ウォーターオーブンのカタログ集  ウォーターオーブンでメタボ対策を

ウォーターオーブンは水蒸気で食品を焼く機械です。
ガスとか電気とかで焼くのではなく、水を加熱して水蒸気を発生させその水蒸気で焼きあげます。
温度は300度以上にもなります。
水蒸気で焼くとどういったことになるのでしょうか?
ウォーターオーブン内に水分が充満しているため、食品が乾燥することがありません。したがってラップ等で包む必要もありません。
余分な脂肪や塩分が水蒸気で追い出され、はるかに低脂肪低塩分の料理が出来上がります。
ウォーターオーブン内の空気が水蒸気に追い出された結果、酸素が極端に減っています。これは調理中(加熱中)でも酸化が進まないことになります。
貴重なビタミン類がそのまま摂取できます。
ウォーターオーブンでは野菜を湯がいたような感じになりますが、実際に湯にくぐらしたわけではないので、味も栄養も逃げません。
生醤油をつけるだけでおいしくいただけます。
これはぜひ一度お試しください。野菜の食べ方の革命です。

私のオススメは → コチラです




















情報起業 和佐大輔
情報起業 和佐大輔
情報起業 和佐大輔

0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ