2012/10/5  22:03 | 投稿者: 一輝

今日は撥について。
つい先日メンバーから質問があり、私もかなり気になっていたので、書いてみます。
テーパーバチの事です。
ご存知の方は多いと思いますが、知らない方のために簡単に言うと、このバチは持っている所から、叩く部分に向かって細くなっている形状のバチです。
握っている部分は太く、先端は半分以下の細さになっています。

このバチ、私はダメです。
初めて見て、試しに購入してみましたが、一打叩いて「こんなん叩かれへんやん!」となり、ゴミ箱に捨てました。
なぜテーパー撥はダメだったのか?ですが、その前に「なぜこのような形状のバチを作ったんや?」という所が気になりました。
色々考えました。
で、私の結論はこうです。
1、バチ先に重さを伝えれないので、小手先で叩きたい人のため。
2、早叩きしたい人のため。
です。
ちょっと言葉が悪いかもしれませんが、今思い浮かばなかったので、こう書きます。
まず、手元より先端は軽く細いんです。これは野球のバットで考えると、グリップが先端で、ボールが当たる部分を持っているになります。
なぜバットは先が太く重いのかを考えると判ると思いますが、自分の体重を乗せやすいし、バットの重さで振り抜く事が出来るからです。これが逆だとどうでしょう?バットスイングは早くなりますが、先端へは体重をのせいくいはずです。
バチも同じです。先端が細い事により、意識が手元だけになります。つまり指ではなく手の中で転ばすことになり、指先の繊細な感覚でコントロールするのが困難になります。また、先端が軽いので、バチの重さを利用して上から落とす事も困難になるのです。つまり音を鳴らすのが非常に難しい訳です。
それを判っていて超上級者向けに作ったのなら判りますが、どうやらそういう感じはありません。
締太鼓で使われているのが多いと聞きますが、残念ながら太鼓の音は鳴ってないだろうと予測がつきます。

私が一打叩いた瞬間捨てたのも、そこにあります。
このバチでは、先端に重心をのせる事が不可能、つまり太鼓の音が鳴らせないと感じたからです。
あと、私の技量が追いついてなかった、というのもあります。

もちろんテーパーの利点もあります。
ただ叩くだけなら、先端が軽いので早く叩けます。
・・・それだけです。
「そんなもん、音鳴ってなかったら意味ないねん!」と私は思うので、このバチは使いません。

悪口じゃないですよ!あくまでも私の持論です。
2




AutoPage最新お知らせ