2009/6/1


最後に鹿児島空港の施設を紹介。
天然温泉足湯「おやっとさあ」があるのだ。

鹿児島空港 天然温泉足湯 おやっとさあ http://www.koj-ab.co.jp/domterminal/domoyatto.html



場所:鹿児島空港1階前面通路 3番出入口横(国内線ターミナル1階)
利用時間:9:00〜19:00 (冬季は18:00まで)無料
タオルは足湯のところで、200円で売ってます。

「おやっとさぁ」は鹿児島弁で「お疲れさま」「ご苦労様」という意味だそうな。
待ち時間はこちらでのんびりできていいね。

次に、鹿児島空港で買ったお土産たち


黒豚いっぱい でも普通でした。。。残念。
 揚立屋のさつま揚げ

揚立屋のさつまあげ http://www.agetateya.com/
甘さ控えめと書いてあったので購入。
空港で買えるものとしてはここが一番かどうかはわからないけど、おいしいです。

鹿児島といえば、さつま揚げ、黒酢、鰹節だと思って探したのですが、
枕崎の本枯節(鰹節)がほとんどなかった
専門店を入れてもいいくらいだと思うんだけどな〜。売れないのかなあ。

晩御飯になりそうなものをお土産にすると
南九州の中で一番美味しくって楽しい買物が出来たのは宮崎空港でした
鹿児島空港、頑張れ!

これにて鹿児島旅行のレポ終了。
0
タグ: 鹿児島 空港 土産

2009/5/29

上野原縄文の森内の「レストランフォレスタ」でランチ    ♨鹿児島 桜島と霧島神宮と妙見温泉「石原荘」の旅2009.04

鹿児島県霧島市の「上野原 縄文の森」の中にある「レストランフォレスタ」でランチ。
こちらへは入場料を払わないで利用することができる。

レストラン フォレスタ http://box.ubag.jp/forester/



住所:鹿児島県霧島市国分上野原縄文の森 施設内2F 地図はこちら
営業時間: 9:00〜17:00 
定休日:月曜日(休園日と同じ)
TEL: 0995-46-7711
JR国分駅から車で約25分
鹿児島空港から車で約40分

 ランチメニュー

今回いただいたのは

縄文ランチ 1050円

このような施設内にあるレストランには正直いつも期待していない。
でもここはなかなか美味しかったし、頑張ってると思う。
古代米やどんぐりそばといった縄文にちなんだ料理がたくさんあって楽しませてくれる。
下手なとこ行くよりきっといいよ!


いただいた縄文ランチの内容は
・海老と季節野菜の天ぷら
・豚ばら肉の黒酢煮 (「さかもとの黒酢」使ってます)
・珍味3点盛セット
・魚介のカルパッチョ
・ご飯・汁物・デザート・コーヒー 満足です。

縄文時代のピクニック弁当が気になりましたが、要予約だそうです。

奄美の自然から生まれた健康ドリンク「ミキ」350円なんてのもありました。
米・さつまいも・砂糖が原料の飲み物だそうですが、色はカルピスのよう。
飲まなかったけど、気になりますな〜。

また、ランチバイキング1575円(税込)があるようですが、
当分の間、10名以上の予約のみのサービスだそうです。

 土器のミニミニレプリカ
買お土産コーナーにあった。何にも入んないというのに買っちゃいましたよ。

レストランフォレスタ 上野原縄文の森 (郷土料理(その他) / )




次は鹿児島空港の足湯。
0
タグ: 鹿児島 遺跡 縄文

2009/5/28

鹿児島霧島市の「上野原縄文の森」   ♨鹿児島 桜島と霧島神宮と妙見温泉「石原荘」の旅2009.04

妙見温泉の素敵な宿「石原荘」を後にして、向かった先は「上野原縄文の森」。
縄文時代の遺跡だ。
帰りの飛行機の時間まで半日あったので、それまでの間楽しめるところといったら
ここくらいしかなかったからというのが行った理由なんだけど、
とっても素敵な施設なので、遺跡好きには是非行ってもらいたい場所
っていうか、もっと宣伝すればいいのにぃ〜。もったいない。。

上野原縄文の森 http://www.jomon-no-mori.jp/

 

住所:鹿児島県霧島市国分上野原縄文の森1-1 地図はこちら
TEL:0995-48-5701 
開園時間:9:00〜17:00 展示館入館は16:30まで
体験学習館:9:00〜16:30(ただし受付は16:00まで)
    7月〜8月は、19:00まで駐車場が開いています。
休園日: 毎週月曜日(月曜日が休日に当たるときは翌日が休園日となる)、年末年始
    ※4月29日〜5月5日 及び 8月13日〜15日は無休
利用料:大人 300円 高・大学生 210円 小・中学生 150円
体験学習館の体験については→ http://www.jomon-no-mori.jp/hayamih.htm
JR国分駅からタクシーで約20分(路線バスは廃止されました)

上野原縄文の森とは:  byウィキペディア
鹿児島県霧島市上野原にある近世から縄文時代早期にかけての複合遺跡。
跡は保護のために埋め戻され、その上に縄文時代の竪穴式住居などが復元され、
財団法人鹿児島県文化振興財団が管理する上野原縄文の森という公園として整備されている。
1986年(昭和61年)に、国分市(現・霧島市)において工業団地(国分上野原テクノパーク)の造成中に発見された。
同年から1996年(平成8年)にかけて鹿児島県教育委員会が発掘調査を行い、近世から縄文時代早期前葉までの遺跡群を含む複合遺跡であることがわかった。
特に遺跡群の最下層には発見当時において日本列島で最古の大規模な定住集落跡があり、出土した土器が1998年(平成10年)に国の重要文化財に、遺跡の一部が1999年(平成11年)に国の史跡に指定された
「縄文文化は東日本で栄えて西日本では低調だった」という常識に疑問を呈する遺跡ともなった


 復元集落



 遺跡保存館



 地層観察館

 

 埋蔵文化財センターのお仕事
見学できます!
 上でつながってる通路
 
ランチしたレストランが見える
 企画の展示
展示館では企画として土器棺墓・・つまりお墓ですな。これの特集をやってました。
鹿児島南部にある南摺ヶ浜遺跡のものが中心で、これもなかなか面白かったです。


 これが
 こんな風に埋まってた
 わかりやすい


時間があったら体験館で「火起こし」やってみたのになあ。。
と思うようないろんな教室があるので、お子さんと一緒に是非どうぞ

次回は上野原縄文の森内の「レストランフォレスタ」でランチ。
0
タグ: 鹿児島 温泉 霧島

2009/5/28

鹿児島県妙見温泉「石原荘」のお食事  ♨鹿児島 桜島と霧島神宮と妙見温泉「石原荘」の旅2009.04

妙見温泉の「石原荘」。お風呂が一番だけど、お食事もいいんです。

今回は宿のホームページで 一番リーズナブルなプラン「梅ぷらん」で予約。
平日だったので、2名一室で1人18900円。
このプラン、夕食も朝食も お部屋ではなくて地下にあるちょっと変わった食事処の食彩石蔵で。

まずは夕食から。
暗かったのでフラッシュ焚いちゃってますが、
見た目にも美しく、とても美味しいお料理でした。

 
変わった空間なんだけど暗すぎてわからないな〜

お品書き











薩摩酒ずし
甘いお酒をお寿司にかけていただく
 

 鹿児島黒牛クレソンソース

 ひつまぶし

 取り分け後



次は朝食。食事の場所は同じく石蔵の地下だけど和室でした。







ロビーにある売店で売っていたチーズケーキがとても気になったけれど
我慢して宿をチェックアウト。
駅までシャトルタクシー送迎で。宿泊者限定のサービス(要予約)で
鹿児島空港または隼人駅から宿までの区間をタクシーだと3000円くらいかかるところを、
小型タクシー1台1000円で利用できるのだ。うれしいサービスだね。

鉄道に乗って向った先は「上野原縄文の森」。そこについては次回。
0

2009/5/26

鹿児島県妙見温泉「石原荘」の混浴露天風呂  ♨鹿児島 桜島と霧島神宮と妙見温泉「石原荘」の旅2009.04

妙見温泉の「石原荘」。ここのお風呂は素敵。

・男女別の大浴場「天降殿」(お客さんがいらしたので写真なし)
・時間制の貸切露天風呂「七実の湯貸切露天風呂」
・川と一体となった露天風呂「椋の木露天風呂」(混浴) 
しかもそれぞれに源泉があり、源泉は全部で4本。

贅沢なのは、自噴温度55度に加水、貯湯をせず、空気に触れさせない熱交換器を使って
文字通りの「源泉100%かけ流し」にしている。

どのお風呂も玄関から一度出て隣の棟へ向う。ちょっと歩きます
だから足の弱い方には向かない宿ですね。

貸切露天風呂「七実の湯貸切露天風呂」の次は
川と一体となった露天風呂「椋の木露天風呂」。

休憩所とつながっているのは「七実の湯貸切露天風呂(紹介済み)」、
男女別れた大浴場「天降殿」(今回はお客さんがいたので写真なし)。
その大浴場入口の目の前に休憩所の出口があり、そこからまた外に出て
川と一体となった露天風呂「椋の木露天風呂」へ向かいます。

 大浴場前の扉から出て



 椋の木露天風呂入口

 階段を下りる

 簡単な脱衣所
ここで着替えるのは若い女性には勇気がいります。
なのでせめて行きは先に大浴場でタオルを巻いた上に浴衣を羽織って出かけるといいですよ〜
 タオルを巻いて下りる

 





 川との境目わかる?
右下が温泉
 脱衣所から撮ってみました
女性2名が入っているの、わかるかな?

時間で区切られています。
・朝10時〜15時 男性専用露天風呂
・夕方15時〜0時 混浴露天風呂(タオル巻いてOK)
途中にある脱衣所は男女共同
体を洗うところはありませんので、それは大浴場で済ませて行きましょう。

次は夕食。
0

2009/5/21

鹿児島県妙見温泉「石原荘」の貸切露天風呂   ♨鹿児島 桜島と霧島神宮と妙見温泉「石原荘」の旅2009.04

妙見温泉の「石原荘」。ここのお風呂は素敵

・男女別の大浴場「天降殿」(お客さんがいらしたので写真なし)
・時間制の貸切露天風呂「七実の湯貸切露天風呂
・川と一体となった露天風呂「椋の木露天風呂」(混浴) 
しかもそれぞれに源泉があり、源泉は全部で4本。

贅沢なのは、自噴温度55度に加水、貯湯をせず、空気に触れさせない熱交換器を使って
文字通りの「源泉100%かけ流し」にしている


どのお風呂も玄関から一度出て隣の棟へ向う。ちょっと歩きます
だから足の弱い方には向かない宿であるが。

玄関から出たところから、近い順に紹介しよう。
まずは貸切露天風呂「七実の湯貸切露天風呂」。

 玄関を出て

 石蔵の前を通ると

 足湯(冬期は閉鎖なので入口だけ)
 門を通り抜けると

 飲む温泉 まっずーい!

 廊下を通って

 休憩所 
夜はレモン水 朝はコーヒーが準備されている

 

 
向かって左の扉が「七実の湯貸切露天風呂」への入口
 階段を下りて



 これが入口

 
夕方から30〜40分 部屋ごとの貸切

朝10時〜15時は女性専用露天風呂 夕方15時〜は貸切露天風呂。
この露天風呂には、体を洗う道具もスペースもないので
最初に休憩所の近くにある大浴場(今回はお客さんがいらしたので写真なしです)で
身体を洗ってから、浴衣に着替えてこの七実の湯貸切露天風呂にどぼん!しましょう。

次は 川と一体となった露天風呂「椋の木露天風呂」(混浴) 
0

2009/5/20

鹿児島県妙見温泉の旅館「石原荘」よかったど!   ♨鹿児島 桜島と霧島神宮と妙見温泉「石原荘」の旅2009.04

霧島神宮からは車でそう遠くない妙見温泉(みょうけんおんせん)に宿をとった。
宿の名は「妙見 石原荘」。

これがめっちゃいいんだ!
今まで泊まった宿の中で最高だな!


親孝行するにはぴったりの宿で、満足満足。

妙見温泉石原荘 http://www.m-ishiharaso.com/index.html



住所:鹿児島県霧島市隼人町嘉例川4376 地図はこちら
TEL:0995−77−2111 
チェックイン16:00  チェックアウト10:00 (プランによって若干違います)
キャンセル料:宿泊予約日の1週間前から
シャトルタクシー送迎(宿泊者のみのサービスで要予約)
 鹿児島空港または隼人駅から宿までの区間を小型タクシー1台1,000円で利用できる
温泉バス・パスポート (本数少ないです)
 各旅館、空港総合案内所、隼人駅ヨコ物産館にて購入
 ○3日間乗降り自由・温泉券2枚付・・・1,000円
 ○1日乗降り自由・温泉券1枚付・・・・500円
 同伴の小学生および幼児は2名までOK。温泉の利用料金は各施設にて規定料金を支払う
■ 車を利用の場合
 鹿児島空港インターより約15分
 日豊本線隼人駅より約15分

今回は宿のホームページ↑で 一番リーズナブルなプラン「梅ぷらん」で予約。
平日だったので、2名一室で1人18900円。
平日だからだけどこれで2万円以下なんてめちゃうれしい!

このプラン、夕食も朝食も お部屋ではなくてちょっと変わった食事処の食彩石蔵で。

川沿いの1人3万円〜のお部屋は一休.comでも予約できます。

まずはお部屋の紹介から。我らが泊まったのは2階道路側2部屋。
海松(みる)と藍(あい) どちらも8帖+談話室、バストイレ付きで 広いです!







シンクあり

 ウエルカムおいなりさん
この前にウエルカムドリンクはロビーでいただきました
細かいことなんだけど、ここのお茶、美味しい〜。フロントで買おうと思ったら高かった。

ここは何がいいって 部屋もいいけど、露天風呂と食事。あ、全部か。
お風呂は普通の男女別れた大浴場と貸切露天風呂のほかに
川と一体となった椋の木露天風呂がある。これがいいんだ〜

残念ながら 椋の木露天風呂は夕方15時〜0時 混浴露天風呂 だけど、
バスタオル巻いて入っていいので、ちゃんと入ってきましたよ〜

それについては次回。
0

2009/5/20


桜島の次は霧島市まで戻り、霧島神宮へ。

古事記の世界。過去には宮崎県の天岩戸神社
高千穂神社槵触神社(くしふるじんじゃ)鵜戸神宮
 へ行っています。

霧島神宮 http://www.kirishimajingu.or.jp/index.htm

住所:鹿児島県霧島市霧島田口2608-5 地図はこちら
JR日豊本線霧島神宮駅よりバスで10分(時刻表
詳細は林田バス国分営業所(0995-45-6733)
本数が少ないので駅からはタクシーになると思います

主祭神
・ニニギノミコト(天饒石国饒石天津日高彦火瓊瓊杵尊)
・コノハナサクヤヒメ(木花咲耶媛尊)
・ヒコホホデミノミコト(彦火火出見尊)
・トヨタマヒメ(豊玉媛尊)
・ウガヤフキアエズノミコト(鸕鶿草葺不合尊)
・タマヨリヒメ(玉依媛尊)

御由緒
天祖天照大神の御神勅を畏み戴きて三種の神器(皇位の御璽)を奉持し、高千穂峯に天降りまして皇基を建て給うた肇国の祖神<天孫瓊瓊杵尊>をお祀りしている。
旧記によると欽明天皇の御宇(西暦540年)、はじめ高千穂峯のほど近く脊門丘に社殿が建立されたが、その後たびたび噴火炎上し幾星霜を経て今から五百年前現在の社地へ御鎮座になりました。
いまの御社殿は第二十一代藩主島津吉貴公が正徳5年(1715年)に造営寄進されたもので、絢爛たる朱塗りの本殿、拝殿、勅使殿等その配置はまさに輪奐の美をなし、西の日光とも称せられる。
特に殿内は漆塗りで二十四孝の絵画、龍柱、床には鴬帳りが施されている。
明治七年二月「霧島神宮」と社号改定、官幣大社に列格仰せ出されました。



 社務所

 さざれ石



 御神木は杉

 拝殿
 
 菊紋 重要文化財

慶応二年(1866年)、坂本竜馬・妻のおりょうが新婚旅行でこの地に訪れています。

京都伏見の寺田屋事件(1866年1月23日未明)で幕史に襲われ九死に一生を得た龍馬は妻おりょうとともに霧島の山深く入り温泉で傷を治しながらその足で霧島山(高千穂)の峯にある天の逆鉾を見ようと妻おりょうと高千穂登山をしています。
姉乙女への手紙によりますと「天の逆鉾」を見て天狗の面に似ていると二人で微笑んだと記されています。下山途中は一面にみやまきりしまが咲きほころび美しい情景であったそうです。またその足で霧島神宮をお参りし、大きな杉の木もあるが御神殿の建物にも奥深いものがあると感じながらここに一泊しそこから霧島の温泉に戻り四月十二日鹿児島へ帰っているようです。坂本龍馬が鹿児島へ訪れた行程は八十八日間と示され、現在の新婚旅行とも言われています。by案内板

次は妙見温泉の旅館「石原荘」。良かったのだ!
0
タグ: 鹿児島 霧島 古事記

2009/5/13


鹿児島県の桜島。鹿児島市からフェリーに乗ってついたところにある公園に足湯がある。
これが今のところ、日本一長い足湯。全長100メートル
今回は陸続きの大隈半島側から溶岩道路を走って来た。

桜島溶岩なぎさ公園足湯
http://www.city.kagoshima.lg.jp/_1010/kanko/2shizen/_31756.html

場所:鹿児島市桜島横山町1722番地3(溶岩なぎさ公園内)地図はこちら
   桜島フェリーターミナルから徒歩約10分
利用時間:9:00〜日没(年中無休)無料
泉質:ナトリウム‐塩化物泉(天然温泉かけ流し)約42℃

 駐車場から岸へ



 曇りでも桜島が良く見えます

 足湯長いです



ここからフェリーに乗って鹿児島港へ。
所要時間15分。大人1人150円という安さ。
それにすごいですよ、ここは24時間営業・・じゃなくて運航しているのです。

桜島フェリー http://www.sakurajima-ferry.jp/



 さようなら 桜島

次はこの日のランチ なぜか沖縄料理。
0
タグ: 鹿児島 桜島 足湯

2009/5/11


鹿児島県福山の黒酢と道の駅「たるみず」で足湯に続いて、活動中の桜島へ。

ただし、地元の方から上の方には行かないで、
すぐ避難できるところまでにした方がよいと言われました。

桜島とは:byウィキペディア
鹿児島県の錦江湾(正式には鹿児島湾)にある東西約12km、南北約10km、周囲約55km、面積約77km²の半島であり、大隅半島と接続している。
御岳(おんたけ)と呼ばれる活火山によって形成され、頻繁に噴火を繰り返してきた歴史を持ち、2009年現在も小規模であるが噴火することがある
30回以上の噴火が記録に残されており、特に文明、安永、大正の3回が大きな噴火であった。
その大正の噴火は1914年(大正3年)1月、約1ヶ月間にわたって頻繁に爆発が繰り返され多量の溶岩が流出した。一連の噴火によって死者58名を出した。溶岩流は桜島の西側および南東側の海上に伸び、それまで海峡(距離最大400m最深部100m)で隔てられていた桜島と大隅半島とが陸続きになった
また、火山灰は九州から東北地方に及ぶ各地で観測され、軽石等を含む降下物の体積は約0.6km3、溶岩を含めた噴出物総量は約2km3(約32億トン、東京ドーム約1,600個分)に達した。噴火によって桜島の地盤が最大約1.5m沈降したことが噴火後の水準点測量によって確認された。この現象は桜島北側の海上を中心とした同心円状に広がっており、この中心部の直下、深さ約10kmの地中にマグマが蓄積されていたことを示している。
また、特産品として、かぶらを大きくしたような世界一大きい大根「桜島大根」と、
世界一小さなみかん「桜島小みかん」が有名。


桜島は島とはありますが、上にある通り、大正の噴火で大隅半島からは陸続きに。
島内の主に海辺を走る溶岩道路へと入り、最も近い有村溶岩展望所で見学しました。

有村溶岩展望所 http://www.kyukanto.jp/photo/jp/detail/id160.html

 無料です 
全長1kmの溶岩遊歩道 溶岩だらけ
 



 生ジュース売り場が

現在登山は禁止されています。
ちょうどこの日の一週間前に警戒すべき状況になったようで、
実際、車にはうっすらと火山灰が。山は生きてますね。

この他に見学できる場所は標高374mにある湯之平展望所(行ってません)や
次回紹介するフェリー乗場付近にある溶岩なぎさ遊歩道があります。
まだ出来たばかりの桜島溶岩なぎさ公園足湯で足湯を堪能して
桜島フェリー(カーフェリー)で鹿児島市へ渡ります。

桜島溶岩なぎさ公園足湯 http://www.city.kagoshima.lg.jp/_1010/kanko/2shizen/_31756.html
桜島フェリー http://www.sakurajima-ferry.jp/

というわけで、次は桜島溶岩なぎさ公園足湯。

*これから桜島へ行こうと思っている方への参考にどうぞ↓
気象庁 現在の噴火警戒レベルhttp://www.seisvol.kishou.go.jp/tokyo/keikailevel.html

今日現在は 噴火警戒レベル2(火口周辺規制)です。内容は↓

【レベル5】避難 噴火警報 危険な地域ではすべての住民が避難する。
【レベル4】避難準備 噴火警報 災害時要援護者は避難する。
              危険な地域ではほかの住民も避難の準備を行う。
【レベル3】入山規制 噴火警報 (火口周辺警報)
          状況に応じて、登山禁止や入山規制などが行われる。
          災害時要援護者の避難準備が行われる場合もある。
【レベル2】火口周辺規制 噴火警報 (火口周辺警報) 火口周辺は立ち入りが規制される。
【レベル1】平常 噴火予想 火口内では立ち入りの規制をする場合がある。

1
タグ: 鹿児島 桜島



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ