久しぶりに  

堪忍袋の緒が切れかけた話。

前々から拓をいじめる子がいます。
春休みということもあり、昼間は児童センターで過ごすのですが、遂に私と妻を怒らせる事態に。

拓は彼の事が嫌い【もちろんか】だから、普段から避けてましたが、常に向こうから意地悪をしてくる始末。

私は、子供同士の事だからという事で拓の聞き役に徹してましたが…

夕方、迎えに行った帰り道、泣きながら

『お昼ご飯の時に仲間外れにされて、一人で食べた』

私の中で、この行為は完全に『いじめ』です、妻が即児童センターに電話。

事の全容は

拓は友達二人とお昼ご飯を食べようとしたら、そのいじめっ子が、
『一緒にご飯を食べよう。こっちへおいで』
と言ったそうです。
拓も、もちろん付いて行ったら


『拓はこっちに来るな!』


拓の心中を察するとなんと悲しいお昼ご飯だったでしょう。

彼は一人ぼっちで辛い気持ちで食べていたのです。

先生達が、おかしいと思い、声をかけたみたいですがあくまでも【自発的に】仲間に入れてもらいなさい、という内容の話。

先生達の言う事も分かります。

ただ、その状況で『僕も仲間に入れて』なんて普通言えます?

私は無理です。

拓の気持ちが痛いほど分かります。

さて、ほどなく当事者【家族同伴】が謝りに来ました。

しかし、『仲間外れにする発言』はしてないとの事。
じゃあ、一体何しに来たの?

弁解するくらいなら来なくてけっこう。

家庭環境を言い訳にしないで下さい。
私にとってはそんなのは激しくどーでもいい話ですし、同じ環境で、立派に育てている方々に大変失礼です。

拓にはこう言いました。
『今日、された事が本当に悲しかったのなら、誰か他の子が同じ事をされた時にちゃんと助けて、そばにいてあげなさい。もし、それで拓もいじめられたら、直ぐにお父さんに言いなさい。全力でお前を守る!』


陰湿だねぇ、最近のいじめは…
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ