2016/12/31  18:51

年の瀬カフェめぐり  雑記

あっという間に大晦日です…
年をとると一年があっという間といわれてますけど、
ホント、その通りですよ…
大掃除でヘトヘトなので、「おもしろ荘」まで起きてられるかなぁ。


そんなせわしない中、先日またカフェ巡りしてきました!

ここ最近はずっと郊外のこじんまりとしたカフェばっかりだったので、
ちょっとがんばって都心のカフェに行ってきましたよ!
行ったのは表参道の文具カフェです。
以前から行ってみたいと思っていたところで、
年末進行のお仕事が終わった漫画家の友人に
おつきあいしてもらいました。

いや〜 
表参道なんて何年ぶり…いや、十数年ぶりだわ〜。
相変わらずキラキラな街で、非リア充の私にはまぶしかったです…。

ここは文具売場が併設されたカフェで、
店にある筆記用具でいろいろ試し書きもできるというのがウリです。
クリックすると元のサイズで表示します
なのでランチョンマットも画用紙!

平日&お昼を過ぎた時間帯だったからか、
それほど混んでなくてゆっくりおしゃべりと食事を楽しめましたよ。
頼んだのはこちら。
クリックすると元のサイズで表示します

ご飯はカフェ飯の定番、五穀米〜。
他とちょっと違うのは、小エビのフリカケがついてましたよ。
サクサクとしたアクセントがいい感じでした。

食事のあとはお絵かきタイム!

エンピツ・マーカー・クレヨン・筆ぺんなどの
いろんなお試し用筆記用具がおいてある棚に、
何冊ものスケッチブックやノートがおいてあり、
これにも描いていいらしいのでこちらに描き… いや、
描こうと思っていたんだけど、
みなさんの描いたイラストが素敵で思わず見入っちゃいました。

・青色鉛筆一本ですごくリアルな動物を描いている人
・黒一色で幾何学的な模様をびっしり描いている人
  (これがまたすごくセンスいい!)
・かわいいおそ松さん
・赤のインクペンだけで描いたドラえもんズがものすごく線がキレイで、
  「この人は絶対漫画家だ!」と確信した人
いろんな人が絵を残していましたよ。

もちろん、文字だけを書いている人や
絵文字や記号を書いている人もしましたよ。

ゲーセンとかに置いてあるノートと基本は同じなんだけど、
決定的に違うことが!
それは
落書きの定番「ウンコ」の絵がどこにも描かれてなかったこと!
さすが表参道のオシャレカフェだわぁ。

みなさんの絵をしばし楽しみ、ようやくお絵かき!
クリックすると元のサイズで表示します

ドリフターズのお豊です
元々原作は好きだったけど、アニメのお豊が
かっこ良くてすっかりお豊ファンになりました。
本当に二期が楽しみ〜。

友人はどっぷりハマってしまったという
「ユーリ!!! on ICE」の絵を描いてました

ノートに落書きなんて本当に久しぶりです。
学生の頃はあんなに描いていたのに…。
最近は仕事の絵ばっかりだったので、こういう落書きがすごく新鮮でしたよ。
なんかこう… 失ってたものを見つけた気分でした。

文具カフェでまったり過ごした後は、
近辺の雑貨屋をまわったり、
渋谷まで歩いてキラキラな街を堪能しました〜。

ここ1〜2年は出不精で特に繁華街にはいかなくなっちゃったんだけど、
たまにはこういうにぎやかな街にでるのも気分転換になるなぁ。


そういえばコミケも今日が最終日だったね。
今年はジョジョの薄い本を求めて叶姉妹が降臨したとか。
「ファビュラス」がツイッターのトレンドに入ってて
なんか笑っちゃった。
準備万端でちゃんとマナーも守っての一般参加だったようで、
なんか好感度あがったなぁ。


「オドぜひ」みました!
今回はロケ中継だけで、スタジオバージョンが見られなかったのが残念。
すぎちゃん。は雪の中に埋められてて大丈夫だったのかしら…
春日も寒そうだったし、なにより一番薄着だった
還暦過ぎてるアダモちゃんが心配でしたよ。
どうか風邪引かないで〜!
来年はスタジオも放送して欲しいなぁ。


***********************


今年もこのブログにご訪問くださってありがとうございました!
浦和レッズとTV番組感想ばかりで、
更新もマメにできないブログですが
どうぞ来年もよろしくお願いいたします。


今年の「笑ってはいけない」の若林は、
銭形警部(鈴木亮平)に説明する刑事役なんだね。
毎年早い出番なので助かります!

「笑ってはいけない」と「紅白」を交互に見つつ…
みなさまどうぞよいお年を!

6



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ