2011/7/10

なんて贅沢キラキラ 軽井沢ハーブ研修  ♨軽井沢 星野温泉の宿「星のや」に宿泊

軽井沢のハーブ研修。これがメイン。

お伺いしたのは、スパ軽井沢のハーブファームハーブ

スパ軽井沢 http://spa-karuizawa.jp/

SPAKARU化粧品の原材料であるハーブを育成しているところで
生態系を守るために一般の方は立ち入ることのできない場所に行ってきました。

オーナーのユーストーリー椛纒\の松本正二さんにご案内頂き、
ハーブ摘み放題の贅沢でとっても楽しい研修となりました。

直前まで雨雨。帰りも雨霧
でもファームにいる間だけ晴天晴れ
晴れ女が多かったのかな〜?
それともみんなの日ごろの行いが良いせい?


標高1100m、浅間山麓に広がるハーブファーム


とはいっても農作業 
刺されたら大変なアブがたくさんいるので暑いけど長袖



 ラベンダー
ちょっと早かったです

 ジャーマンカモミール

 ダマスクローズ
ダマスクローズは精油にすると1万円以上する商品になります
これを摘んでいいなんて 贅沢〜キラキラ


洗濯網にいっぱい摘みました! 30種類は摘んでるね

 
フレッシュハーブティにします ヤカンに15種類くらい入っています


フレッシュ(ドライじゃない)でもこんなに色が出るのですね〜


ここがスパカルの事務所です


スパカルの商品を購入  パッケージはこのファームの写真 
とってもいい香り それだけでも癒されます
もうしばらく自分で使ってみてよければ販売店契約も考えてみます♪


オーナー松本さんのオススメのお店にみんなで晩御飯
高原和食 おがわ http://r.tabelog.com/nagano/A2003/A200301/20000769/
おでんと串揚げのお店。
野菜がとてもおいしいのですが、特に
トマトは食べたことない味で、めちゃめちゃ美味しかった♪

我が家に帰ってからは・・・


ジャーマンカモミールをフレッシュハーブティにしてみました
花の部分だけ使います


摘んだハーブを惜しげもなくお風呂に
これを2日間たのしみました♪ すごーくいい香り

有藤先生、来年もまた行きたいですかわいい

ユーストーリー鰍フみなさま、
素敵な時間と空間をありがとうございました土下座

これにて軽井沢の旅、終了。
0
タグ: 軽井沢 温泉

2011/7/8

中軽井沢のフレンチ「無彩庵」でランチ  ♨軽井沢 星野温泉の宿「星のや」に宿泊

軽井沢ハーブ研修。2日目のランチは中軽井沢のフレンチ「無彩庵」で。

無彩庵 http://www.ryoubi.jp/cgi-bin/ryoubi/sitemaker.cgi?mode=page&page=page1&category=1



住所 長野県北佐久郡軽井沢町長倉1891-50
TEL/FAX:0267-44-3930
営業時間:11:00〜13:00LO. 17:00〜20:00LO.
冬季休業 2月
料金(税込):ランチ   ¥3,150 ¥5,250  ¥8,400※
      ディナー ¥5,250 ¥8,400 ¥12,600※
      アラカルト ¥1,500〜      ※印は要予約
クレジットカード不可
駐車場あり

今回いただいたのは: 【ランチB】¥5,250(税込) 












「無彩庵」は、エルミタージュ ドゥ タムラの姉妹店で、カジュアルフレンチ。 
店の外観は緑に包まれていて、初めての方はわかりにくいかな。

このお店には中軽井沢からではなく、「星のや」からタクシーで行ったため、
駅からどのくらいかはわからないのですが、運転手さんに聞いたところ、
中軽井沢駅から歩くのはちょっと遠いとおっしゃってました。

店の中は大きな窓ガラス、高い天井、白が基調となっていて、清潔感があり
季節感が感じられる素敵な空間です。

今回のランチはB5350円(ちなみにAは3150円です)
プリフィックスで、アミューズ・前菜2品・魚料理又は肉料理・デザート
・コーヒーという構成です。

野菜たっぷりで、見た目も美しく、とても美味しかったです。
ちょっと高いかなという印象ですが、
軽井沢という土地を考えるとこのくらいなのかなという気もします。

カジュアルではありますが、おとなしくできない小さなお子さんがいる家族で
というのは不向きと思われます。

無彩庵 池田




関連ランキング:フレンチ | 中軽井沢駅



次は今回のメイン。ハーブ園へ。






0
タグ: 軽井沢 温泉

2011/7/3

軽井沢 星野温泉の宿「星のや」 お食事編  ♨軽井沢 星野温泉の宿「星のや」に宿泊

ハーブ研修で軽井沢へ。宿は「星のや軽井沢〜谷の集落
施設編お部屋編温泉編に続いて、食事の紹介。

宿泊プランは素泊まり、朝食のみ、2食付とあります。
また、ルームサービスを頼むことができます。

今回の宿泊は天気もよくなさそうだったし、車じゃないので、2食付にしました。

宿内の食事どころは、メインダイニング「日本料理 嘉助」。
集いの館の1階にあります。

夕食はこちらで。朝食はここで和食をいただくか、
星野エリアにあるホテルプレストンコートの洋食、もしくはルームサービスと選べます。
われらは2食とも「日本料理 嘉助」で。
宿泊の予約時に食事の時間も予約してありましたが、
チェックイン時に1時間遅らせてもらいました。

夕食:17:00〜21:00(予約制)
朝食: 7:00〜12:00(好きな時間に)

@夕食


段々畑のようです 隣の席が近いですぅ






嘉助特製季節野菜のおとうふ




かごの中身は↓



焼き物 : 以下の3品より選ぶ
 安曇野放牧豚 (←今回注文)
 太刀魚
 信州牛サーロイン(←追加料金2,500円)








デザートは2種出ます

素泊まりでこちらを夕食にすることも可能です。
その場合は12600円〜(税込み・10%サービス料別)

A朝食








温泉を入れて蒸しあげ。これが美味しい♪



素泊まりでこちらで朝食をとる場合、3200円(税込み・10%サービス料別)

他に、星野エリアの食事場所は
ハレニレテラス、村民食堂、ホテルブレストンコートがあります。

さて、最後に全体の感想

素泊まり状態の宿代が3万円台。食事代が加わって5万6千円。

これを高いと思うかどうかは、
こちらのコンセプトに合う方かどうかというところでしょう。

私は今までこんなにお支払いしたことがないので、比較対象がありません。
一度は泊まってみたい宿だけれど、2度目はどうかなあ。。。
友人が是非泊まってみたいというのなら、喜んで泊まりますが。

次回があるとすれば、夕食を軽井沢内の美味しいお店にしますね。
あ、こちらの和食が美味しくないというわけではありませんよ。
でもこの値段なら美味しい店がほかにたくさんあるんじゃないかと・・・

最終的に食事が美味しいと感じられると、
私の中ではいい宿ということになるようです。

日本料理 嘉助




関連ランキング:懐石・会席料理 | 中軽井沢駅




次は中軽井沢でフレンチランチ!
0
タグ: 軽井沢 温泉

2011/7/2

軽井沢 星野温泉の宿「星のや」 温泉編  ♨軽井沢 星野温泉の宿「星のや」に宿泊

ハーブ研修で軽井沢へ。宿は「星のや軽井沢〜谷の集落
施設編お部屋編に続いて温泉の紹介。

温泉は2箇所。
施設内にある「メディテーションバス」と日帰り温泉でもある「トンボの湯」。

@メディテーションバス 

変わったお風呂です。闇と音で瞑想してもらおうというコンセプト。

39度と温泉としては低めの温度。深めのプールのようになっていて、
最初の大きな空間が「光の湯」、幅の狭い通路を進むと真っ暗な部屋「闇の湯」。

目が慣れれば、真っ暗ではないんですけど、
狭いところと暗がりが怖い方はやめたほうがよさそうですぞ

ほかに、サウナ、水風呂、リラックスルームがあります。
また、深夜の時間帯は入口で宿泊者にしか分からない暗証番号が必要です。

利用時間: 24時間(清掃時間11:30〜15:00を除く)

 お風呂の棟

 橋を渡ります



 リラックスルーム

中は暗くて写真を取れませんでした。
コンセプトはいいし、面白いんだけど、みんなが静かにしてくれないと瞑想は無理だなあ。

Aトンボの湯

宿泊空間の外にある日帰り温泉。
朝一番の9時から10時までが宿泊者専用となっていますので、
普通の温泉、露天風呂が好きな人は是非こちらに。
人が少なくていいですよ〜。

大浴場、露天風呂、サウナ、水風呂
利用時間:9:00〜23:00(22:00受付終了)
星のやご宿泊者専用時間:9:00〜10:00


茶屋の前を通って




隣には村民食堂があります 






残念ながら人が入っていましたので 露天風呂は写真撮れず

宿泊客は浴衣と作務衣で見分けているようですので、何も持っていく必要ありません。

朝風呂は気持ちがいいので大好き。
露天風呂が広くていいですね〜。

日帰り温泉としての「トンボの湯」の詳細
   →http://www.hoshino-area.jp/tonbo/

受付時間 :10:00〜22:00 (閉館 23:00)
電話番号 :0267-44-3580
利用料金 :大人1,200円 / 子供700円(3才〜小学生)
※G.W2011年4月29日(金)〜5月8日(日)および8月は特別料金
大人1,500円/子供1,000円
貸しタオルセット 300円などあり

この星野エリアには他に
ショップやレストランが入った「ハレニレテラス」、エコツアーの「ピッキオ」が
あります。(いずれも詳細は↑のアドレス)

あいにくの雨だったのもあるけれど、星のやでゆっくり過ごすのに満足してしまって、
ハレニレテラスには行きませんでした。
マルシェをやっていたりして、次回は寄って見たいな。

次は食事編。

0
タグ: 軽井沢 温泉

2011/7/1

軽井沢 星野温泉の宿「星のや」 お部屋編  ♨軽井沢 星野温泉の宿「星のや」に宿泊

ハーブ研修で軽井沢へ。宿は「星のや軽井沢〜谷の集落
施設編に続いて、お部屋の紹介。

泊まったのは山路地の部屋2階。コウモリのマークの棟の314号室。

 この棟コウモリ

 314号室の入り口

 隣の部屋

 入り口から中を見る

 リビング
3人目のお布団はこのソファ(ソファ自体がベッドと同じ素材でできてるんだって)
もちろん程よい時間にベッドセッティングしておいてくれる

 ベッド
天井が高いです 天井の窓が開けられますがこの日は雨でしたのでトライできず

 テラス


あいにくの雨であまり活用できなかったのが残念
天気がよければルームサービス頼んで、ここで食事がいいでしょうね〜


部屋のお風呂も温泉かどうか、不明(聞き忘れた)今回利用しませんでした
外の景色がみれてなかなかよさそうです♪

 アメニティ
紺色の小さな袋がなかなかかわいい。これに貴重品入れて持ち歩きました
施設編で紹介した「うぐいすのはな」と石鹸は売店で売っています


お部屋担当の方がお茶を入れてくださいました

 全体の地図 
この地図持って散策♪

最初のチェックインのときに、浴衣と作務衣のどちらがいいか聞かれます。
お部屋にはお願いしていた作務衣が用意されていました。
カップルなら女性は浴衣もいいと思いますが、
施設内(食事も)は作務衣のままでOKなので、ゆったりのんびりするなら断然作務衣。

部屋にはお水とポットとコーヒーとお茶がありました。
もちろん冷蔵庫にいろいろ入ってましたよ。

次はお風呂編。
0
タグ: 軽井沢 温泉

2011/6/29

軽井沢 星野温泉の宿「星のや」 施設編  ♨軽井沢 星野温泉の宿「星のや」に宿泊

ハーブ研修で軽井沢へ。宿は「星のや軽井沢〜谷の集落

あいにくの雨で、写真がどんよりしちゃってます。残念だなあ。

星のや軽井沢 http://www.hoshinoya.com/
  一休.com→ http://www.ikyu.com/dg/guide/acc8/00001008/00001008a.aspx

住所:長野県軽井沢町星野  
Tel:0267-45-6000
チェックイン: 15:00〜24:00
チェックアウト: 12:00

この宿は朝食付きで2泊からの連泊が基本ですが、
1か月前から1泊でも予約を受け付けてくれます。
実際、連泊したくなるような宿です。

長野駅南口から無料送迎バスが出ています。2時間に1本くらいの割合。
バスを降りると目の前がレセプション。
ここは受付だけするところ。


レセプション入り口
 ちょっと歩いて

 
車で来た場合はここで降りて預けます


ここでウエルカムドリンクを飲んだら、
お客様ごとに車に乗って、お泊りの部屋へ案内してくれます。
レセプションと宿泊場所は離れていますので、途中一般道を通ります。

到着。車は宿泊する棟の前で止まります。
部屋については次回紹介しますので、まずはお庭の様子やそのほかの施設を紹介。

星のやでは、季節によっていろんなイベントが用意されています。


左の棟が 水波の部屋




ここも 水波の部屋 大きなガラスなのでテラスや中がよく見えちゃいます


池には鴨の親子が。めっちゃかわいい


集いの館入り口。出入り口になる2階にライブラリーラウンジ、和食「嘉助」、キッズルーム、
1階にチェックアウトするレセプション、お土産コーナーがあります。


集いの館に入るとまずお茶コーナー。セルフサービスです。
お土産コーナーでも売っていたハーブティやお菓子があります


コーヒー紅茶のほかに梅ジュースもあります


ライブラリーラウンジ めちゃめちゃ落ち着きます
足を伸ばして座れるソファがいいです〜


見下ろすと 和食「嘉助」 食事は部屋食ではありません


キッズルーム


階段下りたら ロビー


お帰りの際はこちらでチェックアウト


その奥にお土産コーナー
ここでお土産に洗顔料「うぐいすのはな」(下参照)を購入
宿泊のお部屋に置いてあったのを使ってみたら、
ピーリングのようにお肌すべすべになって、気に入りました


ちょっと離れたところに 茶屋

ここで、この宿の注意点を。
この宿は普通の温泉旅館とホテルの中間をいく宿です。
不便が多くて嫌いというお客さんもたくさんいると思いますので、
この宿のコンセプトを理解してから行ってみてください。
コンセプトについては、一休.comの対談を見てね。
 →http://www.ikyu.com/magazine/hyaku/7/h1.htm

・やたら階段が多いので、足の悪い方やお年寄りには向きません。
 2階の部屋がありますが、実際には3階、4階分の階段を上ります。
・部屋や敷地内全体的、暗い照明になっています。
・テレビがありません。
・団体できゃーきゃーというよりは、ゆったりのんびり、
 時間を忘れたい方が多いと思います。
 きゃーきゃーしていると他のお客さんから白い目で見られますよ。


次は泊まったお部屋。

購入した洗顔料↓ パッケージは違うけど中はコレだと思う
本当に本物のうぐいすのフンを使ってるなんて知らなかったわい。

0
タグ: 軽井沢 温泉

2011/6/28

軽井沢のフレンチ「ウルー」でランチ  ♨軽井沢 星野温泉の宿「星のや」に宿泊

中医アロマ協会主催のハーブ研修1泊2日で軽井沢に行きました。
お泊りは星野温泉の「星のや」と頑張ったので、交通費をちょっと浮かそうと
行きは新宿から高速バスに乗って軽井沢へ。

キラキラ号 http://travel.rakuten.co.jp/bus/agt/cstm6_33.html

■ 東京=軽井沢 間 (片道) 2,000円〜  ■ 東京=草津温泉 間 (片道) 2,500円

【運行スケジュール】 ※詳細は↑のページを必ずご確認下さい
横浜(08:00発)→ 新宿(09:10発 ⇒⇒ 軽井沢(11:40着)→ 草津温泉(13:10着)
草津温泉(14:10発→ 軽井沢(16:30発) ⇒⇒ 新宿(19:00着) → 横浜(20:00着)

高速1000円が終わったおかけで、高速道路はスムーズでしたが、
高速を降りてから霧が濃くなって、道路が渋滞。結局予定時刻の40分オーバーで到着。

軽井沢駅で待ち合わせていた友人とまずはランチ。

バスの停車場所がプリンスホテルのはずれなので、
駅まで行く途中、アウトレット内の「軽井沢味の街」を通りました。
こちらはリーズナブルなお店が集まっていて、どの店も並んでいます。

そこで事前に調べておいたフレンチレストラン「ウルー」へ。
アウトレットの比較的空いている場所にあるため、穴場です。

HEUREUX(ウルー) http://misceladoro.co.jp/Restaurant/index.html



住所: 長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢1178-160
   軽井沢プリンスショッピングプラザ イースト内
TEL: 0267-41-4630
営業時間:ランチ11:00〜14:30(L.O)
     ティータイム15:00〜16:30(L.O16:00)
     ディナー17:00〜21:00(L.O)冬期はL.O19:30
定休日: 水曜



今回いただいたのは:ランチコース 1900円
 オリーブ

 パン
右側のパンはトマトが練りこんであります

 じゃがいもの冷製スープ
スープかサラダのどちらか選択

 鴨のコンフィ

 別料金のデザート
+500円

 サービスのクッキー

空いててよかった。ゆっくり食事できました。
全体的に美味しかったし、よかったと思いますが、
紅茶がリプトンのティーバックの味ってのがいただけなかったかな。
・・・と友人が申しておりました。(私はコーヒー飲んだので・・・)

今回は車じゃなかったから関係ないけど、駐車場の近くなのもGOOD!

次はいよいよ星のやへ。

ウルー




関連ランキング:フレンチ | 軽井沢駅


0
タグ: 軽井沢 温泉



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ