命の終焉  

本来、むくろを写真で載せるのは非常識だというのは分かってますが、あえて載せました。
今朝、会社の前で命尽きていたメジロです。原因はわかりませんが、外傷もないので病気か寿命だったと思います。
もちろん丁重に葬りました。
一体このメジロはどんな一生を過ごしてきたのだろうか?家族やヒナはいたのだろうか?最後の瞬間に何を憂い息絶えたのだろうか?最近の理不尽な事件(スーダンでのジェノサイドやイラク、ミャンマーは勿論、この陽出づる極東の我が国も含め)を考えると、この1羽のメジロの屍が何か僕に訴えているのではないか?
『死』に対して恐ろしく『鈍感』になっている自分に気付く。
イラクで何百人死んでも、スーダンで母親が我が子の前で殺されても(怒)
新聞の一つの記事…
神様っているのかよ?
メジロのまだ暖かい屍は僕にそんな事を語っている気がする!
クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ