2009/4/10

大多喜の「ろばた焼 童子」でランチ  ◎千葉大多喜たけのこの旅 2009.04&2010.04

竹の子買いに千葉県大多喜まで。
大多喜の中でも平沢のたけのこが最も美味しいといわれている。

最後のお楽しみはプロの竹の子料理をいただいてみましょう!ってんで、
平沢の奥にある「ろばた焼 童子(わらべ)」へ。
この時期だけ、竹の子料理が食べられるのだ。
しかも秘境?隠れ家的?

ろばた焼 童子(わらべ) http://www.waiwai-warabe.jp/

 ここが入口

住所:千葉県夷隅郡大多喜町平沢1605 地図はこちら
TEL:0470-84-0354
営業時間: 11:30〜23:00 年中無休(要予約
目の前に7台位駐車できます 携帯は圏外です!



 庭? 広い

 離れ 今回はこっち

 離れの中

今回いただいたのは:かぐや姫コース 4200円

 お通し







 竹の子天ぷら

 竹の子ご飯



非常にわかりにくい山の中にある。行かれる方はとりあえず上のHPを見て欲しい

国道465号線にまず一つめの店の看板が出てる。
そこを曲がって(もうこの辺から携帯圏外)さらにアスファルトの道を走ったら
2つめの店の看板が出てて、そこからわき道に入り、
杉林を抜けて 竹林を抜けて、トンネルを抜けて 
ほんとにここでいいの〜?って思うほどの道を入っていくのです

昼間はまだいいですが、夜になったら多分照明なし。月明かりの中を走るって感じだな。
でも これがまた いいんだな〜。雰囲気あって。
ちなみにこの店の先には「竹仙郷」という似た感じのお店があります。

 途中はこんな

このお店、要予約で、いろんなコース料理が用意されているが、
今回はこの時期限定(5月中旬まで)の竹の子料理を予約。
「づくし」に近いので、この日はもう竹の子料理はいいです〜ってなるくらい食べました。
お酒は竹酒があり、これも囲炉裏であっためます。
ろばた焼の方は炭火で基本的にはお店の方が焼いてくれますが、
予約で一杯の時は待ちきれず自分で焼くので、みんなでわいわいが楽しいだろうね。
夫婦2人ではちょっと寂しかったかな。

帰りの車のルートは平沢ダムの脇を通っていけば道が広めで安心です。
というか、お店に来るお客さんとすれ違わないように違うルートで帰るのがマナーかな。

雰囲気が素敵なので、近くまで来たら是非寄って見てね。

ろばた焼 童子 (ろばた焼き / 総元)


1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ