思える蕎麦屋を発見。

京のそば処 花巻屋 



住所:京都府京都市北区衣笠御所ノ内17-2(西大路通鞍馬口東入ル2軒目)地図はこちら
TEL:075-464-4499
営業時間:11:30〜16:00 夜は予約で
定休日:不定休





今回いただいたのは

にしんおろし 1380円

京都に来たらやっぱりにしんそばだよね〜というわけで、冷たいお蕎麦でにしんを。
太めのお蕎麦でした。

行き当たりばったりのわりには良かったと思う。
それにしても超メジャー観光スポットの前だというのに、
食事するところがあんまりないっていうのは寂しいね〜。っていうかガッカリだな。

京のそば処 花巻屋 (そば / 北野白梅町、等持院、竜安寺)



次は銀閣寺。
1
タグ: 京都 金閣寺 ランチ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ