2005/10/3

銀座〜??  おさんぽ

さて、ジャポネの続き…

食べ終わった後、いったん解散。
また夜集合ってことで、まだだいぶ時間が余っていたので、
少し歩き回ることに…

まずは行ってみたかったのが

ピエールマルコリーニ

もはや、銀座のスイーツを語るにはここに行かなきゃはじまらない
って感じな位有名店です。
もちろん、ピエールマルコリーニは人名なのですが、
この人がとにかくすごい。

パティシエ(もともとはタルト職人のこと。洋菓子全般)
グラシエ(アイス・シャーベット職人のこと。)
ショコラティエ(チョコレート職人のこと。)
コンフィズリエ(ジャム・砂糖漬けのフルーツ職人のこと。)

4つの職人さん…(まぁ、詳しくはHPに書いてあるデスヨ)

今回はあまりに混んでいたし、男性一人が並ぶには余りにも
恥ずかしい状況だったので、外から見て通り過ぎるだけ。

とりあえず、以前行った時の画像で勘弁してください。

クリックすると元のサイズで表示します

美味しそうでしょ。美味しいですよ。
お値段はちょっと(いや、かなり)お高めですが…(TT)



ってな訳で、なんとなくぶらりとプランタン・銀座三越・松屋の
デパ地下を散策。
何も買う気も食べる気も無かったのですが、
でも、見ていると食べたくな…目に毒かもしれません。
どこも美味しそうだったなぁ。



で、更に中央通りを北上。

日本橋高島屋。
コレド日本橋。
三越前。

雑貨やデパ地下をゆっくりと探索。

そして、少し喉がかわいたので、寄ったのが
『ZEN茶Cafe』
です。

クリックすると元のサイズで表示します

三越前の近くで、ちょっと裏路地に入ったトコにあります。
商品開発時代に知った店の一つです。
和カフェの先駆け的なお店です。
もちろん、普通のお茶や抹茶カプチーノみたいな
和洋折衷メニューも多いのですが、
今回は少し疲れていたってこともあり、
ちょっと冒険してみました。

クリックすると元のサイズで表示します

抹茶オレンジです。

よく、柑橘系の果物は紅茶やチョコレートだと結構いいと思うのですが、
…抹茶はどうだろう…

と思いつつ飲んでみると、けっこういける。
いや、普通に飲める…ん?意外と美味しい?

ってな訳で、美味しく頂いてしまいました。



ZEN茶’feを出て更に中央通りを北上。
勘の良い方はそろそろ行き着く先が見えてきたのでは?


神田の眼鏡屋さんで眼鏡をピカピカにしてもらい、
更に北上。神田のチケット屋さんで面白そうなものないかなぁ〜と探索。
そして更に北上。
そこには…電気街がぁ〜

ってことで、行き着いた先は秋葉原でした。
でも、ちょっと休みたかったので、漫画本2冊と
今月参加するイベントのカタログを購入して
いったん家に帰還しました。

それもこれも夜の宴に備えるため。
ってことで、この続きは明日にしておきます。
0

2005/9/27

宇都宮  おさんぽ

おさんぽじゃない気がする…
ってことで、夏休を全部使いきりました〜!
この時期はみんな休みを取らないので、逆に取りやすかった。

そんな訳で前々回は秩父、前回は群馬、今回は…栃木です。
少しづつ東に移動してます。
来週あたりはつくば辺りでしょうか…
…ってもう夏休はないか…

とはいえ、次の日に仕事なのであまり奥の方までいけない。
近場に抑えるため、今回は宇都宮へレッツゴー。

いつも通り、ちょっと遅めに家を出て、
最初に向かったのは、石田屋
実は北関東は焼きそばが結構食べられているのですよ〜
例えば、太田は焼きそばの町として富士宮に並んで有名です。
もちろん、その流れは宇都宮にもあり、
宇都宮の食べ物と言えば…1番は餃子!
2番は焼きそばと言われているくらいです。(たぶん)

クリックすると元のサイズで表示します

特製ミックスの大盛。
麺は結構、太麺。
特製ソースをびちゃびちゃかけながら食べます。
うまうま♪
次に餃子が控えていたので、抑え目にしたのですが、
すんなり完食。特盛でも良かったかなぁ…
しかし、客層を観察すると平日ってこともあり、
サラリーマンや主婦が多数。
でも、お年寄りとかも結構多く、幅広い層に支持されているんだなーと
感じました。

次に向かったのは、もちろん今週も温泉。
宇都宮市郊外にろまんちっく村という場所があります。
ここには温泉テーマパークみたいな水着で遊べる施設なのですが、
そこは通り越して…(まったりと入りたいので)
その奥の『ただおみ温泉』へ…
お風呂こそ一つしかありませんが、露天風呂ですし、
結構まったりとできました。

お風呂入った後は再び宇都宮中心部へ…
向かった先はラパーク長崎屋。
この地下には宇都宮来らっせがあります。

来らっせとは…宇都宮の餃子会のこと。
つまり宇都宮の餃子会に加盟しているお店の餃子が
食べられるんです。
加盟店は全部で27店。
その中で曜日によって味わえる餃子が変わるのですよ〜

この日は…
「雅秀殿」「飯城園」「味一番」「宇都宮餃子館」
「ディーシーフーズ」「宇都宮ねぎにら餃子」「きりん」
でした。
ちなみに来らっせは池袋ナンジャタウンにも入っていますが、
池袋は1日3店舗分の餃子しか出ていなかったハズ。
やっぱりこっちの方がいいかと…

クリックすると元のサイズで表示します

それぞれ1人前ずつ頼んで、
食べ比べてみる。
それが出来るのも来らっせの良いところ。
3人だったのですが、3人ともそれぞれ独自の好みがあった模様。
ちなみに私は飯城園が皮が美味しくて良かったです。
(写真の中には写って無いですね…)

ってことで、3週続けての平日食べ歩きは本日が最終回です。
またそのうち、平日に休みが取れたらいいなぁ〜…
でも、この後は紅葉で行楽地は凄そうなので、
暫くは近場のみになりそうです。
0

2005/9/21

前橋・伊香保・猿ヶ京(2)  おさんぽ

お腹は中途半端、体は風呂上りでアツアツそんな状態で、
車を運転することしばし…17号を北上していきます。
すると見えてくるのが…

クリックすると元のサイズで表示します

永井食堂。

永井食堂と言えば〜
もつ煮ですよね。

もちろん注文はもつ煮定食(大)

待つこと1分もかかってないぞ!
速攻で出てきました。サスガです。
ほのかに香ってくるもつ煮の香り…
なんていうか、その香りが速攻で忘れかけていた食欲を
呼び起こしました。

それくらい、食欲を誘う香り〜

なんというか…
チゲ鍋のチゲを入れる前のスープの香り…に近いかな…
生姜もそうですが、ニンニクの香りが食欲増進させた模様です。
通常、もつ煮は臭みを感じさせないために
生姜を結構きかせるのですが、
ここのもつ煮は生姜とニンニクが半々くらいな感じ。
ほどよい生姜とじわじわと効いてくるニンニクが

うまいっ、うますぎる!!

あっというまにペロッとたいらげてしまいました。

お持ち帰り用の『もつっ子』を2袋も買ってしまいました。
いやぁ…美味しかったデスヨ。
日本一を自負するだけありますよ。

ってことで、永井食堂のホームページはこちらです。



そして、さらに北上…
県境の猿ヶ京までやってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

いやぁ…広いな〜ってことで、赤谷湖です。
ダム湖なんですが、散歩道とか充実してて楽しめます。
景色もなかなか…
晴れてればもっと綺麗なんですけどね(TT)

ってことで、今週の平日の旅は群馬でした。
来週も残っている夏休を取るので、今度はどこに行こうかな…と
考えている、まんどくでした。
0

2005/9/20

前橋・伊香保・猿ヶ京(1)  おさんぽ

実は今日も夏休みデシタ。
(今日を除いてもあと1日残っていたり…)
ってことで、今日も日帰り温泉ツアーに行ってしまいました。
丁度、観光地は避暑と紅葉の合間だし、
今が一番行きやすいと言えば行きやすいです。

前回が秩父だったので、今回は群馬方面に足を伸ばしてみました。

前回はおやつ→おひるになってしまい、
お昼のカツ丼をあまり楽しめなかったので、
今回は『おやつ→お風呂→おひる』のコースでチャレンジ!

まずは家から2時間、前橋に到着。
群馬の名物といえば…下仁田ねぎ…こんにゃく…蕎麦…
そして、焼き饅頭

ってことで、前橋の17号からちょっと曲がったところにある
田中屋本店さんで小休止。

焼き饅頭を頂くことにしました。
菓子屋さんの一角に焼き饅頭コーナーがあるのですが、
ほとんどの人が予め予約を入れて、取りに行くだけの状態。
持ち帰りの人がほとんどで、その場で食べていく人は
ウチ以外にいませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します

基本的に焼き饅頭って、外側の皮の部分オンリーのものを
味噌などが含まれている甘〜いタレをつけながら焼く…と言う代物。
よって、外側は香ばしさとタレの旨さが…
内側は皮のもちもち感を楽しめる訳です。
ところが、私はここで最大の禁忌を侵してしまったのです。

「餡入りのみを購入」

もちろん、最近は餡入りの焼き饅頭も売っている訳で…
やっぱりあんこに目が行ってしまい、
あんこ入りのみを買ってしまいました。
これが結構ヘビーで…(当たり前ですが美味しいですよ)
相方は3個食べたトコでお腹いっぱいになる始末…

早くも計画倒れなヨカンがひしひしと…


まぁ、でも…お風呂で少し汗をかけば…少しは…
と言う希望を持ちつつ、伊香保温泉に向かいました。

今回入ったのは黄金の湯(こがねのゆ)と言う温泉。
まったりとつかりたかったのですが、
お風呂がちょっと熱めであまり長湯できませんでした。

そんな訳で、お腹が中途半端な状態で
お昼ごはんを迎えることになってしまいました。
自分は大丈夫だけど、同行者に喜んで貰えなきゃ意味はない
完全に失敗なヨカンを感じながら、さらに北上するのでした。

(2につづく)
1

2005/9/18

今日の池袋は暑かった。  おさんぽ

今日は池袋に行ってきました。
目的は4点。

1.敬老の日用のプレゼントの購入
2.サンシャインクリエイション(同人誌即売会)
3.池袋のラーメンを食べる。
4.鬼子母神付近をお散歩する。

上から優先順位が高くなっております。

ってことで、11時過ぎに池袋到着。
まずは2番から…
今回はサークル参加ではなく、一般参加。
いつもお世話になっているサークルに挨拶くらいしておこうかな…
ってな感じだったので、そろそろ落ち着いてきたかな〜って言う
11時半くらいを狙ったのですが…

やっぱりスゴイネ♪

暑いの熱いの…
ヒトデ…ぢゃなかった、人が多かったですよ。

まずは、クラフェス2でお隣かついつも色々とお世話になっている
湘南楽人協会さんにご挨拶
今回の新刊はふたご姫です。
相変わらず濃いギャグが爆発。もっとギャグセンス磨かなきゃな、自分。

続いて同じくクラフェス2で逆側のお隣さんだった、
夏空小径さんにご挨拶。
まほなどの新作が発表されていました。
すんごい勢いのある作品。読んでて楽しくなります。

最後に前回のサンシャインクリエイションの時に柱隔てて…ですが、
お隣でした、青蛾の森さんにご挨拶〜
新刊はCLANNADの有紀寧本。温かみのあるお話。
次は智代アナザー本を出すということなので、そちらも楽しみです。


ってことで、30分程で会場を後に<はやっ!


次に池袋から徒歩で鬼子母神辺りをぶらり〜
鬼子母神は私にとって数少ない山の手線内側のお散歩スポットです。
仏閣が多く涼しく歩けるし、
趣のある商店街…特に駅前のトコでいつも鰻とか焼いているトコが
あるのですが、それがまた…いい匂いでたまらんですよ〜
もう、その前を歩くだけでお腹いっぱい。
東京音大も近くにあり、近代的な建物とのギャップもまたいい感じ。
歩いているとちらほらとピアノの音が聞こえてくることも…
他にも注目のグルメスポットがあります。

まずは、梅もとは挙げないといけないですよね。
そうです。デカ盛り王の第2Rで柳生さんが持ってきたつけ麺を
出しているお店です。
普通にラーメンの有名店なので、つけ麺以外も美味しいですよ。
今日は定休日なので、残念ながら寄れませんでしたが、
次は寄りたいな…


続いて和カフェらばさん

商品開発時代に知ったお店なのですが…
今ではマイお気に入りとしてたまに行きます。
日本茶中心のカフェスタイルのお店。
今でこそ、和カフェはあちこちに出てきておりますけどね…
ここのお茶はなかなか美味しいですよ〜
さらにオススメは豆腐系のスイーツ。
ヘルシーで美味しい。これほど嬉しいことはないですよ。

他にも音大の近くのラーメン屋さんとかオススメです。



ってことで、まったりと鬼子母神を散歩していたら、お腹が空いてしまいました。

今日のお昼ごはんは池袋西口にある『生粋』
私的には池袋で一番美味しいお店かな〜と思っております。
(魚系大好きなんですよ)
そしてお水が備長炭入りのガラス容器に入っているってのも
また…こだわりが感じられる。
今日はしょうゆの大盛にトッピングに深谷ネギをつけました。
量はありませんが『ほっ』とする味。
少しだけ歩きつかれた体が癒されました。
そう言えば隣にいた3人組の学生っぽい人たちが
TVチャンピオンのアキバ王の話していました。
いつ、その前の週の話が出てくるかと…少しだけ冷や冷やしてました。



そして、本日のメインイベント。

敬老の日用のプレゼントの購入

ってことで、東武デパート地下2階に行きました。

もう買うものは決まっています。「お茶」です。
ベタだとは思いますが…やっぱり美味しくて、健康なのが一番かなぁ〜
と思ったので。
八十八夜に取れた今年の新茶と簡単に美味しく頂けるお茶をセット購入。
新茶の方は試飲ができないので、茶葉を直接食べてみてください。
と言われ、食べてみました。
最初はちょっと苦いだけかなぁ…と思ったのですが、
噛めば噛むほど、お茶の香りが鼻を抜けていく〜
少しだけそれが気持ち良かったり♪
待っている間に冷たいお茶を2杯も頂きました。
外はやっぱり暑かったので、身に染みる味でした(TT)


続いて地下1階でケーキを購入。
ついでにそろそろキハチも新フレーバー出てないかなぁ〜と思い、
ちょっと寄ってみました。

残念ながら、目ぼしいものはありませんでしたが、
新商品が一つだけありました。
その名も「チョコアーモンド」だったかな?<ちょっと違うかも
折角なので、それを食べてみることに。
クリックすると元のサイズで表示します
キハチのバニラにハーシーのチョコソースをかけ、
アーモンドを散りばめたアイスでした。
確かに美味しい…けど、バニラの味がハーシーのチョコソースに
完全に消されてしまいました。ちょっとだけ残念。

ってことで、合計2時間半くらいの買い物&お散歩でした。
0

2005/9/13

長瀞・秩父などなど(その2)  おさんぽ

長瀞に来たのだから、岩畳で遊んだり、
(注:岩畳は危険な箇所が結構多いので、ご注意を…)
川遊びをしたり…考えていたのですが、
予想以上に時間が無かったので、長瀞は阿佐見冷蔵のみ…

次の目的地は小鹿野。

小鹿野の名物と言えば…

キャビア丼

小鹿野ではなんとチョウザメの養殖が行われているそうで…
チョウザメ丼が食べられるお店があるのですよ〜

と、それは次回の楽しみにしておいて…
今回はもう一つの名物。

カツ丼

秩父のカツ丼は通常の卵とじのカツ丼や
ソースをたっぷりかけて頂くカツ丼とはちょっと違います。
こんな感じ…

クリックすると元のサイズで表示します

甘い醤油ベースのタレにカツを漬け込むタイプの
この近辺じゃ珍しいカツ丼です。
そう言えばウチの実家ではたまにカツが余るとたまに
こんな甘いタレに漬け込んだりしたっけなぁ〜

ちなみに写真は小鹿野の有名店『安田屋』のわらじかつ丼です。

もう、甘いタレが浸された衣がご飯とあうあう〜♪

カツ自体は広く薄く〜ほんとにわらじのようでした。
薄く広くすることにより、衣たっぷりで美味しいです。
比較的ボリュームもあり、普通のサイズでも満足。


そう言えば、秩父って豚の産地でもあるんですよね。


ってことで、お昼ご飯を食べた後はいよいよメインイベントが…

温泉です。

目指すは両神村薬師の湯。

両神って埼玉の奥の奥なんだよなぁ…結構遠そうだなぁ…
と思ったけど、所詮は埼玉、そこまで遠くは無かった。
ちょっと車で進むと、すぐに到着〜♪

道の駅の中にあります。

アルカリ系の温泉で入るとお肌がつるつる〜
景色も緑がいっぱいで気持ちいい。
もうすぐ紅葉ですけどね。

ってのんびりしているうちに15時に…
帰りのラッシュにならないうちに家路につきました。


そんな訳で、秩父路もなかなかイイです。
いかがでしょうか?

0

2005/9/12

長瀞・秩父などなど(その1)  おさんぽ

今回の場合、お散歩っていうよりは、
ドライブなんですけど。

今日は今更ながら夏休みを取りました。
たまたま昨日が夜遅くまで仕事が入っていたので、
丁度良かったデス。

ってことで、少しだけ遅めに起きたのですが、
折角、平日に休みを取ったのにどこか行かなければ勿体無い。
そうだ!温泉に行こう!
ってことで、久々に車で遠出することに…
とは言っても、どこいこうかなぁ…日帰りだし…

悩んだ結果、今回は秩父・長瀞とその周辺に行くことに。
高速使えば2時間かからない程度ですし、
下道でも3時間くらいなので…
ちょっとしたドライブにはいいかもってことで…

で、今日時間の空いてた友達二人とお出かけ。
行きは高速を使いました。関越で花園まで向かい、そこから140号へ…
暫くすると、長瀞に突入…秩父鉄道のほのぼのした光景が見え、
荒川もキレイでした。
(いつもは川下のお世辞にも綺麗と言えない川を見ているので…)

ライン下りの乗り場を過ぎ、もう少し進んだトコ、
そこに待ち受けているのは…

阿佐美冷蔵

この名前にピンと来たあなた!通ですねぇ…
実は何年も前からチェックを入れておきながら、
長瀞と言う場所がらまだ食べたことが無かったのですよ。

さて、何故そこまで人気なのか…
もちろん、テレビの取材などが多いってこともあるのですが…


使われている氷が天然水の天然氷である。

冬場、天然水をプール一面に引き込み、凍らせたものを使っています。
春夏秋冬いつでも、そこで凍らせた氷を使っているのです。


今を魅了する大人のカキ氷

カキ氷と言うと、子供の食べ物。
…と言う概念を打ち破るかのような、高級な一品。
フレーバー(味)も純粋にイチゴとかメロンではなく
「木いちご」だったり「こだわりのメロン」だったり…
気になるフレーズがついている。
季節によってメニューを変えているのも、魅力ですね。

他にもあるのですが、とりあえずここまでにしておきますね。



いやぁ…そろそろカキ氷の季節も終わりかな…と言う季節で
しかも普通の月曜日。
なのに、すんごい混んでました。
駐車場が満杯でなかなか入れなかった。
休日・夏場行くなら、少し遠いですが長瀞駅周辺の駐車場に
止めることをオススメします。

そして…ついに念願の瞬間がやってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

美味そう〜♪

注文したものは奥から巨峰、木いちご、桜あずき
私が食べたのは桜あずきです。
桜シロップと見えにくいのですが、中央にあずきが隠れています。

口に入れると、氷がすっと解けていく、
それと同時に鼻を抜ける桜の香りが…

うまいっっすよ(TT)

そして、濃い甘味が…でも、決してしつこくなく〜
あずきも美味しいし、
なんというか全体的に優しい味でした。

カキ氷自体は氷にシロップをかけるという単純な物なのですが、
材料からとにかくこだわりを持ったこのカキ氷は
単純な物…という言葉では片付けられない、逸品でした。


(その2につづく)
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ