2011/8/10

薫り豊かな桜餅(長命寺桜もち・向島)  おいしいもの


暑いです。
うだるような暑さです。
コミケには涼しくなってきてくれないかなぁ…
難しそうです。

さて、今日紹介するのは、
向島の隅田川ぶらり散歩中に寄ったお店です。




隅田川のほとりにある長命寺のそばに
「長命寺桜もち」があります。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらで販売しているのは名前のとおり「桜もち」(1個180円)
江戸時代から桜もち一筋で頑張っています。

クリックすると元のサイズで表示します

大きな桜の葉が2枚、餅を隠しております。
そーっと桜の葉を開けてみると…

クリックすると元のサイズで表示します

白いお餅が出てきました。
驚いたのはその餅の薄さ、
大福みたいなしっかりした物が入っているのかと思いきや、
餡を軽く包むくらいの薄い餅です。

再び桜の葉をサンドして頂いてみると、
桜の香りが口いっぱいに広がります。
しかも、桜の葉独特の苦味があまり感じられません。
でも、しょっぱい!!
サスガにサンドでは塩分が多いみたいです。
1枚桜の葉をはずして頂くと丁度よい塩加減になりました。

さて肝心の餅と餡ですが…
餅を薄くすることにより、餅そして餡にまで
桜の香りがしっかりとついています。
一口食べると濃厚な桜の香りがたまりません。
桜の香りを生かすため、餡は程よい程度の甘さ、
薄い餅は意外と食感がしっかりとしており、
餅というよりは皮といった感じです。
その結果生み出される食感のコントラストもたまりません。
なかなか美味しい逸品でした。

【おみせデータ】
長命寺桜もち
東京都墨田区向島5−1−14
8:30〜18:00
基本的に月曜定休
1
タグ: 桜餅 向島



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ