ゆうか画廊では外車の絵のモデルさんの応募を受け付けております。材料費負担になってしまいますがこちらを御覧になり記念に絵を描いてほしいと思われたオーナーさんは、こちらのアドレスまでお気軽にお問い合わせ下さい。→volvov70robert@yahoo.co.jp ご連絡頂ければ折り返し詳細をお伝え致します。

2008/11/10

秋の楽しみ方 その1  ゆうかの個展

先日の土曜日に友人と連れ立って
秋を楽しみに行ってきました。

その楽しみとは

「芸術の秋」

クリックすると元のサイズで表示します

国立新美術館とサントリー美術館の二か所で同時開催されている

「PICASSO展」

その二か所のうち今回は国立新美術館の方へと足を伸ばしました。

この美術館、実は私。
大のお気に入りスポット


クリックすると元のサイズで表示します

この館内自体がもう芸術作品そのもので、
館内から建物を眺めているだけでも癒される場所でもあるんです。
そんな場所でピカソの作品にお目にかかれるなんて
かなりウキウキでした


そして実際に観覧して正直、、、、、、、、、


とても素晴らしかった

今回こちらの館内にだけでも170点程の作品が展示されていたのですが、
この作品軍、偏りが無く、全ての年代/作風においてまんべんなく作品があり
初期の青の時代から晩年の羊のブロンズまで
その年代の作風/ピカソの想い/試み
全てが手に取るようにわかる構成となっていました。

まさに
フランス料理のフルコースを
時間をかけてじっくりと味わったような満足感と充実感
最後には背に軽くもたれ珈琲を口にしながら幸せに浸れるような
程よい疲労感

入館料1500円以上の価値のある物に触れ、味わえた
そんな幸せを感じました。


絵に余り触れた事の無い方、
「ピカソって不思議な人物画を描く人?」
と言った程度の知識の方でも
ピカソとはどんな人物なのかを混乱する事無く理解でき
十分に楽しんでもらえるような構成になっています。

興味を持った方
秋を楽しみに美術館までちょっと足を運んでみませんか??

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ