2009/9/20  12:53 | 投稿者: 一輝

今日、これから指導してきたお二人の結婚式なので、サポートで叩いてきます!
場所は横浜。シルバーウィークのせいか、交通量が多い!
クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/9/20  0:43 | 投稿者: 一輝

約1ヶ月ぶりの埼玉教室でした!
先月から、週末にイベント入ったり、韓国行ったりしていたので、発表会前だというのに、全然練習出来ず、かなり焦っていました!
で、今日、まず子供クラス。
・・・すっかり忘れている(笑)それでも何度か通すと、だんだん思い出して来たのか、元気よく叩いていました!
最後は、本番を想定した入り捌けの練習。まあ、なんとかなるでしょう!

続いて大人クラス。すっかり体系が元に戻った主婦達・・・。
基本打ちから、すっかり力が入り過ぎて、なんど「もっとリラックス!」と言ったことか!
曲練習では、所々抜けていましたが、最後にはビシッと決めてくれました!

ちなみに明日は、以前以来を受けた夫婦の結婚式。サポートとして叩いて来ます!
で、明後日からはプチ合宿。2日間ミッチリ缶詰状態で行います。2日目は教室の生徒全員集合して、全体総合リハーサル。

木曜からはダンサーと共演のため神戸へ。
0

2009/9/16  23:34 | 投稿者: 一輝

本日、無事に韓国から帰国しました。
・・・それにしても、最初から最後まで振り回されたフェスティバル。
腹が立つし、イライラするし、悔しいし、呆れるしで、とても疲れました(笑)

今回、結果は駄目でしたが、自身の演奏終了後すぐに、ポルトガル、ポーランド、インド、ウズベキスタン、モンゴル、韓国の出演者が、次々と私の所にやってきて、「エキサイティング!!」やら「会場がシンフォニーだったよ!」とか、「パワーを頂いた!!」など等、数々の嬉しいお言葉を頂きました!

芸術はスポーツではありませんので、ハッキリとは甲乙つけられません。
それこそ、極端な言い方をすれば、審査員の好き嫌いの判断になります。
それは、ポルトガルやポーランドの方々も言っていました。
「みんな文化が違う。環境も違う。そんな中で生まれた自国の、いや民族の音楽や踊りを、一体どうやって優劣を付けるのだ??」

本当に、一体どうしたいのか!?そう考えさせられた1週間でした。
また、ある意味、フェスティバルの裏側を見れた1週間でもありました。
0

2009/9/10  12:48 | 投稿者: 一輝

あと一時間後に韓国に向けて出発します!

あ〜、緊張してきた!!
クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/9/10  1:35 | 投稿者: 一輝

とは、大げさかもしれませんが・・・(笑)
明日から韓国に行って来ます。
今回は、毎年開かれているドラムフェスティバルではなく、【デルフィックゲーム】という、世界の芸術の祭典に、日本のDANCE BOXというNPO法人から推薦を頂き、ソロで参加する事になりました!

この【デルフィックゲーム】。
歴史は紀元前からあったらしく、オリンピックと同じように4年に一度開催されていたみたいです。オリンピックがスポーツの祭典なら、こちらは芸術の祭典とも言われているのですが、一度は無くなったみたいです。
で、1994年にドイツのとある方が先頭に立ちこの祭典を復活させ、再開したフェスティバルです。

芸術祭なので、ダンスやマイム、舞踏や工芸、音楽でも弦楽器、打楽器、木管楽器、ブックアートや彫刻等、様々なジャンルがあります。
私はもちろん、打楽器の即興ソロ部門に出演いたします。
そして、なんといってもオリンピックの芸術版なので、金、銀、銅のメダルがあるらしく、いわゆるコンテストで、単なるお祭りではないのです!
打楽器ソロ部門の参加者は、全員で14人。それぞれ各国から推薦を受けて参加する猛者達です。日本からは私、ただ一人です。
数日前からすでに緊張していて、お腹を下しているのですが・・・、このゾクゾク感がたまりません!
どうなるか判りませんが、今まで培った事を全て出し切ってきます!
0




AutoPage最新お知らせ