2011/5/26

2011スイーツ特集(その1・榮太楼総本舗・日本橋)  おいしいもの

前回更新からだいぶ間があいてしまいました。

お待たせしました!(待ってた人いるのかな?)
2011更新再開です。

夏にスイーツ特集本を作りたいと考えているので、
レビュー作成のリハビリを兼ねた更新っていうのは秘密です。

今回の記事は日本橋に江戸時代から続く老舗の和菓子屋さん
「榮太楼総本舗」さんです。



今でも日本橋の南側に立派なお店を構えています。

クリックすると元のサイズで表示します

榮太郎といえば、榮太郎飴が有名ですが、
実は創業からずっと変わらず作り続けている和菓子があります。
それは…金鍔(きんつば)です。

クリックすると元のサイズで表示します

金鍔といえば、四角い形がイメージされるのですが、
榮太楼の金鍔は丸い形をしています。
「鍔」とつくだけあって、金鍔はもともと丸い形だったようで、
榮太楼はその本来の形をそのまま残して現在にいたっております。

胡麻油でやきあげられた金鍔は非常に薫り立ちが良く、
口の中に入った瞬間、薄皮に含まれる胡麻と胡麻油の薫りが
口の中いっぱいに広がっていきます。
そして噛みしめると、薄皮のもっちり感と小豆のほくほく感の
食感のコントラストが心地よい。
小豆は癖が少なく、小豆本来の旨味と砂糖の甘さが引き立っています。
さらにそこに胡麻油が加わることにより、しつこくなく
丸みを帯びた、滑らかな味わいに…

うまいっ、うますぎるっ!!

思わずどっかの饅頭のフレーズが浮かんでくるような美味しさです。
持ち帰りで家で食べる場合は、直前に少しだけ温めてあげると
胡麻の薫り立ちがいい感じになりますよ〜

金鍔は人気商品でお店に行っても売り切れていることが
多いようです。確実に手に入れるなら、午前中には
行ってみることをオススメします。


【おみせデータ】
榮太楼総本舗
東京都中央区日本橋1−2−5
9:00〜18:00 日曜祝日定休
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ